コラム

 公開日: 2011-10-08 

新人研修は龍安寺の石庭と同じ

先日本当に久しぶりに龍安寺に行ってまいりました。
京都大雲山龍安寺は、1450年に細川勝元が禅寺として開山して以来、秀吉も通ったほど格式のあるお寺ですが石庭を創った作者は今も不明のままで75坪の白砂に置かれた15個の石全部見ようとするとすべてを見渡すことができるのは、ある一点だけだということはご存知でしょうか?
床をみるとここだけ黒光りしているので『あれ?』と気付く人もいらっしゃるようですが、確かにこの場所に立つと15個の石すべてを見ることができます。
しかし少し横に移ると、1つ2つと見えない石がでてきてすべてを見渡せるこのポイントを創った『不思議』に作者の意図を見たように思います。
石庭に行ってもそれぞれの人が座る位置によって見える石の数が違う、つまり人によって見た石庭が違うのです。
これは石庭を会社に換えると、ビジネスシーンでも全く同じではないでしょうか?
受け付け担当から見た会社の姿、営業マンから見た会社の姿、経理部門から見た会社の姿、入社1年の新人が見た会社の姿と20年目のベテラン社員が見た会社の姿が違っていることと同じです。
ですから石庭を見た人に、石の数を訊くとそれぞれが座った位置から見た石の数を言うわけで、どれもその人にとっては正解で間違いではありません。
しかしこれは座った位置が違うから見えた石の数も違う・・・とお互いが理解しなければ、石の数だけに焦点を当てて論じていても、不信感が募るばかりで、一緒に手を携えるパートナーとしてやっていけるかどうか疑問が残ります。
とりわけ新人研修に関しては少し工夫が必要です。
企業の新入社員研修では、沢山のメニューが組み込まれています。
会社の理念や売り上げ、商品知識、ビジネスマナーや先輩からのレクチャーなど、短期間にあらゆる方向から情報が『新人研修』として新人たちの上に降り注がれます。
しかしまだ職場に慣れていない新人には、それぞれの成長してきた環境や、受けてきた教育など、一人一人が違ったバックグランドで物事を見ていますので、人によって理解度が違います。
ですから、バラバラな場所から同じ石庭を眺めている状態です。
そこでまず石庭には全部で15個の石が置かれている。
しかし見る場所が変われば見える石の数は違う。
しかし同じ石庭を見ているのだ。
ということをまず最初に伝えてあげることが必要だと思います。
なぜなら自分が見ているものの本質のすべてを見渡せる場所で全体を見せてあげると、自分が置かれている(所属している会社や組織)その場所に対して安心感が生まれるからです。
真っ暗な部屋に入れられると不安が先に立って一刻も早くこの部屋から出て行きたくなるのと同じです。
まずドアを開けて、明かりを照らしてこの部屋が安全で安心な空間だということを本人に見てもらい、理解してもらうと、その中にいることに対して不安や抵抗がなくなり、自分の居場所として受けいれられるようになります。
研修中に聞いた新人からの声ですが
『先輩が優しい言葉をかけてくれたのでほっとして、やっと地に足がついたような気持ちになった』
『研修期間中は緊張していたので、見ているようで実は何も見えていませんでした』
このように、不安や緊張を抱えたまま研修をしても結局は本人たちの中に沁み込んではいきません。
むしろ、まず最初に全体を見せてあげる。
その後に見る場所によって違って見えるかもしれないけど、それは間違いではなく自分が見えているもの、感じているものを信じていいんだということをレクチャーとして伝えていくと、それなら自分で見てみようという気持ちが湧いてきます。
地に足がつくための新人研修を、あなたの組織でも是非取り入れてみませんか?

セミナー・講演について

最新のセミナーの開催状況や講演実績についてはこちらをご覧ください

この記事を書いたプロ

株式会社宙(sora) [ホームページ]

キャリアコンサルタント 栗栖佳子

滋賀県大津市浜大津4-8-3-1206 [地図]
TEL:077-526-7890

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
才能を伸ばす人が使っているコミュニケーション術

教職員向けのコーチング研修は、本年度も多くの学校や教育委員会からご依頼をいただいています。ティーチングのスペシャリストである教職員の皆さんがコーチなら...

マスコミ掲載履歴
イメージ

1月17日登壇させていただいた「建設ディレクター養成講座」の様子が1月19日付の建通新聞に掲載されました。この取り組みは京都サンダ―㈱様が取り組んでいる建設...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
滋賀県・大津で株式会社宙(sora)のビジネスコーチ、栗栖佳子さん。カウンセリング(感情)とコーチング(行動)の両面からサポートしてくれます。

カウンセリング(感情)とコーチング(行動)の両面からサポート(1/3)

 ビジネスコーチの栗栖佳子さんは、大手人材ビジネス「パソナ京都」に入社し、スタッフの面接や研修、営業、クレーム処理、キャリアカウンセリングなどの業務に、17年間携わりました。その間に面接した実績は1万人以上にのぼります。現在は、滋賀県・大津...

栗栖佳子プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

働く女性をイキイキと輝かせるコミュニケーションコーチ!

会社名 : 株式会社宙(sora)
住所 : 滋賀県大津市浜大津4-8-3-1206 [地図]
TEL : 077-526-7890

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

077-526-7890

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

栗栖佳子(くりすよしこ)

株式会社宙(sora)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

職場の仲間の顔が違って見えてきました!

コーチングのコミュニケーション研修が職場の話題になってい...

ケアマネージャ-A
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
「共感力」を育むライブコミュニケーション

相手の気持ちを感じ取る力。特に相手のマイナス気持ちに寄り添う「共感力」は今、最も必要なコミュニケーション...

[ コミュニケーション術 ]

「教師はスペシャルコーチ!」教師がコーチングを学ぶ訳・・・

保育園・幼稚園・学童保育・小学校・中学校の教職員研修でコーチング&アンガーマネジメントの研修のご依頼が増...

[ 教員研修 ]

「日本の教師は世界一のコーチ!」を目指して・・・「枚方小中学校10年経験者研修」
イメージ

今年も枚方市教育委員会のご依頼で枚方市内の「小中学校10年経験者研修」を担当させていた...

[ 教員研修 ]

北京セミナーのご報告(2017.5.21~25)
イメージ

今回で3回目となる北京セミナーが無事に終わりました。今回のセミナー開催に当たっては北京ユナイティッドフ...

[ 海外セミナー ]

海外出張のお知らせ(2017.5.21~2017.5.25)
イメージ

【海外出張のお知らせ】北京セミナーのため5月21日より25日まで不在となります。そのため、お問い合...

[ 海外セミナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ