コラム

2015-01-17

慢性的な腰痛!柔軟性をつけると改善が期待できる

仰向けに寝転んで片足を誰かに
上げてもらってください。
90度まで上がりますか?



上がらない場合は
お尻から太もも裏にかけての柔軟性を
もう少し高めたいところです。

筋肉がしっかり伸び縮みすると
腰への負担が減らせます。
硬い筋肉だと動くことによっておこる衝撃が
腰にダイレクトに来ます。
これでは腰が痛くなる確率か増えてしまいます。

お風呂上がりにストレッチ

お尻から太ももの裏が伸びるストレッチをしましょう。
はじめは下の2つでいいです。


ポイントは
・背中を丸めず、頭を足につけるのではなく胸をつけるつもりで
(別につかなくてもOK)
・勢いをつけずゆっくり伸ばす
・伸びているところを意識する

胸を足につけるのが目的でなく
足の裏側と、内側を伸ばすのが目的です。
そこを間違えないように毎日続けましょう。
お風呂上りが伸びやすいのでベストです。

しっかりストレッチして腰への負担を減らしましょう!

腰痛治療はこちら

整骨院えんの
施術料金はこちら
施術日はこちら
ご予約はお電話075-811-6130まで

この記事を書いたプロ

整骨院えん [ホームページ]

柔道整復師 岸本好正

京都府京都市中京区西ノ京北壺井町88-1 二条プラザ1F [地図]
TEL:075-811-6130

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

18

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
施術料金

整骨院の施術メニューは「整体」のひとつだけです。◆料金◆5,400円(初回は初診料1,000円+5,400円)※最後の診察から2ヶ月経過したら初診料がかかります・健康...

施術日
2016年9月の施術日

月・木・・・9:00~13:00 16:00~20:00日・祝・・・10:00~17:009/19(月) 9/22(木)は祝日時間です

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
岸本 好正(きしもと よしまさ)プロ

問診で症状の原因を見極め、施術とセルフケアにより改善を目指す(1/3)

JR円町駅から徒歩約5分の場所にある「整骨院えん」。自律神経失調症、腰痛、肩こりといった慢性的な症状に悩む人が多く訪れています。朗らかな笑顔で迎えてくれるのは、柔道整復師の岸本好正さんです。「『しっかり動いて、ぐっすり眠り、おいしく食べて、...

岸本好正プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

イラスト入りのアドバイスで、自宅でも楽しくセルフケア

医院名 : 整骨院えん
住所 : 京都府京都市中京区西ノ京北壺井町88-1 二条プラザ1F [地図]
TEL : 075-811-6130

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-811-6130

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸本好正(きしもとよしまさ)

整骨院えん

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

両ひざの痛みが薬を飲まなくても大丈夫になりました

何年も整形外科に通院していたがあまりよくならないし、薬も...

K.Y
  • 女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ぎっくり腰の原因!考え方を改めないと繰り返す
イメージ

ぎっくり腰は「荷物を持った時になった」「車から降りようとしてなった」「振り返った拍子になった」など何でもな...

[ 腰痛 ]

外反母趾対策で腰が楽になる
イメージ

外反母趾の方は、足の筋肉がうまく使えていないことが多く、ここにアプローチすることで「痛みが楽になった」「靴...

[ 足・膝 ]

不明瞭なストレスと自律神経失調症
イメージ

自律神経が乱れる原因に「ストレス」があります。ご自身で原因が明確に自覚できるストレスはまだいいのですが、自...

[ 自律神経失調症 ]

朝方に足がつる原因と対策
イメージ

「最近朝方になると足がつることが多いのですが」といった相談を受けました。年齢と共にこういった症状が出てく...

[ 足・膝 ]

膝の痛みと体重、何キロ増えたら影響があるか
イメージ

膝が痛む原因のひとつに体重増加があります。膝は膝ののお皿の断面で体重を支えるわけですから体重が増えたら負担...

[ 足・膝 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ