コラム

2014-02-05

膀胱炎の治療について

こんなお悩みをお持ちの方へ

☑・何度もトイレに行く
☑・排尿時に痛む
☑・残尿感がある
☑・尿がたまると下腹部が痛む
☑・特定の飲食物をとると膀胱炎の症状がでる
☑・お薬は極力使いたくない
☑・鍼灸が良いと思うが、どこにいったらよいかわからない



こんにちは あき鍼灸院です
今回は膀胱炎について少し書いていこうと思います。


 

膀胱炎と腰との関係



膀胱炎の原因は様々に言われるところですが、治療をしている中で 腰との関係性は大いにあると考えています。

膀胱炎は、細菌感染によって起こるとされています。 それにより炎症が起きて排尿や蓄尿といった働きに影響が出てくる病です。

女性の方が男子よりもかかりやすく、過労やストレスによる免疫力の低下、排尿の我慢などで細菌に感染しやすくなります。


最終的排尿、蓄尿は脳からの指令によりコントロールされていきます。この排尿、蓄尿などを行う膀胱を支配している神経は3っつあり、それぞれ腰から仙骨にかけて分布しています

  副交感神経は→脳へ尿意を伝 えます。また排尿にも関わります

  交感神経は→主 に膀胱頚部を支配しています。膀胱頚部の緊張を保ち尿をためることに関わります

  体性神経は→尿生殖隔膜と外尿道括約筋を支配しています。外尿道括約筋を意識的に動かすことに関わっています。

ですので膀胱の動きを支配している神経、腰回りの神経へアプローチして 

炎症を起こして膀胱の緊張を解放することで膀胱炎の諸症状が早く軽減、完治していけると考えています。

事実、膀胱炎によくなられる方で 治療当日に膀胱炎になりそうなもやもやを感じられていた方が 

腰部への施術後に不快な症状がなくなり悪化していくことを防げたということもあります。


 オステオパシーで膀胱炎を治療

 
ですので当院で行う、オステオパシーで 仙骨や腰部の関節、筋肉を解放して緊張をとり 

炎症を起こして緊張している膀胱をこちらから緩めていくことも可能だ考えています


 鍼灸で膀胱炎を治療


また東洋古典医学では 膀胱炎は五臓(肝、心、脾、肺、腎)のうちの 脾の病としてとらえます。

脾は胃と関連があるため、特定の飲食物をとることで膀胱炎の症状を発症する間質性膀胱炎の治療にもつながると考えています

原因は不明とされている間質性膀胱炎に至っても、鍼 灸、オステオパシーなどで治療を行っていくことが可能であると考えています。


あき鍼灸院
℡075-231-7170
あき鍼灸院ホームページ
メールでもご予約をお受けしています。
[[あき鍼灸院メール http:///www.akishinkyu.com/inqfm/general/]]

この記事を書いたプロ

あき鍼灸院 [ホームページ]

あん摩マッサージ指圧師 松村明洋

京都府京都市中京区東洞院二条上ル壺屋町512-1 [地図]
TEL:075-231-7170

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
あき鍼灸院の治療
イメージ

『鍼』 『灸』 『オステオパシー』 の三つの療法で治療を行っています。■ 鍼東洋古典医学の視点からカラダ全体を診断していきますツボを刺激することで、五臓...

Q&A(よくあるご質問)
上が鍼(はり) 下が注射の針先です。

Q:鍼治療は痛いですか?    A:鍼治療は痛みを与えず治療していく癒しの治療が基本です。もし鍼治療を行った際にチクチクした痛みが続いているとリラックスで...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
インタビューカット

患者さまとの二人三脚で、体にかかる負荷の根本原因にアプローチ(1/3)

 京都御苑から程近い場所にある、完全予約制の「あき鍼灸院」。木を基調とした温かみのあるデザインをベースに、インテリアにもこだわった院内には穏やかなBGMが流れ、訪れる人が安らげる空間となっています。「患者さまにリラックスしていただくことを第...

松村明洋プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

医院名 : あき鍼灸院
住所 : 京都府京都市中京区東洞院二条上ル壺屋町512-1 [地図]
TEL : 075-231-7170

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-231-7170

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松村明洋(まつむらあきひろ)

あき鍼灸院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

患者様のお声

本文(原文のまま) 記載年月日  H26年 3月 17日 お名前(...

chieko
  • 女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
患者様からのお声をいただきました。
イメージ

 患者様からのお声 当院では肩こりや腰痛、膝の痛みなどの疾患の他に、☑つわり☑産後の体調不...

問診の大切さ
イメージ

こんにちは! あき鍼灸院の松村です『あき鍼灸院』℡075-231-7170休診 木曜午後/日祝日京都市中京区...

喉の病
イメージ

  ものが飲み込みにくい ↑このような症状を訴えらることがありますそして、他にもこのような症状も訴...

妊娠中の風邪の治療について
イメージ

妊娠中の風邪は お薬もあまり服用できないため長引いたり悪化したりするととても辛いものになりますですが、...

むずむず脚症候群(むずむず病)の治療(鍼、灸、オステオパシー)
イメージ

あき鍼灸院です。今回は、知っている方は知っているむずむず足症候群ですこの病に御苦労されている方は多...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ