5つの約束

企業理念

スタイリッシュなコンフォートシューズ

●【日本の靴文化の改善】を目指します

 ヨーロッパの靴の歴史は200年以上、日本の靴の歴史はその半分もありません。
 日本はメーカー・業界がファッション志向で靴を広めたので、「靴に足を合わす」「少しくらいは痛くても仕方ない」という間違った考え方が現在も残っています。

 ヨーロッパでは、靴は身体にとって大切なものとして理解され、親が子に「正しい靴の選び方」「正しい靴の履き方」を伝えていく習慣が根付いています。

 靴屋楽ちんでは、日本にもこの「正しい靴の選び方」「正しい靴の履き方」を広め続けていきます。
  

●一人でも多くのお客様にあらゆる【快適さ】と【健康】と【優美なライフスタイル】を提供します

 靴屋楽ちんは「足元から健康になろう!」をテーマに2001年京都・伏見に開業しました。
 
 日本人の80%以上が足・靴のトラブルをかかえていると言われています。靴屋楽ちんではドイツ整形外科的知識に基づく靴・中敷作成を提案する店です。高齢化社会に入り最も注目されている業種です。

 正しい靴選びで足元から「快適」になり、元気に歩けることが本当の意味での「健康」を実感いただきたい。生活シーンによりカジュアルからファッション性を取り入れた靴も揃えています。お客様の「優美なライフスタイル」のお手伝いをしたいと思います。

小林茂(足と靴の悩み解決のプロ)

靴屋楽ちん 伏見本店

  • 電話:075-646-3092 (お電話の際、「マイベストプロを見た」とお伝えください!)
  • 受付時間:10:00~19:00
  • 定休日:月曜日

このプロに問い合わせたい

最近投稿されたコラムを読む
よくある質問

●靴をオーダーで作ってくれるんですか? 靴は既製品で作成はしていません。 足のトラブル・お悩みに合わせて中敷作成をしています。 靴はヨーロッパのコンフォー...

5つの約束
足型測定後の相談している様子

①じっくり相談 一人一人のお客様に必ず30分以上の時間をかけて相談に応じ、靴・中敷のご提案をいたします。②5つの測定 フットプリント(足型)をとる 足の関節の...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
「靴屋楽ちん」の小林茂さん

一人一人の足に合わせたオーダー中敷とコンフォートシューズを提案(1/3)

 京都市伏見区で足と靴の悩みに応える「靴屋楽ちん」。外反母趾やたこ、うおの目などのトラブルや、ひざや腰、股関節に痛みを持つ人に向けて、コンフォートシューズと中敷の調整・販売を行っています。 「よく、『軽くて柔らかい靴をください』といったお...

小林茂プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

ドイツ整形外科的知識に基づき、中敷・靴をアドバイス

店名 : 靴屋楽ちん 伏見本店
住所 : 京都府京都市伏見区竹田七瀬川町378 パデシオン1階 [地図]
TEL : 075-646-3092

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-646-3092

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小林茂(こばやししげる)

靴屋楽ちん 伏見本店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

もう、どこに行くのも「この靴」です、手放せません

70代の主婦です。生まれつきの股関節症で右脚が3センチほど短...

I・M
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
【正しい靴の履き方】を動画でお伝えします
イメージ

こんにちは行きたい所に行ける靴をナビゲートする靴屋楽ちん 代表 トム こと 小林茂です今...

[ よくある質問 ]

「平均寿命過去最高」の記事をみて
イメージ

こんにちは行きたい所に行ける靴をナビゲートする靴屋楽ちん 代表 トム こと 小林茂です...

雨で 革靴 が濡れた時の対処法
イメージ

こんにちは行きたい所に行ける靴をアドバイスする靴屋楽ちん 代表 トム こと 小林茂です...

[ よくある質問 ]

創業時の想い よみがえる お客様 Uさん
イメージ

こんにちは行きたい所に行ける靴をアドバイスする靴屋楽ちん 代表 トム こと 小林 茂です...

[ 楽ちん について ]

【寝たきりにならないためにすべき大切な2つのこと】
イメージ

こんにちは行きたい所に行ける靴をナビゲートする靴屋楽ちん 代表 トム こと 小林茂 です...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ