コラム

 公開日: 2015-04-04  最終更新日: 2017-04-10

ハイヒールで歩くとグラグラする。歩き方が格好良くない

ハイヒールを履いているために膝が曲がり、腰が落ちなんとも不格好な歩き方をよく見かけます。
こんな場合、力を入れるところを変えるときれいに歩くことが出来ます。

すねに力が入っている

下のような歩き方の場合、足のすねの方に力が入っていることが多いです。こうなると膝が曲がって腰が引けたような格好になり着地時に足がグラグラしたりします。
ハイヒールで歩く

意識するところはお尻

まず脚の認識を少し変えましょう。歩く時は股関節から下だけが脚ではなく、腰のあたりから脚だと思うことです。つまり腰から歩くような感じです。
脚はここから
歩く時に、お尻に力を入れます。意識するのはそこだけです。お尻に力を入れると内腿にも力が入ります。そうなると腰が伸び膝が曲がりません。こうすると「腰のあたりから脚」と意識しなくても腰から歩く歩き方が出来ます。

そもそも筋肉はあるか?

お尻や太ももの筋肉が弱っていると、膝が曲がってお尻が落ちた姿勢になりがちです。力を入れる部分を意識する前にしっかり筋肉がついていることも大切です。中には「どうしたらお尻に力が入るのかやり方が分からない」といった人もいます。これは「お尻の筋肉を使わない状態が長く続いている」または「お尻の筋肉が弱っている」と考えてよさそうです。
どこに力を入れていいのか分からない人はこちらもチェック

ハイヒールは注意も必要

ハイヒールはかかとが上がる分つま先が圧迫され、外反母趾になりやすい形状であることは意識しておいてください。当院ではハイヒールはどうしても履かないといけない時だけ履くように指導しています。特にまだ骨の柔らかい小学生や中学生にヒールの高い靴を履かせるのはお勧めしません。
綱渡りですか?

←前のコラム次のコラム→

整骨院えんのホームページ 施術料金 施術日

この記事を書いたプロ

整骨院えん [ホームページ]

柔道整復師 岸本好正

京都府京都市中京区西ノ京北壺井町88-1 二条プラザ1F [地図]
TEL:075-811-6130

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
施術料金

整骨院の施術メニューは「整体」のひとつだけです。◆料金◆5,400円(初回は初診料1,000円+5,400円)※最後の診察から2ヶ月経過したら初診料がかかります・健康...

施術日
2017年4月のカレンダー

月・木・・・9:00~13:00 16:00~20:00日・木・・10:00~17:00

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
岸本 好正(きしもと よしまさ)プロ

問診で症状の原因を見極め、施術とセルフケアにより改善を目指す(1/3)

JR円町駅から徒歩約5分の場所にある「整骨院えん」。自律神経失調症、腰痛、肩こりといった慢性的な症状に悩む人が多く訪れています。朗らかな笑顔で迎えてくれるのは、柔道整復師の岸本好正さんです。「『しっかり動いて、ぐっすり眠り、おいしく食べて、...

岸本好正プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

イラスト入りのアドバイスで、自宅でも楽しくセルフケア

医院名 : 整骨院えん
住所 : 京都府京都市中京区西ノ京北壺井町88-1 二条プラザ1F [地図]
TEL : 075-811-6130

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-811-6130

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸本好正(きしもとよしまさ)

整骨院えん

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

スノーボードが痛みなく出来ています

こちらの院は、痛みのある一部だけでなく、そのまわりなどい...

H.N
  • 男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
体づくりでジムへ行ったけど…こんな時続ける?止める?
イメージ

一念発起してジムやヨガ教室に行ってみたらその後から、体はだるくなったし、痛いところも出てきた等々なんだか調...

[ ストレッチ ]

上半身がしんどい、背中がツラい、息が吸いにくい
イメージ

京都市山科区に住むNさん。「上半身がしんどいんです。なんか息が大きく吸えない感じなんです。」とうったえてきま...

[ 腕・肩・首 ]

痛みは悪いこと?認識を変えて痛みを対処
イメージ

「痛い=悪い」という意識があると、痛いとしんどい、痛いとツライとマイナスの感情しか湧いてきません。また、「痛...

[ 心と体 ]

常に何かを考えている。緊張のとれない体が不調を招く
イメージ

お風呂に入っているとき仕事のことを考えている、ご飯を食べているときその後の予定を考えている…といった常に何か...

[ 心と体 ]

自律神経の乱れと仕事
イメージ

 生活の中のオンとオフ 自律神経が乱れやすい人にオンとオフの切り替えが苦手であることが多いです。つま...

[ 自律神経失調症 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ