プロTOP:里順子プロのご紹介

姿勢を整え、美しくしなやかなメリハリボディへと導くパーソナルトレーナー(1/3)

オリジナルのボディメイキング方法を用い、京都で女性専門のパーソナルトレーニングを実践している里順子さん

インナーマッスルを鍛えれば、美しく女性らしいボディになれる

 「30歳を過ぎると、身体のラインが気になり始める女性が増えてくるのではないでしょうか。私も体型の崩れが気になり30代でボディメイクを始めました」と語るのはボディメイクパーソナルトレーナー歴12年の経験を持つ里順子さん。

 キュッと引き締まったメリハリボディが印象的な里さんは、地下鉄烏丸御池駅近くのスタジオで、女性専門のボディメイクパーソナルトレーニングスタジオ「Body make studio Bonita」を運営しています。

 体型の崩れを整えるため、12年前にフリーウエイトの筋トレに取り組み、食事制限も行ったという里さん。筋肉はそれなりに引き締まったのですが、ある時「姿勢は悪いままで、体の細かいパーツに変化もなく、きれいにもなっていない」ということに気付いたそうです。「ただ痩せるのではなく“きれいに見える身体づくり”を目指していたのに、思い通りの結果が得られず悩みました」

 転機になったのは、美姿勢・美脚スペシャリストチーム「RRR」代表の石井完厚氏との出会い。「解剖学的視点に立ってボディメイクトレーニングを行わないと十分な効果が得られず、スタイルは良くならないということを認識することができました」

 身体の本質に基づいたエクササイズを実践するためRRRのセミナーに参加。それまで蓄積した経験と新しく得た知識を生かし、美しい姿勢へと整えるスタイルアップエクササイズを考案。現在は、顧客一人一人の体型分類や引き締めたい部分に合わせた効果的なトレーニング方法をマンツーマンで指導して「若くなれた」「きれいになれた」と喜ばれています。

 里さんは、「女性の体をきれいに整えるポイントは姿勢にある」と強調します。くびれ、バスト、ヒップ、二の腕などのパーツは、まず姿勢を整えた後に、正しい骨格ラインを支えるインナーマッスルを鍛えれば効果的に引き締めることができるといいます。「体の土台である骨盤や胸郭(背骨・肋骨・胸骨)の可動性を高めて、脊柱起立筋など姿勢を維持するための筋肉を強化します。エクササイズをする時は、筋肉を意識して正しい位置で行うと身体の機能を高めながら美しいスタイルになれますよ」

<次ページへ続く>

【次ページ】 日本人女性の“美”の特徴は柔らかなボディライン

里順子プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

美しい姿勢と体型分類による魅力的な身体づくり

屋号 : Body make studio Bonita
住所 : 京都府京都市中京区梅忠町20-1 烏丸アネックス917 [地図]
TEL : 075-744-0594

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-744-0594

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

里順子(さとじゅんこ)

Body make studio Bonita

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ヒップアップに必須!骨盤、腰部の柔軟性
イメージ

こんにちは(^^♪RRR美姿勢・美脚スペシャリスト里順子です。スタイルアップトレーニングで女性の綺麗をサポート...

くびれと下腹ぽおこり解消に必須!
イメージ

RRR美姿勢・美脚スペシャリスト里順子です。スタイルアップトレーニングで女性の綺麗をサポート!年末年...

[ くびれづくり ]

くびれづくりにお腹のストレッチも大事です(^_-)-☆
イメージ

RRR美姿勢・美脚スペシャリストチームの里順子です!スタイルアップトレーニングで女性の綺麗をサポート(^_-)-☆...

[ くびれづくり ]

ベストボディジャパン全国大会
イメージ

RRR美姿勢・美脚スペシャリスト 里順子です(#^.^#)スタイルアップトレーニングで女性の綺麗をサポート!...

いつも軽く腹横筋の収縮を習慣に!お腹引締めよう!
イメージ

RRR美姿勢・美脚スペシャリスト里順子です。美ボディメイクトレーニングで女性の綺麗をサポート!食事を...

[ くびれづくり ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

里順子のソーシャルメディア

ソーシャルメディアとは

リンク先は里順子さんが更新している外部メディアサイトです。

rss
ブログ
2018-01-13
facebook
Facebook
ページの先頭へ