コラム

 公開日: 2015-02-20 

薄着になると気になる二の腕と背中!関節の動きが大事ですヽ(^o^)丿


夏になると二の腕や背中が気になりますよね(^_^.)

そろそろエクササイズ始めなきゃと思っておられる女性も多いと思いますが、どんなエクササイズをするかでラインが変わってくるので、女性は特に気を付けて鍛えたい部分ですね(^_-)-☆
レッスンの時に慎重になる部分です(笑)

腕や背中を引き締めるためには、肩関節、肩甲骨、胸郭の動きをスムーズにすることが大事だと思います。可動域が狭いまま、腕、背中の筋肉を鍛えるだけのエクササイズでは、女性の場合、思うような結果が得られない方が多いように思います。がっちりしてしまうこともありますから。。気を付けないといけない部分です。

骨格ラインを整えて美しい姿勢をつくることは腕を引き締めることに繋がるので、二の腕だけ…と思わないように、背中のラインやデコルテライン、姿勢全体を見直してみるのも大事かと思います。

お仕事や家事などで丸くなっていた姿勢をリセットすることから始めてみましょう。ポールストレッチもおすすめです。

女性の二の腕、背中の引き締めは、関節の動きをスムーズにしながら鍛えるのが良いと思います(*^_^*

関節の動きをスムーズにしましょう。お家ストレッチに入れてみてください。
手の甲を前に向けて、耳の横まで腕を上げます。
肘を曲げて、大きく息を吸って吐きながら反対の手で肘を真下に軽く押します。同時に肩甲骨も下げます。
5秒キープです。交互に3~5回繰り返します。
☆肘を曲げた時に腕を内側に入れないように、真直ぐのラインのままにしておきます。




この記事を書いたプロ

Body make studio Bonita [ホームページ]

スポーツインストラクター 里順子

京都府京都市中京区梅忠町20-1 烏丸アネックス917 [地図]
TEL:075-744-0594

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
オリジナルのボディメイキング方法を用い、京都で女性専門のパーソナルトレーニングを実践している里順子さん

「美しく鍛える」ためには、筋肉を意識すること(1/3)

 「トレーニングというと、構えてしまう女性が多いと思います。運動をしていない方がレッスンを受けると、最初は疲れて筋肉痛になりますが、体が慣れてくると回復力がアップして、トレーニング自体が心地よくなってくるはず。ボディがひきしまって体調がよく...

里順子プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

美しい姿勢と引き締まったボディラインを取り戻す

会社名 : Body make studio Bonita
住所 : 京都府京都市中京区梅忠町20-1 烏丸アネックス917 [地図]
TEL : 075-744-0594

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-744-0594

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

里順子(さとじゅんこ)

Body make studio Bonita

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
胸をはって美しい姿勢をキープです(#^.^#)
イメージ

美姿勢・美ボディメイクパーソナルトレーナーの里順子です。スタイルアップトレーニングで女性の綺麗をサポート(...

[ 美しい姿勢 ]

美骨盤づくりから始めましょう(#^.^#)
イメージ

美姿勢・美ボディメイクトレーナーの里順子です(#^.^#)最近、美しい背中づくりの内容が続いていましたので...

[ くびれづくり ]

美しい姿勢づくりがスタイルアップの近道
イメージ

今日は、背中のラインを整えて引き締めるエクササイズをきっちりとしました(#^.^#)背中、二の腕に効果的なエ...

美ボディメイクパーソナルトレーナー里順子です!
イメージ

ボディメイクには食事のコントロールが大事となります。今日はBonitaBonitaのブログに、食事の話を書きま...

[ 食べてキレイになる ]

下着だけではどうすることも出来ない本当の美バスト
イメージ

筋力の低下と重力でバストの位置が下がってきた~と気にしている女性は多いと思います。実は、バストライン...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ