コラム

 公開日: 2016-10-08  最終更新日: 2017-03-29

フローリングがプリント板のメリットとデメリット

プリント板フローリングは、基材に木目の柄をプリントした樹脂フィルムを貼り付けたもので、多くのマンションで採用されています。

プリント板フローリングのメリットは、キズ、汚れ、摩耗、紫外線に強い耐久性を持っていることです。また、ワックスがけの必要がありません。

プリント板フローリングのデメリットは、無垢がもつ本物らしさにはかなわない点です。そして無垢材のように、薄く削って再生ということができません。

プリント板フローリングとは?

木材チップを主原料とするMDF(中密度繊維板)やHDF(高密度繊維板)の基材に、木目調の柄をプリントしたシートを貼り付けたフローリングを、プリント板フローリングと呼びます。

化粧シートフローリング、もしくは単にシートフローリングと言うことも多いですが、いずれも非常に薄いオレフィン樹脂のフィルムが貼られたものです。

キズに対する抵抗力を高めるため、電子線を照射して強靭化したコーティング層を表面に貼った製品もあります。

近年のプリント技術の発達により、見た目は木そのものです。多くのマンションは、プリント板フローリングを採用しています。

プリント板フローリングのメリット

硬質で撥水性の高い表面加工となっているため、キズ、汚れ、摩耗に強い耐久性を示します。さらに紫外線への耐久性を増して、日焼けしない製品もあります。

プリント板フローリングのもう一つの特筆すべきメリットは、ワックスがけが不要なことです(素材に、ワックスをはじいてしまう性質があります)。

ワックスフリーという手軽さもあって、近頃の分譲マンションの多数が、プリント板フローリングを用いています。無垢に比べると施工が楽なため、工費が安いというのもメリットです。

プリント板フローリングのデメリット

外観はいかにも木目調でも、実際はプリントされたパターンにすぎないので、無垢がもつ自然素材独特の風合いを感じることはできません。

手で触ったとき、素足で踏みしめたときに感じ取れる、木のやさしい肌触りといったものは、残念ながら欠けています。

外側のフィルムが劣化したり、重い家具を落としてキズができたときは、無垢のように薄く削るという処置はできません。

フィルム層は薄く、その下の基材はカビやすい繊維板なので、何かのトラブルをきっかけに急速に寿命を迎えることもありえます(それを防止するために、コーティングを施すことがあります)。

また、継ぎ目のコーキング材は特殊加工されているわけではないので、これが先に劣化してしまうおそれもあります。

<関連コラム>
フローリングを張り替えるタイミングの見極め方
フローリングが冷たいときの対処法
フローリングに無垢材を用いるメリットとデメリット
フローリングの塗装の費用と張替え費用

この記事を書いたプロ

株式会社 ダイセイ [ホームページ]

大工 大橋誠

京都府長岡京市長法寺川原谷28-2 [地図]
TEL:075-954-5186

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
長岡京市に明治40年創業の工務店「株式会社ダイセイ」4代目代表の大橋誠さん。木のねばり強さと美しさを生かした家づくりに定評があります

大工の技と心が結集。伝統的な木組みによる、豊かで強い家づくり(1/3)

 長岡京市に建つ株式会社ダイセイは、明治40年創業の工務店。代表の大橋誠さんは、寺社建築で有名な鵤(いかるが)工舎、京都の古民家建造の大工のもとで修業後、4代目を継ぎました。日本で千年以上大工が受け継ぎ、磨き抜いた伝統工法「木組み」に精通す...

大橋誠プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

大工の高度な知恵と技能を生かし、伝統的な木組みの家を建築

会社名 : 株式会社 ダイセイ
住所 : 京都府長岡京市長法寺川原谷28-2 [地図]
TEL : 075-954-5186

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-954-5186

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大橋誠(おおはしまこと)

株式会社 ダイセイ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
どういった人に無垢材を勧めたいのか

わたしは、お客様に良く純粋な無垢の木を提案する。それは、なぜなのかとこの前質問され改めて考えてみました。...

[ 木材の魅力 ]

床の間の手入れはどうする?

床の間は、ホコリがたまりやすい箇所です。ふだんから、乾拭きとハタキでホコリを取るようにしましょう。木蝋...

[ 木製建具と部分リフォーム ]

床の間に飾り棚を取り入れ季節を味わう

床の間は、日本の伝統が感じられる空間で、近年は、現代的な住空間にもなじむシンプルでスタイリッシュな床の間も...

[ 木製建具と部分リフォーム ]

床の間の収納リフォーム

床の間は奥行きが90センチほどもあり、収納スペースにした場合は押し入れと同じぐらいの容量を期待することができ...

[ 木製建具と部分リフォーム ]

床の間のリフォームで和室のおもてなし空間の演出を

床の間は日本の伝統的な住宅装飾のひとつで、床の間がある座敷はお客さまを迎え入れる場所として大切に扱われてき...

[ 木製建具と部分リフォーム ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ