コラム

2015-05-16

脳血管障害と認知症

最近のニュースでドラエモンの声を担当されていた大山のぶ代さんが、認知症にかかられているということを知りました。
夢のあるドラエモン漫画は小さなころから好きだったので、お気持ちを思うと、残念でなりません。
上手に認知症とお付き合いされていかれれることを心より願っております。

「脳梗塞の後遺症と思っていたけれども、認知症だった。」というご主人の砂川啓介さんのコメントを読ませていただき、今日は脳梗塞と認知症について、まとめてみたいと思います。

脳血管性認知症

脳梗塞や脳出血などの脳血管障害によっておこった認知症を脳血管性認知症と呼びます。

脳血管障害そのものの後に、引き続き見られる場合もありますが(後遺症)、認知症の症状が突然出現する場合もあります。

突然、出現する場合は、過去のなんらかの脳血管障害にかかったことがあったり、リスクファクターとしての高血圧や糖尿病、心疾患などの既往症状持っている場合が多いです。

脳血管性認知症の症状

「~症」と名称がつく場合は、「日常生活に支障を来たすレベル」というのが一つの基準となります。
脳血管性認知症も普通の認知症同様に、記憶障害が主な症状で、その他に、言語機能や遂行機能などに見られる認知機能障害が、日常生活に支障を来たすレベルで起こるようになります。
その症状は、徐々に悪化したり、変動したりすることが度々見られます。

症状が進行すると、言葉が話しづらくなったる(=呂律が回らない)、歩きにくくなる、転びやすくなる、尿のコントロールがうまくできなくなる、感情のコントロールができなくなる、夜になると奇妙な行動をするなどの症状が見られるようになります。

脳血管性認知症の検査

脳血管性認知症は脳の画像診断と、行動の監察、神経心理検査による認知機能の評価で診断されます。
脳の画像診断では脳のどの部分に梗塞などの問題が見られ、その部分が担う認知機能や運動機能がどの程度落ちているかを神経心理検査の結果と合わせて評価されます。
例えば脳の内側にある海馬と呼ばれる部分の周辺に問題があると記憶機能に障害が出てきます。

脳血管性認知症に対する治療

残念ながら治癒を促す確実な方法や薬物は現在のところないので、対症療法が一般的には行われます。
また、脳血管障害が起こると、症状はさらに悪化するため再発予防も重要となります。

この血管性認知症も含めて、認知症全般は脳が物理的に損傷を受けた結果起こる症状です。
ここでいう損傷とは、脳溢血や脳梗塞、脳の萎縮やその他アルコール依存症などによる脳の変容など、物理的に脳に問題が起こっていることをさします。
このように、物理的な原因で生じる精神的な病は、器質性、または外因性の病気と呼ばれ、薬物療法が中心となります。

認知症に対して行うカウンセリングによる心理療法は、快方に向かわせるためのものでなく、生活の質の向上のために行うことが主な目的となります。

では、認知症に対するカウンセリングとはどのようなことをするのか。
これについて次回の記事で、説明していきたいと思います。

今日の記事がどなたかのご参考になれば幸いです。



上図:発症6時間後のMRI 右(向かって左、R側)の上部分に異常信号
下図:発症10日後のCT MRIと同じ部分に脳梗塞
『神経心理学を理解するための10章』田川皓一著 新興医学出版社(2004)より画像抜粋

この記事を書いたプロ

Cogito Labo(コギト・ラボ) [ホームページ]

心理カウンセラー 水戸くみる

京都府京都府京都市中京区河原町通二条下る二丁目下丸屋町403番地 FISビル2F [地図]
TEL:075-555-3437

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
Cogito Labo(コギト・ラボ)」の水戸くるみさん。日本では珍しい神経心理学をベースに心理カウンセリングを行っています

脳と心をキーワードに、神経心理学の立場からカウンセリング(1/3)

 「私たちの考えや行動は脳によってコントロールされているというとらえ方が一般的ですが、私たちの考えや行動も脳に影響を与えています。つまり、双方向で影響をおよぼしあっているのです」と語る水戸くみるさん。水戸さんは、失語や失認、失行などの高機能...

水戸くみるプロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

日本では珍しい神経心理学をベースにした心理カウンセリング

会社名 : Cogito Labo(コギト・ラボ)
住所 : 京都府京都府京都市中京区河原町通二条下る二丁目下丸屋町403番地 FISビル2F [地図]
TEL : 075-555-3437

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-555-3437

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

水戸くみる(みとくみる)

Cogito Labo(コギト・ラボ)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

おかげさまで、子どもも問題がなくなり、私もママ友とうまくやっていけるようになりました。

水戸先生、このたびは大変お世話になりました。 おかげさま...

M・K
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
『脳を知れば心が読める』 の題で講演させていただきました。
イメージ

3月22日、東成納税協会様主催の会合の場において『脳を知れば心が読める』と題して大阪城公園のホテル...

[ セミナー ]

歳をとっても生き生き活動するための脳のトレーニング
イメージ

 良く受ける質問:どんな脳のトレーニングをすればよいですか? 「歳を取っても認知症にならないようにど...

[ 脳の病気にならないように ]

『脳から引き出す心の元気 ー気づくが築くー』 の題で講演させていただきました。
イメージ

2月23日、京都銀行様主催で京志会様の会合の場において『脳から引き出す心の元気 ー気づくが築くー』と...

[ セミナー ]

認知機能・高次脳機能のリハビリ
イメージ

 リハビリで作られる代替の神経経路の最新研究 先日、脳出血などによるマヒがリハビリによって代替経路が作ら...

[ 脳の機能障害 ]

あけましておめでとうございます。
イメージ

明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。カウンセリングルームの移転と、...

[ お知らせ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ