プロTOP:秋下浩之プロのご紹介

建築主・設計者・施工者が一体となった 設計、建築を目指したい(3/3)

秋下さんは現場にも細かく足を運び、コミュニケーションを築きあげます

愛着のある家づくりをめざす

もちろん現場には建築主にも足を運んでもらい、工程を見てもらうようにしています。
「建築主の中には、何をしているのはいまいちわからない人もいると思うんです。ただ、家が完成して年月が経って何かトラブルが起こったとき、頭の片隅に『そういえば、この部分はこういう構造になっていたなあ』とふと覚えていることで、どんなトラブルが起こっているか想像して、対応できることもあります。そうなればいいですよね」
秋下さんは「全てを見られない家なんて、家じゃないですよ」と断言します。
あらゆる建築に携わる秋下さんですが、やはり難しいのは住宅なのだそうです。
「商業施設の場合はある程度のルールや条件をクリアすれば早く完成することもありますが、住宅になるとそうはいきません。建築主にとって家は一生に一度の大きな買い物ですし、人によって要望、条件もさまざまなんです。完成後のイメージをある程度決めておくと、自身もどんな家に住みたいのかがわかってきます。例えば『タイル張りの家がいい』など。そこからは設計者としっかり話し合いをして要望を伝えていただければ問題ないと思いますよ」
秋下さんは漆喰、ムクの木などの自然素材を積極的に使うことを提案しているそうです。
「自然素材は、時間が経つと変形したりする可能性もあるので、メンテナンスは欠かせませんが、その作業を通じて、建築主が家自体に愛着を感じてもらいたいですね。  
そういえば秋下さんの事務所で、私は目についた壁や木に思わず触っていました。そこから伝わるのは自然の優しさだけでなく、中で生活している人のぬくもりもあるような。愛着とは、こういうものかもしれません。
(取材年月:2012年5月)

秋下浩之プロのプロフィール

セミナー・イベント

秋下浩之プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

会社名 : 秋下建築スタジオ
住所 : 京都府京都市下京区万寿通柳馬場町西入堅田町567-1 [地図]
TEL : 075-950-2350

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-950-2350

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

秋下浩之(あきしたひろゆき)

秋下建築スタジオ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ