コラム

2010-10-25

アスパラガスの耐用年数


備品や機械の減価償却資産に耐用年数があるように、アスパラガスにも耐用年数があるのをご存じでしょうか。

耐用年数だって?
 建物や機械、自動車などのように、長期に亘って利用されることによって価値が減少していく資産に耐用年数が設定されています。数量的に費消されていくことが予定される物である消耗品や転売目的資産には耐用年数はありません。それで、アスパラガスは?

生産者サイドのこと
 野菜のアスパラガスが長期の利用資産には思えないところですが、家庭や料理店などのアスパラガス消費者サイドのことではなく、アスパラガスの生産農家のところでの話です。

「減価償却資産の耐用年数等に関する省令」には確かに11年と書かれています。なお、平成20年4月前まではずっと10年でした。

 アスパラガスとは、「たくさん分かれる」というギリシャ語が語源だそうで、新芽という意味といわれています。根に細いイモのような貯蔵根がたくさんあって、それに蓄えた栄養で一つの株から、まるで細い竹の子のように地面をおしのけて、次々と新芽が萌え出てきます。それが町の八百屋さんで売られているアスパラガスです。その芽の何本かを残して葉を茂らせ、根に栄養分を送り翌年の収穫に備えます。種をまいて2~3年後から収穫でき、そのまま育てるとかなり大きくなり、一度植えたら20年近く収穫できるようです。

桃栗3年、柿8年

 アスパラガスに耐用年数があるなら、他の植物は? と思ってみてみると、「桃栗3年、柿8年」ではなく、桃は15年、栗は25年、柿は36年でした。

 36年とは長いですね。それなら、柚子(ゆず)は? と思ってみてみると、「ゆず」という分類はなくて、柑橘類の「その他」という分類で見ることになって、こちらは30年でした。柚子は遅咲きのくせに、それほど長命ではないのかもしれません。植物の中では柿が最長命で、最も短命なのはパイナップルのようです。耐用年数は3年となっています。

この記事を書いたプロ

京都税理士法人<江後経営グループ> [ホームページ]

税理士 江後良平

京都府京都市南区吉祥院九条町30-1 江後経営ビル [地図]
TEL:075-693-6363

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
江後良平 えごりょうへい

資金繰りの強さが自慢! 中小企業の経営を総合的にコンサルティング(1/3)

 中小企業が抱えるあらゆる問題点をトータルにサポートし、経営全体をコンサルティングする江後経営グループ。グループ全体で約50名の社員が在籍しており、大阪市と滋賀県にも支社を展開するなど、その規模は京都府内でもトップクラス。税務会計業務を中心...

江後良平プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

会社名 : 京都税理士法人<江後経営グループ>
住所 : 京都府京都市南区吉祥院九条町30-1 江後経営ビル [地図]
TEL : 075-693-6363

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-693-6363

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

江後良平(えごりょうへい)

京都税理士法人<江後経営グループ>

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
知っておきたい『社員が出産・育児をする時』

※妊娠・出産から職場復帰まで 従業員が妊娠、出産した場合、健康保険や厚生年金保険、雇用保険の手続きが必要に...

所得税の確定申告 誤りを発見したとき!(平成23年度税制改正:更正の請求期間の延長)

 確定申告も終わりホッと一息です。終了した申告の関連資料を整理している過程で誤り(税金を過少又は過大)を発...

相続税 基礎控除の変遷

 平成24年度の税制改正においても、基礎控除を4割圧縮(基礎控除5,000万円から3,000万円、法定相続人1人当たり1,0...

失業給付自己都合退職でも給付制限なし

※自己都合退職は原則給付制限あり 雇用保険の失業給付を受ける時には、離職理由で給付日数が異なりますが、離職...

21年国税統計から見る民間給与と日本の実相

現在の世相を表すように、日本における給与所得者の年間源泉徴収税額も減少しているようです。詳しくはこちらか...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ