コラム

 公開日: 2015-02-18  最終更新日: 2017-04-10

実年齢より上にみられる「前かがみ姿勢+すり足」を改善する

すり足のデメリット

すり足は歩くときに足を上げずに引きずっている状態です。何もないのによくつまづく、ちょっとした段差が引っ掛かる、といった方はすり足になっている可能性が高いです。
前かがみ姿勢+すり足
前かがみの姿勢で、すり足で歩くと老けて見られます。実際の年齢より上にみられることが多く、歩く姿に元気を感じません。

「前かがみ+すり足」の将来

歩く膝腰曲がる
まず、股関節から前に倒れて、腰が曲がってきます。前に重心が移るので足を曲げてバランスを取ります。首がだんだん突き出たようになり、前を見るために顎を上げます。年齢を重ねると杖がないと歩行が困難といった状態になってきます。そうならないためにも今のうちに歩き方を変えていきましょう。

かかとから接地する

足が上がっていないのなら上げればよいのですが、そう思うだけではなかなかうまくいきません。では、どうすればいいのでしょうか。

歩く時に一本のラインの上を歩くよう意識します。歩道の模様やラインがあれば分かりやすいのですが、無ければ頭の中で自分の前に一本のラインをイメージします。前を向いてラインの上を落ちないように踵から接地します。そして最後は足の親指の付け根から離れるようにします。この歩き方は、太ももを上げないとできません。続けるうちに自然に足が上がるようになってきます。

ラインの上を歩く

ポイントは太ももの筋肉

すり足になる原因として
1.単なる癖(ただし長期間この歩き方をすると太ももの筋肉が低下します)
2.太ももの筋肉が低下したため、足を上げなくて済むすり足になった

が考えられます。理由が1と2どちらにしても、すり足の人の太ももの筋肉は弱っている可能性があります。ですから、かかとから接地する歩き方は初めは太ももが疲れるかもしれません。でも、そこでやめないで、鍛えるつもりで歩いてみてください。

当院では、すり足を改善したところ、腰痛が緩和した、姿勢がよくなり明るく見えるようになった、肩こり・頭痛も緩和したといったことがあります。すり足は見た目だけでなく腰痛など体へのデメリットも多いので今から改善するのをおすすめします。

←前のコラム次のコラム→

整骨院えんのホームページ 施術料金 施術日

この記事を書いたプロ

整骨院えん [ホームページ]

柔道整復師 岸本好正

京都府京都市中京区西ノ京北壺井町88-1 二条プラザ1F [地図]
TEL:075-811-6130

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
施術料金

整骨院の施術メニューは「整体」のひとつだけです。◆料金◆5,400円(初回は初診料1,000円+5,400円)※最後の診察から2ヶ月経過したら初診料がかかります・健康...

施術日
2017年9月の施術日

月・木・・・9:00~13:00 16:00~20:00日・祝・・10:00~17:00※9/18(月)は祝日時間です

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
岸本 好正(きしもと よしまさ)プロ

問診で症状の原因を見極め、施術とセルフケアにより改善を目指す(1/3)

JR円町駅から徒歩約5分の場所にある「整骨院えん」。自律神経失調症、腰痛、肩こりといった慢性的な症状に悩む人が多く訪れています。朗らかな笑顔で迎えてくれるのは、柔道整復師の岸本好正さんです。「『しっかり動いて、ぐっすり眠り、おいしく食べて、...

岸本好正プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

イラスト入りのアドバイスで、自宅でも楽しくセルフケア

医院名 : 整骨院えん
住所 : 京都府京都市中京区西ノ京北壺井町88-1 二条プラザ1F [地図]
TEL : 075-811-6130

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-811-6130

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸本好正(きしもとよしまさ)

整骨院えん

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

朝起きた時の腰の痛みが無くなりました!

痛みはほぼ無くなりました!! 施術を受け、家で何をしたらい...

I
  • 男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
自律神経失調症のパターンは大きく分けて2つ
イメージ

自律神経失調症は頭痛やめまいがする人、動悸が激しくなる人、下痢を繰り返す人など症状は様々です。しかし、自律...

[ 自律神経失調症 ]

自律神経失調症「話す」よりもっと大事なこと
イメージ

自律神経失調症の患者さんはお話を聞くことから始めます。これは「話す」ことで本人さえ気付いていない心の引っ掛...

[ 自律神経失調症 ]

朝食は食べるを選択したときの注意点
イメージ

健康のためには朝食は「食べた方が良い」「食べない方が良い」と全く逆の説があります。中には1日1食でよいといっ...

[ その他 ]

朝ごはんは食べる?食べない?本当はどっちがいいの
イメージ

世の中にはいろいろな健康法があります。中には全く逆のことがそれぞれで良いとされるものもあります。朝食もその...

[ その他 ]

体づくりでジムへ行ったけど…こんな時続ける?止める?
イメージ

一念発起してジムやヨガ教室に行ってみたらその後から、体はだるくなったし、痛いところも出てきた等々なんだか調...

[ ストレッチ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ