コラム

 公開日: 2014-10-24  最終更新日: 2017-04-27

ぎっくり腰も慢性症状?

例えば「こけて足首をひねって足首が痛い」といった場合は、足首を損傷していますので、悪い所と痛いところが一致しています。これはこけるという急性の出来事による痛みですので慢性の症状ではありません。

慢性の症状とは、
 ●長く症状が続いている、
 ●いつから痛いかはっきりしない
 ●痛めた原因も思いつかない
といった症状です。

ぎっくり腰も慢性症状

ぎっくり腰は何かをした拍子にグキッとして痛みが出ます。
ですから急性と思われるのですが、グキッとなる腰の状態になっていたのは以前からで、たまたま今朝グキッとなっただけなのです。

多くは腰に負担の多い生活を長く続けていて腰が耐えられなくなった時にぎっくり腰が起こります。ですから原因と言う観点から見ると慢性の症状であるとも言えます。

そして慢性の症状は日常の生活の中に原因が潜んでいます。
また、原因は1つだけではありません。
繰り返す症状の本当の原因


次のコラムを読む→

整骨院えんのホームページ 施術料金 施術日

この記事を書いたプロ

整骨院えん [ホームページ]

柔道整復師 岸本好正

京都府京都市中京区西ノ京北壺井町88-1 二条プラザ1F [地図]
TEL:075-811-6130

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
施術料金

整骨院の施術メニューは「整体」のひとつだけです。◆料金◆5,400円(初回は初診料1,000円+5,400円)※最後の診察から2ヶ月経過したら初診料がかかります・健康...

施術日
2017年9月の施術日

月・木・・・9:00~13:00 16:00~20:00日・祝・・10:00~17:00※9/18(月)は祝日時間です

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
岸本 好正(きしもと よしまさ)プロ

問診で症状の原因を見極め、施術とセルフケアにより改善を目指す(1/3)

JR円町駅から徒歩約5分の場所にある「整骨院えん」。自律神経失調症、腰痛、肩こりといった慢性的な症状に悩む人が多く訪れています。朗らかな笑顔で迎えてくれるのは、柔道整復師の岸本好正さんです。「『しっかり動いて、ぐっすり眠り、おいしく食べて、...

岸本好正プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

イラスト入りのアドバイスで、自宅でも楽しくセルフケア

医院名 : 整骨院えん
住所 : 京都府京都市中京区西ノ京北壺井町88-1 二条プラザ1F [地図]
TEL : 075-811-6130

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-811-6130

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸本好正(きしもとよしまさ)

整骨院えん

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

前向きに治療ができた

近所で診てもらった時は電気を当てもらうなど、その場でする...

Y.K
  • 10代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
自律神経失調症のパターンは大きく分けて2つ
イメージ

自律神経失調症は頭痛やめまいがする人、動悸が激しくなる人、下痢を繰り返す人など症状は様々です。しかし、自律...

[ 自律神経失調症 ]

自律神経失調症「話す」よりもっと大事なこと
イメージ

自律神経失調症の患者さんはお話を聞くことから始めます。これは「話す」ことで本人さえ気付いていない心の引っ掛...

[ 自律神経失調症 ]

朝食は食べるを選択したときの注意点
イメージ

健康のためには朝食は「食べた方が良い」「食べない方が良い」と全く逆の説があります。中には1日1食でよいといっ...

[ その他 ]

朝ごはんは食べる?食べない?本当はどっちがいいの
イメージ

世の中にはいろいろな健康法があります。中には全く逆のことがそれぞれで良いとされるものもあります。朝食もその...

[ その他 ]

体づくりでジムへ行ったけど…こんな時続ける?止める?
イメージ

一念発起してジムやヨガ教室に行ってみたらその後から、体はだるくなったし、痛いところも出てきた等々なんだか調...

[ ストレッチ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ