コラム

2012-06-25

旬の野菜 トマト


今回はトマトについてご紹介します。
トマトはヨーロッパでは昔から「トマトのある家に胃腸病なし」「トマトが赤くなると医者が青くなる」などのことわざがあり、健康によい野菜とされています。近頃も、メタボ改善に有効という研究発表がされるなどの注目野菜です。

トマトの色はリコピンという赤い色素によるもので、赤色の濃いトマトほどリコピンが多く含まれています。 リコピンには強力な抗酸化作用があり、またトマトにはビタミンC、Eと他の抗酸化ビタミンも含まれているため、合わさることでその効果は期待大です。肌を若々しく保つ美容効果、老化を防ぐ作用、がん予防に効果があるなど多くの働きがあります。

胃液の分泌を促して食欲を増進させたり鉄の吸収をよくするクエン酸の働きも注目で、夏バテ防止にも有効です。血液中の塩分を排出し高血圧予防に効果のあるカリウム、コレステロールを低下させたり便秘を改善するペクチンの働きも有効で、有害物質を排出する働きがあるなど、生活習慣病の予防にも効果的です。

【選び方】
丸くて固く、実が締まっているものを選びます。
ツヤがあり、全体の色が赤く均一のものを選びます。
ヘタの緑色が濃く、ピンとしているものを選びます。
手にとって、ずっしりと重いものを選びます。

【保存方法】
青みがあり完熟していないトマトは低温に弱いので、常温で2~3日置き、追熟させます。
完熟した真っ赤なトマトはビニール袋に入れてヘタの部分を下にして置き、冷蔵庫の野菜室で保存します。
冷凍保存の場合はトマトのヘタを取って、そのまま、もしくはざく切りにして保存用のパックなどに入れて冷凍し、解凍後はトマトソースなどに使います。

トマトは年中見かける野菜ですが、露地物の旬はやはり夏場。体を冷やす作用があるので生での食べ過ぎは注意ですが、冷やしたトマトを食べると体の熱が取れるので活用されると良いですね。加熱調理では沢山の量を食べることができます。たっぷり栄養を取ることができますので、生食以外にも是非チャレンジしていただきたいと思います。近年は色々な種類のトマトが出廻っているので食べ比べをしてみるのも楽しいですね。

調理例)トマトのファルシ


野菜をたっぷり使ったお料理レシピはAtelier Cerfeulまで。
http://tfl-direction.com (Atelier Cerfeuilホームページ)






この記事を書いたプロ

Atelier Cerfeuil(アトリエ・セルフィーユ) [ホームページ]

料理研究家 吉村雅子

京都府京都市下京区 [地図]

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
野菜のおいしいレシピを提供する料理のプロ、吉村雅子(よしむら まさこ)さん

WEBや雑誌にヘルシーレシピを提供し、女性からの支持拡大を支援(1/3)

 「体と心にやさしく響く」をコンセプトに料理を研究するAtelier Cerfeuil(アトリエ・セルフィーユ)主宰の吉村雅子さん。素朴な家庭料理をメーンに、イタリアンやフレンチから京のおばんざい、スイーツまで幅広くレシピを開発し、企業のホ...

吉村雅子プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

会社名 : Atelier Cerfeuil(アトリエ・セルフィーユ)
住所 : 京都府京都市下京区 [地図]

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

吉村雅子(よしむらまさこ)

Atelier Cerfeuil(アトリエ・セルフィーユ)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
はじめまして。
イメージ

この度、マイベストプロにて『野菜のおいしいレシピを提供する料理のプロ』として紹介していただきましたAtelier C...

旬の野菜 れんこん
イメージ

今回はれんこんについてご紹介します。れんこんは昔から自然の健胃剤といわれたり、見通しがきくとお正月には...

旬の野菜 じゃがいも
イメージ

今回はじゃがいもについてご紹介します。じゃがいもは、年中見かけよく使われる食材ですが、新じゃがいもが出...

旬の野菜 スナップえんどう
イメージ

今回はスナップえんどうについてご紹介します。スナップえんどうは、春から夏にかけて出回る野菜で、さやごと...

旬の野菜 菜の花
イメージ

今回は菜の花についてご紹介します。菜の花は、冬から春にかけて出回り、ほろ苦さとかすかな辛味がおいしく、...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ