コラム一覧 :足・膝

1件~15件(15件)

外反母趾対策で腰が楽になる

イメージ

外反母趾の方は、足の筋肉がうまく使えていないことが多く、ここにアプローチすることで「痛みが楽になった」「靴が履きやすくなった」といった例がありその延長上に「腰痛が楽になった」といった方もおられます。 足指の骨と骨の間の筋肉 足指の骨と骨の間の筋肉を使わないままでいると、... 続きを読む

足・膝

2016-08-04

朝方に足がつる原因と対策

イメージ

「最近朝方になると足がつることが多いのですが」といった相談を受けました。年齢と共にこういった症状が出てくる傾向にありますが、若くても足がよくつる方もいらっしゃいます。足がつるのは、水分不足、カルシウムやビタミン、ミネラルなどの栄養不足なども原因と言われていますが、それだけで... 続きを読む

足・膝

2016-05-16

膝の痛みと体重、何キロ増えたら影響があるか

イメージ

膝が痛む原因のひとつに体重増加があります。膝は膝ののお皿の断面で体重を支えるわけですから体重が増えたら負担は増えるという事です。これはよく言われるので「知ってる」とおっしゃる方も多いと思います。が、じゃあどれくらい増えたら影響が出てくるのでしょうか  2リットルのペットボト... 続きを読む

足・膝

2016-04-21

膝の内側が痛む!!内ももを鍛えて回避する

イメージ

・膝の内側が痛い・膝と膝の間が以前より開いてきた気がする・・・そんな方は痛みが今なくても要注意です。O脚やガニ股といったように膝と膝が開いてしまうと膝関節の内側が当たるようになってきます。そのまま放っておくと膝の内側に痛みが出てくる可能性があります。今から回避でき... 続きを読む

足・膝

2015-11-13

足首を柔らかくすると膝の痛みが楽になる

イメージ

歩き始めや、階段などで膝に痛みを感じるが、走り出すと痛くない。痛みがあるなら走れそうもないと思いますが、実際は走ると楽になる…これはもしかすると、立っているときの荷重のかけ方が原因かもしれません。歩いたり階段を上る動きと、走る動きで体重のかかる場所や荷重が変わるので痛みがなくな... 続きを読む

足・膝

2015-05-07

座っていると膝が開く!意識する筋肉は?

イメージ

座っていて時間が経つとだんだん膝と膝が開いてしまう事があります。男性は多少開いていても見た目に問題ありませんが、女性はちょっと改善したいところですね。気が付くと膝と膝が開いている。そんな方は内ももの筋肉が落ちてきているかもしれません。 内ももの筋肉が落ちるとどうなるか ... 続きを読む

足・膝

2015-04-25

外反母趾グッズ!効果のアップする使い方

イメージ

外反母趾用のグッズがいろいろ出ています。患者さんの中にも「これ使ってるんですがどうでしょう?」と聞かれることがあります。内側に傾いてしまった骨の傾きをもとの位置に戻して固定するといったタイプのものが多いようです。親指を外に広げてやるのはいいのですが、挟んでおしまいではなく、も... 続きを読む

足・膝

2015-04-20

足のむくみになぜ運動が良いのか

イメージ

 むくみってどんな状態? 細胞と細胞の間は間質液で満たされています。細胞の周りに必要以上の間質液がある状態がむくんでいる状態です。本来、間質液は血管の中に再吸収されて心臓に戻って行くのですが、何らかの理由で再吸収されないとむくみとなってしまいます。間質液が血管やリン... 続きを読む

足・膝

2015-04-17

ジャンパー膝!恐怖心からバスケに抵抗が…

イメージ

 ジャンパー膝とは 「ジャンパー膝」「ジャンパーズニー」「膝蓋腱炎」と呼ばれるもので、ジャンプをする競技や走る競技、ダッシュ系の競技で発症します。膝のお皿の下の靭帯が炎症を起こします。初期では違和感くらいですが徐々に走ったりジャンプしたときに痛みを感じるようになります。運動... 続きを読む

足・膝

2015-03-29

夕方になると気になる足のむくみ!解消方法

イメージ

仕事が終わって帰ろうと靴を履き替えたらブーツがきつい!むくみは太って見えるなど見た目が悪いだけではありません。放っておくと「だるい」「重い」「冷える」といった不具合が出てきます。むくみは足の体液の循環が悪くなっている状態です。ふくらはぎがむくむことが多く、ふくらはぎだけ... 続きを読む

足・膝

2015-02-25

若くても痛い!膝の痛みの原因

イメージ

膝を動かすと痛く、レントゲンを撮ったけど骨に異常は見られない。または、少し軟骨が減ってるけど処置の必要はないと言われた。どうして膝は痛くなるのでしょうか? 体重増加 まず膝はどうなっているのか見てみましょう。膝の断面は小さいものです。その小さい断面で体重を支え... 続きを読む

足・膝

2015-02-17

20代30代まっすぐ立っているのに膝が曲がっている?

イメージ

みんなで撮った集合写真。自分の姿をよく見てみるとまっすぐ立っているのになんだか膝が曲がって見える!!なんだか年とってるみたい!!過去に膝の怪我の覚えもなく先天的に骨格が曲がっているわけでもないこんな場合注目するのは脚の後ろ側の筋肉です。 筋肉の伸びが悪いと膝は... 続きを読む

足・膝

2015-01-26

手術後の膝は動かして回復させる

イメージ

スポーツ中に膝を痛めてしまい半月板の手術をした。スポーツをもう一度やりたいけれどすっかり治ってからでないと不安。また悪くなったらダメだと思いなるべく動かない生活をしている。これ間違いです。どんどん動かしてください。 徐々に動かす量を増やす 今まで極力動か... 続きを読む

足・膝

2015-01-11

膝の水は抜かない!日常での注意点

イメージ

 なるべく抜かずに自己回復を! 当院ではなるべく水は抜かずに自己回復を促すようにしていますが、溜まった水の圧迫で痛みが出るようなら病院で抜いてもらうのをお勧めします。また、抜いても抜いても溜まる原因が解消されなければまた水は溜まります。 膝への負担を減らす... 続きを読む

足・膝

2015-01-07

働く足のむくみを解消!足を上げて寝るときの注意

イメージ

 足がむくんだ状態って? 当院でも、化粧品の販売員、レジ担当、Webデザイナー、telオペレーター、料理講師など立ちっぱなし、座りっぱなしの仕事の方に多く足のむくみが見られます。足の筋肉を動かさない状態が続くことで足のむくみが出やすくなってきます。・靴下の跡が消えない・指で... 続きを読む

足・膝

2014-12-13

1件~15件(15件)

RSS
施術料金

整骨院の施術メニューは「整体」のひとつだけです。◆料金◆5,400円(初回は初診料1,000円+5,400円)※最後の診察から2ヶ月経過したら初診料がかかります・健康...

施術日
2016年9月の施術日

月・木・・・9:00~13:00 16:00~20:00日・祝・・・10:00~17:009/19(月) 9/22(木)は祝日時間です

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
岸本 好正(きしもと よしまさ)プロ

問診で症状の原因を見極め、施術とセルフケアにより改善を目指す(1/3)

JR円町駅から徒歩約5分の場所にある「整骨院えん」。自律神経失調症、腰痛、肩こりといった慢性的な症状に悩む人が多く訪れています。朗らかな笑顔で迎えてくれるのは、柔道整復師の岸本好正さんです。「『しっかり動いて、ぐっすり眠り、おいしく食べて、...

岸本好正プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

イラスト入りのアドバイスで、自宅でも楽しくセルフケア

医院名 : 整骨院えん
住所 : 京都府京都市中京区西ノ京北壺井町88-1 二条プラザ1F [地図]
TEL : 075-811-6130

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-811-6130

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸本好正(きしもとよしまさ)

整骨院えん

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

前向きに治療ができた

近所で診てもらった時は電気を当てもらうなど、その場でする...

Y.K
  • 10代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ぎっくり腰の原因!考え方を改めないと繰り返す
イメージ

ぎっくり腰は「荷物を持った時になった」「車から降りようとしてなった」「振り返った拍子になった」など何でもな...

[ 腰痛 ]

外反母趾対策で腰が楽になる
イメージ

外反母趾の方は、足の筋肉がうまく使えていないことが多く、ここにアプローチすることで「痛みが楽になった」「靴...

[ 足・膝 ]

不明瞭なストレスと自律神経失調症
イメージ

自律神経が乱れる原因に「ストレス」があります。ご自身で原因が明確に自覚できるストレスはまだいいのですが、自...

[ 自律神経失調症 ]

朝方に足がつる原因と対策
イメージ

「最近朝方になると足がつることが多いのですが」といった相談を受けました。年齢と共にこういった症状が出てく...

[ 足・膝 ]

膝の痛みと体重、何キロ増えたら影響があるか
イメージ

膝が痛む原因のひとつに体重増加があります。膝は膝ののお皿の断面で体重を支えるわけですから体重が増えたら負担...

[ 足・膝 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ