コラム

 公開日: 2015-11-22 

定額残業制での運用

“残業代込み”=定額残業制という支払い方法自体は違法ではありません。しかし、これが認められるためのハードルは高く、違法とされない運用に留意する必要があります。口頭での労使の合意だけでは、まず認められません。

定額残業制が適法であるには次のの要件を満たす必要があります。
〇何時間分の残業代に相当するのか定められている。
〇残業代に相当する部分が、他の賃金と明確に区分されている。
定額残業代が他の賃金と明確に区別されていない運用は違法です。「基本給・手当に含まれている」というような運用は通用しません。就業規則や雇用契約書で「基本給に〇時間分の割増賃金を含める」などの必要な取り決めや、給与明細に基本給とは別の項目で支給されているなどの運用を行うことが重要です。

〇実際の残業時間で計算された残業代が定額残業代を超えた場合には、その差額がしはらわれている。
実際の残業時間が定額残業代相当分を超えればその差額分は支払う必要があります。

会社からみれば、残業が少ない月は定額なので働いていない分も余計に払い、さらに残業が定額相当部分を越えたら超えたで差額を支払うことになり、定額残業代は会社にとって本来賃金コストを上昇させる制度といえます。
実情は、会社が残業代を毎月定額でで支給するのは、現在支給している給与の中から残業代を捻出したい、表面上の月額給与の総支給額を多くしたいということのようです。これらは従業員にとって不利益であり、方法を誤れば従業員の帰属意識やモチベーションに大きなマイナス作用を及ぼすことにもなりかねないということになります。
現在の総支給額のうち、いくらかを定額残業代として設定するのであれば、当然に従業員一人ひとりの同意書をとらなければならないでしょう。
定額残業代を大きくして表面上の総支給額を高くしても、実態を知る労働者にとっては、帰属意識やモチベーションは低下するのは明らかでしょう定額残業代を大きく設定する会社は、「うちの会社はブラックだ」と宣言しているようなものになってしまうことにも。

最も留意すべきなのは、月額給与のうちでの定額残業代の比率です。定額残業代が月額給与の半分にも及ぶような設定ですと、いくら労使で合意しているとしても法的な有効性を否認されるリスクが生じます。
定額残業代の適切な額は残業時間20~30時間分とすることが最も望ましく、残業代圧縮、人件費管理に加え、リスク管理面から考えても最もメリットのある運用といえるのではないでしょうか。多くても月45時間分以内に抑えるべきであると思います。

未払い残業代請求への対抗策については「これをやれば100%大丈夫」という方法論はありません。有効だと思われる対応策を、複合的に組み合わせ、リスク軽減を図っていく必要があります。ここで重要なのが就業規則です。
就業規則は、労務管理に関するすべての事項を網羅でき、、適正に作成し運用することにより、全従業員に一律に適用することができます。就業規則に織り込みことで、さまざまなな未払い残業代請求への対抗策を、包括的に労働契約の内容として法的な強制力を持たせることができます。
未払い残業代請求に対して会社の主張で多いのが、「残業代込みで払っていた」、「勝手に残業していた」、「管理監督者なので残業代はいらないはずだ」などというもの。残念ながら、これらの主張は、ほとんど認められないと考えた方がよいのですが、就業規則を適正に作成し運用していれば、これらの主張が認められ、残業代請求に対抗できることにもなります。
実務上は、就業規則や雇用契約書にて「基本給に〇時間分の割増賃金を含める」などの必要な取り決めや、給与明細に基本給とは別の項目で支給されているなどの運用を行うことにより、定額残業制が有効になります。

この記事を書いたプロ

税理士法人 洛 [ホームページ]

税理士 佐々木保幸

京都府京都市左京区丸太町通川端東入東丸太町20-2 [地図]
TEL:075-751-6767

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
役に立つ税務情報
イメージ

http://taxac.info/caetlafi/社内事務 経理・税務 人事・労務 総務・法務

 
このプロの紹介記事
経営者や納税者の立場になって、経営計画やコスト管理、資金調達などを共に考え、より良い結果を導く「攻め」の税理士、佐々木保幸さん

経営者の立場になり、共に成長する「攻め」の税理士(1/3)

 京都の神宮丸太町と伏見桃山の2ヶ所で税理士事務所を構える税理士法人 洛の代表、佐々木保幸さん。記帳や決算、申告といった会計・税務の本来の業務を行うだけにとどまらず、経営者や納税者の立場になって、経営計画やコスト管理、資金調達などを共に考え...

佐々木保幸プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

会計の数値をもとに経営アドバイスも行う「攻め」の税理士

事務所名 : 税理士法人 洛
住所 : 京都府京都市左京区丸太町通川端東入東丸太町20-2 [地図]
TEL : 075-751-6767

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-751-6767

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐々木保幸(ささきやすゆき)

税理士法人 洛

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
税理士法人 洛 ・ 南事務所
イメージ

〒612-8083 京都市伏見区京町2丁目242番地TEL:075-621-9931 FAX:075-621-9932京阪電車 伏見桃山駅...

[ お知らせ ]

税理士法人 洛 ・ 本社事務所
イメージ

〒606-8395 京都市左京区丸太町通川端東入東丸太町20-2TEL:075-751-6767  FAX:075-771-9530京都地下...

[ お知らせ ]

事業としての不動産貸付けとそれ以外の区分

1 事業的規模の判定 不動産などの貸付けによる所得は、不動産所得になります。 不動産所得は、その不動産貸付...

[ 個人の税金 ]

相続した空き家 売却で税負担を軽減

 相続した空き家を売ると、譲渡所得(売却価額-(取得費+譲渡費用)=売却益)にかかる税金が重くなりやすい。古...

[ 個人の税金 ]

合同会社を設立するときに留意すること

株式会社と比べて合同会社のメリットは、1.利益分配・経営の自由度が高い剰余金の分配、経営の意思決定の方法...

[ 会社の経営 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ