コラム

2011-09-02

絶対にコストダウンしてはいけないポイント~その5

コストダウンしてはいけないポイント~その5



感覚的に気になる部分


家の住み心地に直結する部分もコストダウンしてはいけません。



それは例えば、断熱材や防音にかかわる部分です。



特に断熱材については、これがしっかりしていると、暮らし始めてからの

冷暖房のコストも抑えられます。



基礎や構造などと同様、「後からリフォームで変えられない」という点からも

最初にしっかりとお金をかけておいたほうがいいでしょう。



ちなみに、断熱の工法は大きく分けて、「内断熱(充填断熱)と「外断熱」が

ありますが、私は断然、外断熱をお勧めします。



確かに、工事費は充填断熱よりも高いですが、外断熱には、家の柱や

土台などの構造材を壁内結露から守る効果があります。



つまり、外断熱のほうが、家の天敵ともいえる、結露を少なく抑えることが

出来るのです。



私の場合、特に寒がりなのでかも知れませんが、本当に家の快適さは

冷暖房1台でも全く違います。



全国的に、エコや節電が進められている時代に、正に、最先端のエコロジーな

住宅だと言えるのではないでしょうか。



どうしても、予算的に外断熱が出来ないという場合は、せめて、断熱材の材料を

十分に検討しましょう。



一般的に、断熱材には、沢山の種類がありますが、一番よく使われているのが

グラスウールという断熱材です。



しかし、このグラスウールは、コスト的には安価なのですが、断熱材の性能的には

あまりいいものではありません。



まさかの時の火災にも弱いとも言われていますので、一概に断熱性能を上げるために

少しでも厚めのものを使うのは避けたほうがいいでしょう。



比較的安価で、断熱材としても性能が安定しているのは、「ロックウール」という

断熱材です。



グラスウールに比べると、同じ断熱効果で、約三分の二程度の厚さで施工できます。



この他にも、最近ではいろんな断熱材が出てきていますので、あなたの家を守る

ためにも、一度、プロに聞いてみるといいでしょう。



ただ、住宅会社によっては、自分の会社で使っている断熱材が一番ですという

会社も実際にはありますので、自分なりにも調べたり、数社のプロの意見を

聞いてみるのもいいかもしれません。



二点ほど、外断熱のコスト面以外でのデメリットをお伝えしておきます。



それは、家の気密性によって、断熱効果が左右されるため、しっかりとした

気密工事が必要になり、どの程度の気密が出来ているのか、きっちりと

「気密検査」をしなければいけない事です。

この気密測定の数値によっては、せっかくの外断熱の威力も半減してしまいます。

数値的には、一般的には5.0以下とされていますが、実際には1.0以下にすることを

お勧めいたします。数値は小さいほど、その家の気密が高いということです。



もう一つのデメリットは、気密が高いということは、家の中で燃焼するような

ファンヒーターなどは、燃焼するときに発生する一酸化炭素や水蒸気などの影響で

使えないという事です。もし、このような暖房器具を使うと、家の中が結露してしまいます。



今では、住宅に関する「次世代省エネ基準」というのが、結構、緩和されて、充填断熱でも

十分に最高等級をクリアできるようになりましたが、あくまでも、緩和されているだけなので

断熱性能的には、どれも同じではないと認識してください。



「うちの断熱材は、省エネ基準等級4だから大丈夫ですよ」と住宅営業マンはいいますが

同じ等級4でも、性能が違う断熱材が沢山あるのです。



大切なのは、断熱材の性能をちゃんと理解して、その性能を十分に発揮できるように

しっかりと施工するということが重要です。



次回は「コストダウンしてはいけないポイント~その6」をお伝えいたします。


[[フェイスブック http://www.facebook.com/home.php#!/hchuzi]]


滋賀で1157人が読んでいるメールセミナーはコチラ^^

*********************************

これから家づくりをご検討される方、将来家づくりをされる方、必見です!
住宅業界の常識と断固戦う!本当に安くていい家の秘訣満載です!

『失敗しない安くていい家をつくる秘密とは・・・』
メールマガジン(完全無料)

配信希望の方は、コチラ↓をクリックして登録をお願いします。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=88933

*********************************

これであなたの家づくりは必ず成功します!!

この記事を書いたプロ

株式会社フィックスホーム [ホームページ]

一級建築士 厨子浩二

滋賀県栗東市下鈎1191番地1 [地図]
TEL:0120-52-5033

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
イメージ

栗東市 A様の声です。

サービス・商品

東近江市にお住まいの方でモデルハウスのモニター様を募集します。 「今、家づくりをはじめていいのかなぁ・・・」とお迷いではないですか? 多くの子育て...

 
このプロの紹介記事
株式会社フィックスホーム代表 厨子浩二さん

家づくりで絶対に失敗したくない! そんな人のための工務店です(1/3)

「とにかく、家づくりで失敗してほしくない」 滋賀県栗東市の工務店「株式会社フィックスホーム」の代表取締役、厨子浩二さんはその思いを伝えるために、ホームページには余すことなく家づくりのポイントを紹介し、さらには自ら著書「後悔しない家づくり」...

厨子浩二プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

ハウスメーカーよりも700万円も「安くていい家」をつくること!

会社名 : 株式会社フィックスホーム
住所 : 滋賀県栗東市下鈎1191番地1 [地図]
TEL : 0120-52-5033

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-52-5033

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

厨子浩二(ずしこうじ)

株式会社フィックスホーム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
✩引渡し後のトラブル発生時の対応方法✩
イメージ

☆トラブル発生時の対応方法☆http://blog.with2.net/link.php?1624840クリックしていただけたら嬉しいです♪...

[ 失敗しない家づくり ]

☆完成が近づくと、あなたの仕事も満載?☆
イメージ

☆完成が近づくと、あなたの仕事も満載?☆http://blog.with2.net/link.php?1624840クリックしていただけた...

[ 施主検査 ]

子育て世代にピンチが・・・。

子育て世代の方にとっては、昨日の「子供手当て」の問題は、もう人ごとではありません。「子供手当」と「児童手...

失敗しないための鉄則!!

ー失敗しないための鉄則!!ー「今は間違いなく家の買い時ですよ」「家を買うのに今を逃すと損ですよ」どこ...

予算内で納得のいく土地を見つける方法!!

予算内で納得のいく土地を見つける方法!!土地よりも家づくりプランが先?! 家づくりの際には、多くの方が...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ