コラム

 公開日: 2016-09-05  最終更新日: 2017-04-27

ぎっくり腰の原因!考え方を改めないと繰り返す

ぎっくり腰は「荷物を持った時になった」「車から降りようとしてなった」「振り返った拍子になった」など何でもない動作でなることが多いです。中には落ちたペンを拾っただけでぎっくり腰になった方もいます。ぎっくり腰になると「あれを持ったから」「振り返ったから」とその動作が原因のように思ってしまいがちです。でも、そうではありません。普段は普通にこなしている動作で症状が出てしまうのはその動作はきっかけに過ぎず原因は別のところにあるのです。

ぎっくり腰は慢性腰痛の延長上にある

ぎっくり腰は一瞬グキッとなった瞬間になるので急性の症状のように思えますが、慢性的な腰痛の延長上にあると考えます。なぜならぎっくり腰になった動作で毎回ぎっくり腰になるかと言えば、答えは「いいえ」だからです。つまりグキッとなった動作に耐えられない腰になっていたことが原因です。ペンを拾うという何でもない動作でグキッとなったなら、その何でもない動作ですら耐えられない腰に慢性的になっていたという事です。

動作に耐えられなくなる理由

動作に耐えられなくなる理由として、疲労が取れていない状態でまた使うことが挙げられます。「疲労」と聞くと「普通に生活してただけ」「特別なことはしていない」と言われる方も多いのですが、日常生活を送るだけでも筋肉は疲労します。例えば布団を畳む、料理を作る、電車で通勤する、仕事で外を歩く、オフィスでデスクワークするなど様々な動作で筋肉は疲労しています。日々たまる筋疲労が回復しきれずにまた1日を過ごし、さらに疲れる・・・といった事を繰り返すと、少しの刺激で腰が悲鳴を上げることになります。

また、筋肉に疲労が溜まっていることに気付いていない方も多くいらっしゃいます。毎日コツコツ溜めた疲労なのでご自身もその状態に慣れてしまって「疲れている」と気付かなくなってしまうのです。ですから自分は疲労していないと思っていても実はかなり疲れが溜まっていて腰に影響していることも考えられます。

弱った筋肉で腰痛になる環境が揃っていく

20歳を過ぎれば何か気を付けて対策をしていないと、筋肉は日々落ちていきます。筋肉の多い人と少ない人では少ない人の方が疲れやすいです。例えばダンベルを持ち上げる動作ひとつとっても筋肉量が多ければ楽々ですが、少ない筋肉量では曲げるのはしんどいです。だから、同じ動作なら筋肉量が少ない方が筋肉にかかる負担が大きくなり、疲労しやすくなります。また、筋肉が減少すると体を正しい位置で支えられなくなり、歪みや重心のズレなどが出てきます。ですから筋肉の衰えも腰痛を招く一つの原因となります。

まとめ

たまたまぎっくり腰になったのではなく、ぎっくり腰にならざるを得ない体の環境になっていてぎっくり腰になってしまったと自覚することが大事です。そして「痛くなくなったからもう治った!」と、以前と同じ生活に戻ってしまったら、またぎっくり腰を繰り返してしまいます。今後は今までの生活や体の環境を見直し、日常を変えることが必要です。


←前のコラムを読む
整骨院えんの腰痛治療は

整骨院えんのホームページ 施術料金 施術日

この記事を書いたプロ

整骨院えん [ホームページ]

柔道整復師 岸本好正

京都府京都市中京区西ノ京北壺井町88-1 二条プラザ1F [地図]
TEL:075-811-6130

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
施術料金

整骨院の施術メニューは「整体」のひとつだけです。◆料金◆5,400円(初回は初診料1,000円+5,400円)※最後の診察から2ヶ月経過したら初診料がかかります・健康...

施術日
2017年12月の施術日

月・木・・・9:00~13:00 16:00~20:00 日 ・・10:00~17:00

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
岸本 好正(きしもと よしまさ)プロ

問診で症状の原因を見極め、施術とセルフケアにより改善を目指す(1/3)

JR円町駅から徒歩約5分の場所にある「整骨院えん」。自律神経失調症、腰痛、肩こりといった慢性的な症状に悩む人が多く訪れています。朗らかな笑顔で迎えてくれるのは、柔道整復師の岸本好正さんです。「『しっかり動いて、ぐっすり眠り、おいしく食べて、...

岸本好正プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

イラスト入りのアドバイスで、自宅でも楽しくセルフケア

医院名 : 整骨院えん
住所 : 京都府京都市中京区西ノ京北壺井町88-1 二条プラザ1F [地図]
TEL : 075-811-6130

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-811-6130

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸本好正(きしもとよしまさ)

整骨院えん

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

腕を上げると肩が痛かったのですが、着替えがしやすくなりました

着替えが痛くて不自由になって何とかしないとと思い予約しま...

S.Y
  • 女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
自律神経失調症のパターンは大きく分けて2つ
イメージ

自律神経失調症は頭痛やめまいがする人、動悸が激しくなる人、下痢を繰り返す人など症状は様々です。しかし、自律...

[ 自律神経失調症 ]

自律神経失調症「話す」よりもっと大事なこと
イメージ

自律神経失調症の患者さんはお話を聞くことから始めます。これは「話す」ことで本人さえ気付いていない心の引っ掛...

[ 自律神経失調症 ]

朝食は食べるを選択したときの注意点
イメージ

健康のためには朝食は「食べた方が良い」「食べない方が良い」と全く逆の説があります。中には1日1食でよいといっ...

[ その他 ]

朝ごはんは食べる?食べない?本当はどっちがいいの
イメージ

世の中にはいろいろな健康法があります。中には全く逆のことがそれぞれで良いとされるものもあります。朝食もその...

[ その他 ]

体づくりでジムへ行ったけど…こんな時続ける?止める?
イメージ

一念発起してジムやヨガ教室に行ってみたらその後から、体はだるくなったし、痛いところも出てきた等々なんだか調...

[ ストレッチ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ