コラム

 公開日: 2015-04-22  最終更新日: 2017-04-10

その立ち姿勢が歪みを招く

販売員、美容師、教師・講師など立ち仕事の方、仕事の合間などに「休め!」の姿勢になっていませんか?例えば、下のように片側の足にに体重をのせて立つと、膝から上の各関節はバランスを保つために、右に傾いたり左に傾いたりして、立ち姿勢が保てるようにバランスを調節します。
休めの姿勢
こういった姿勢を続けることでだんだん歪みが作られてしまいます。そしてその歪みが、腰痛・肩こり・股関節痛などの原因になってしまうのです。

足幅を広くとる

体を支える基礎になる面を支持基底面と言います。
支持基底面
図のように足を広げていくと支持基底面が大きくなります。この面積が大きくなると、体の安定性が増えます。つまり支持基底面を大きくすると安定するという事です。お年寄りが杖を突くと安定するのはこういった理由からです。
杖を突くと支持基底面が広がる

立ち方を意識する

◆足の幅を広く立つ◆
少し足の幅を広げると支持基底面が広がり体が安定します。すると片方の足に体重を乗せるのが難しくなるので重心が崩れにくくなるのです。体に歪みが出にくく、立っているときも体が楽になります。
歩幅を広げて立つ
◆かかとを上げる◆
歩幅を広くとっても慣れてきたら片側に乗せられるようになってしまう人もいます。
そういった場合はかかとを少し上げてみてください。両方の足に体重を分散しないと立っていられない状態になります。


要は、片側の足に体重を乗せてしまうのでそれを意識して外せばいいのですが「~~してはいけない」と考えると窮屈になってきて続きません。「片側に体重を乗せたらいけない」ではなく「歩幅を広く立てばいい」です。

悪い立ち姿勢を続けることは、毎日悪いストレッチをしているようなものです。気付いた時から意識するようにしましょう


←前のコラム次のコラム→

整骨院えんのホームページ 施術料金 施術日

この記事を書いたプロ

整骨院えん [ホームページ]

柔道整復師 岸本好正

京都府京都市中京区西ノ京北壺井町88-1 二条プラザ1F [地図]
TEL:075-811-6130

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
施術料金

整骨院の施術メニューは「整体」のひとつだけです。◆料金◆5,400円(初回は初診料1,000円+5,400円)※最後の診察から2ヶ月経過したら初診料がかかります・健康...

施術日
2017年4月のカレンダー

月・木・・・9:00~13:00 16:00~20:00日・木・・10:00~17:00

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
岸本 好正(きしもと よしまさ)プロ

問診で症状の原因を見極め、施術とセルフケアにより改善を目指す(1/3)

JR円町駅から徒歩約5分の場所にある「整骨院えん」。自律神経失調症、腰痛、肩こりといった慢性的な症状に悩む人が多く訪れています。朗らかな笑顔で迎えてくれるのは、柔道整復師の岸本好正さんです。「『しっかり動いて、ぐっすり眠り、おいしく食べて、...

岸本好正プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

イラスト入りのアドバイスで、自宅でも楽しくセルフケア

医院名 : 整骨院えん
住所 : 京都府京都市中京区西ノ京北壺井町88-1 二条プラザ1F [地図]
TEL : 075-811-6130

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-811-6130

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸本好正(きしもとよしまさ)

整骨院えん

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

ダル重かった体が軽くなりました♪

腰の痛さは足やふくらはぎを、肩の詰まりは背中を施術しもら...

M
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
体づくりでジムへ行ったけど…こんな時続ける?止める?
イメージ

一念発起してジムやヨガ教室に行ってみたらその後から、体はだるくなったし、痛いところも出てきた等々なんだか調...

[ ストレッチ ]

上半身がしんどい、背中がツラい、息が吸いにくい
イメージ

京都市山科区に住むNさん。「上半身がしんどいんです。なんか息が大きく吸えない感じなんです。」とうったえてきま...

[ 腕・肩・首 ]

痛みは悪いこと?認識を変えて痛みを対処
イメージ

「痛い=悪い」という意識があると、痛いとしんどい、痛いとツライとマイナスの感情しか湧いてきません。また、「痛...

[ 心と体 ]

常に何かを考えている。緊張のとれない体が不調を招く
イメージ

お風呂に入っているとき仕事のことを考えている、ご飯を食べているときその後の予定を考えている…といった常に何か...

[ 心と体 ]

自律神経の乱れと仕事
イメージ

 生活の中のオンとオフ 自律神経が乱れやすい人にオンとオフの切り替えが苦手であることが多いです。つま...

[ 自律神経失調症 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ