コラム

 公開日: 2012-05-11  最終更新日: 2014-07-03

「なぜ構造計算ミスや欠陥住宅は出来るのか?」

「なぜ構造計算ミスや欠陥住宅は出来るのか?」

ごめんなさい。今日は少し話を中断して、この問題について
お話しさせてください。

今頃になって、あの東日本大震災によって起きていた、

事故の問題が発覚しています。


東京の町田市の大型スーパーで起きていた、駐車場のスロープ

の崩落事故です。

この事故は、一部の報道機関しか取り上げていないため、あまり

テレビのニュースではやっていませんでしたが・・・。



構造計算ミス



ニュースや記事によると、どうも構造計算ミスが原因だと・・・。


この問題の記事を見て、私もそうですが、皆さんも思い出したのでは

ないでしょうか?


そうです。あの「構造計算偽造事件」俗にいう「姉歯事件」です。


今回のミスと偽造とは、意味が違いますが、結果的には同じこと。


確かに、人間ですからミスはあります。

しかし、ミスを見逃してしまう行政や、チェック機能にも問題があるのです。


ミスであろうが、偽造であろうが、それをチェックしているところが

いい加減なのではないかと思います。

私も、一級建築士なので良くわかるのですが、建築基準法や行政の

法律関係などを見ていると、建築士の立場を考慮してかどうかはわかりませんが、

最後の言い回しなどに、「一級建築士の判断による」とか書いてある文面も良くあります。


確かに、社会的信頼度が高い資格であるのかもしれませんが、

いくら知識や経験があったとしても、誰しもがミスを犯してしまうことは

起こりえます。


今回の問題でも、意匠図と違った計算をしているからだと書いていましたが、

もしそうだとしたら、意匠図を書いた人が、気づくべきなのかもしれません。


一番問題なのは、「ミスを隠そうとすること」です。


今までの「構造計算偽造」や「耐震不足建築物」や「欠陥住宅」などが

出来てしまう原因は、ほとんどが、建築業界の古い体質による

下請け、孫請けによる、報酬額の問題から起こっています。


つまり、実際に仕事をする人には、その労力ほどの報酬が支払われていない

ため、どうしても手抜き工事などが起こってしまうのです。

これは、建築業界自体が恥じるべき事であって、今までの業界の悪態を

なくしていかない限り、また忘れたころに起こってしまいます。

いや、全国的には日常茶飯事で起こっていると言っても過言ではありません。


小さな問題から犠牲者が出るような大きな問題にいたるまで、

たくさんの建築に関する問題は起こっています。

大きな事故や問題しか知らされていないだけです。


大手ゼネコン会社などが手掛ける建築工事などは、ほとんどが

下請けから孫請け、そのまたひ孫請けまでに工事がわたるのが

当たり前です。たしかにそれで潤っている人たちが多いのも現実にあります。

何が悪いのか?


実際に仕事をする人にわたるお金、つまり、孫請けやひ孫請けをしている

会社の請負額が工事の内容からすると本来、到底、出来ないような金額に

なってしまっているから、やりたくても出来ないのが現実なのです。


実際に私の会社も以前は下請け工事をたくさんしていたので

身に染みてわかりますが、ほとんど利益なんて上がりません。


一つでもミスがあればすぐに赤字の工事になってしまいます。


発注している側は、本当はわかっているはずなのです。


こんな業界の悪い体質が改善されない限り、何度も何度も

同じような「構造計算偽造問題」や「欠陥住宅」の問題などは

起こることでしょう。

私たちは、こんな業界の常識、悪態と断固戦います!

現役慶応ボーイの社長の滋賀咲くブログはこちら
http://kojizushi.shiga-saku.net/

フィックスホームのフェイスブックページはこちら
https://www.facebook.com/home.php#!/fixhome.jp

お陰様で500棟を超えました!!施工事例はこちら
http://www.fixhome.jp/case/09.html

滋賀の湖南地域の無料土地情報宅配便はこちら
http://www.fixhome.jp/request/index.html

失敗しない為の家づくりメールセミナーはこちら(完全無料)
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=88933

この記事を書いたプロ

株式会社フィックスホーム [ホームページ]

一級建築士 厨子浩二

滋賀県栗東市下鈎1191番地1 [地図]
TEL:0120-52-5033

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
イメージ

栗東市 A様の声です。

サービス・商品

東近江市にお住まいの方でモデルハウスのモニター様を募集します。 「今、家づくりをはじめていいのかなぁ・・・」とお迷いではないですか? 多くの子育て...

 
このプロの紹介記事
株式会社フィックスホーム代表 厨子浩二さん

家づくりで絶対に失敗したくない! そんな人のための工務店です(1/3)

「とにかく、家づくりで失敗してほしくない」 滋賀県栗東市の工務店「株式会社フィックスホーム」の代表取締役、厨子浩二さんはその思いを伝えるために、ホームページには余すことなく家づくりのポイントを紹介し、さらには自ら著書「後悔しない家づくり」...

厨子浩二プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

ハウスメーカーよりも700万円も「安くていい家」をつくること!

会社名 : 株式会社フィックスホーム
住所 : 滋賀県栗東市下鈎1191番地1 [地図]
TEL : 0120-52-5033

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-52-5033

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

厨子浩二(ずしこうじ)

株式会社フィックスホーム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
✩引渡し後のトラブル発生時の対応方法✩
イメージ

☆トラブル発生時の対応方法☆http://blog.with2.net/link.php?1624840クリックしていただけたら嬉しいです♪...

[ 失敗しない家づくり ]

☆完成が近づくと、あなたの仕事も満載?☆
イメージ

☆完成が近づくと、あなたの仕事も満載?☆http://blog.with2.net/link.php?1624840クリックしていただけた...

[ 施主検査 ]

子育て世代にピンチが・・・。

子育て世代の方にとっては、昨日の「子供手当て」の問題は、もう人ごとではありません。「子供手当」と「児童手...

失敗しないための鉄則!!

ー失敗しないための鉄則!!ー「今は間違いなく家の買い時ですよ」「家を買うのに今を逃すと損ですよ」どこ...

予算内で納得のいく土地を見つける方法!!

予算内で納得のいく土地を見つける方法!!土地よりも家づくりプランが先?! 家づくりの際には、多くの方が...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ