コラム

2014-06-11

企業戦士のためのワークライフバランス講座~はじめに

厳しい経済環境の中で、生き残りをかけて各企業はぎりぎりの戦いをしておられます。企業が生き残るために、経営者の方も社員の方も、毎日一生懸命働いておられます。

そんな企業の方々は、社員の方にどんなことを求めておられるのでしょうか。
http://doda.jp/guide/saiyo/003.html

この調査から、「決められた仕事を遂行できる」人物よりも、「組織目標を達成するために、自身は何ができるかを、柔軟な思考と広い視野で考え実行できる」人物が求められていると結論されています。この能力を持ってもらうために、どういったことをしていけばいいのでしょうか。
まず「積極性」について考えます。この記事では「組織目標を達成するために何をやるべきかを、自ら考え実行できる積極性」とあります。組織の中で自分がすべきことを考えるためには、まず自分が組織を動かすんだという自覚が必要です。そのためには、組織への帰属意識が必要です。この組織でやっていくんだという決意です。これがまず必要です。
家庭内でも、特に核家族化した今、お父さんがお客さんでは家庭はまわりません。家族の情報や学校地域社会の動きを冷静に見つめ責任ある決断をしていくお父さんの立場は、家族全員の責任をかぶる重い立場です。お父さんという仕事を全うできれば、会社で責任ある仕事をするレディネスはできていると言えます。
また、「柔軟な思考と広い視野」ですが、従来のやり方にとらわれない自由な発想は、実は訓練しなければ出てきません。職場では、その職場に従来からある発想にとらわれてしまい、オリジナルの考えを伸ばすことができません。社員さんが職場だけの世界にしか生きていないのなら、オリジナルの考えを出すことは難しいのです。今異業種交流が流行っていますが、これもいろんな発想の人とかかわることで自分オリジナルの発想を鍛える場として活用されています。ただ、異業種交流ももちろんいいのですが、この訓練をするのに一番手軽で適している環境は、自由な発想が受け入れられ、いろんな世代が集まる家族です。そこで、「自分はこう考える」を披露して、ほかのメンバーから受け入れられ考えをもまれて実行して反省して。よほどのワンマンな家庭でなければ、家庭を回すためにこのブレインストーミングが行われています。

さらにこの講座では「企業で戦力になる社員さんに長く勤めてもらう」ことを目標にしています。
戦力になる社員さんとは、
①仕事の技術や対人関係のスキルを持つ
②体力があり、健康である
③こころが安定している
の3つの要素が考えられます。

① お父さんとして奥さんや子どもと付き合うことから対人関係のスキルを磨くことができます。子どもは、大人にはない自由な発想で、時に考えられないようなことを言ったりしたりします。また、子どもは理詰めで説教しても理解してくれませんし受け入れてくれません。子どもに言うことをきかせるためには、ごりごりと親の言うことを押し付けるのではなく、子どもの言い分を聞いてその問題点を見つけてどうやっていけばいいのかいっしょに考える、問題解決型の子育てがいいとされています。そんな子どもたちとつきあうのは、問題解決型の仕事運営を学ぶのに役立つと同時に、いろんな人間と交渉するいい訓練になります。
② また、仕事人としては休養回復の場である家庭生活を充実する必要があります。人間、気持ちだけで動くことはできません。健康な体があってこその仕事です。今までは、仕事で体を壊すことが自慢になったかもしれませんが、それではベストコンディションで長く勤めることはできません。食事や睡眠、風呂など、基本的な生活を安定させてこその仕事です。
③ さらに、安定した家庭生活は、安定したこころの維持に欠かせません。人間の行動や発想は、こころの状態に大きく左右されます。こころが不安定であれば、いくら健康な体や明晰な頭脳を持っていても、それらの力を発揮することはできません。職場での心地よい人間関係はもちろんですが、家庭でこころを安定させることも、勤労意欲に直結します。私の相談室に来られる親御さんもお仕事を持っておられる方がたくさんです。子どものことで学校や警察に行ったりで仕事の時間を取られたり、子どもが心配でしょっちゅう電話やメールをしたりで、仕事に身が入りません。仕事の時間は家庭のことを考えなくてもいい状態にすることが必要ではないでしょうか。

「戦力になる社員さん」に長く勤めてもらうことは、
①企業内にスキルの蓄積を可能にする
②社員の会社に対する責任感を醸し出す。
の2つの効果が期待できます。社員さんは、お給料がいいだけでなく、職場環境がいい働きやすい職場なら長く勤めたいと思っています。その職場環境をよくするためには、新しい机やきれいな部屋といったハードの面だけでなく、人間関係などソフトの面もあります。そのソフト面での環境の中に、社員さんのプライベートへの配慮も含まれます。社員さんは職場だけで生きているのではないのです。職場と家庭はつながっていて、お互いが影響しあっています。社員さんの家庭に気配りすることは、実際の職場環境にもいい影響を与えます。

また、ワークライフバランスに取り組む企業の姿勢は、社員さん採用の時にプラスの印象を与えます。こちらをご覧ください。
http://ameblo.jp/inorasenai/entry-11155908024.html

就職活動をする学生さんが企業に求めるものです。ざっと見ると、もちろんお金だ、っていう意見もありますが、やはり目につくのは「やりがい」、「成長できる」、「社会貢献」、「長く勤められる」といった言葉です。就職活動をする学生さんに訴えかけなければならないこととしては、「戦力になる社員さんが長く勤めている会社だ」ではないでしょうか。

「社会貢献」という言葉がありましたが、お父さんであることは、家族の一員にとどまらず地域社会の一員としての役割も果たすことになります。今、ご近所づきあいがなくなりつつあると言われています。隣のおうちの名前も知らないなんてことも多々あるようです。ご近所づきあいは、自分の家庭を孤立させないために不可欠であると同時に、いろんな世代の異業種交流の場でもあります。たとえば子どもたちやお年寄りとの関わりを通して人間としての成長もできますし、さまざまな年齢層のニーズを直接知ることができますから仕事のヒントをもらえることもたくさんあります。学生さんが考えている社会貢献はもっと大きな規模のことかもしれませんが、大きな規模の社会貢献をするためには、小さな規模でニーズをくみ取り実現していける力が必要です。ミクロな発想なくしてマクロな発想は出てきません。

このように、家庭をたいせつにすることは、会社を大事にすることに直結します。仕事上のスキルを上げることはもちろんですが、それ以上に家庭をたいせつにできる会社が、これから求められるのではないでしょうか。

講座だけでなく、子育てしやすい環境を作るためのコンサルティングもします。
社会保険労務士の先生ともタッグを組みながら、社員さんの子育てするにあたってのニーズを掘り起し、それらをかなえるために会社ができることを一緒に考えます。直接仕事にかかわることももちろんですが、社員さんの目を子どもさんに向けるための仕掛けを作ります。たとえば、社内のお父さんサークル、お母さんサークルのプロデュース、社員さんの子育て相談など。各企業様のニーズにあわせて、子育てを軸にした職場環境の整備をお手伝いします。

---------------------------
お問い合わせは右上のお問い合わせフォームから。なんでも話してくださいね。

こちらもご覧ください。
ご相談の流れ
料金等

この記事を書いたプロ

船越教育相談室 [ホームページ]

船越克真

京都府京都市下京区綾小路烏丸西入童侍者町161 綾小路スクエア307号室 [地図]
TEL:075-344-1185

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
ご相談の流れ

当相談室の電話は24時間365日対応です。なんて言っていいのかわからなくても,お話しする内容がまとまっていなくてもけっこうです。「つらい」とか「しんどい」...

料金等

基本料金:5000円/月これには,メール相談,電話相談(1回15分程度)を含みます。メール相談のみは基本料金でご利用いただけます。面談,出張面談,電話...

 
このプロの紹介記事
京都市内で教育相談室を開設した船越克真さん

不登校、非行、発達障害…子育ての悩みを一緒に乗り越えましょう(1/3)

 中学校や特別支援学校の講師、少年院の法務教官などを経験し、さまざまな支援機関で20年以上、活躍してきた船越克真さん。引きこもりや不登校、非行、発達障害などで悩む親や子どもを支援する教育相談室を2012年に立ち上げました。 「子どもに何...

船越克真プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

子どもだけでなく、親の苦しみを受けとめるカウンセリング

店名 : 船越教育相談室
住所 : 京都府京都市下京区綾小路烏丸西入童侍者町161 綾小路スクエア307号室 [地図]
TEL : 075-344-1185

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-344-1185

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

船越克真(ふなこしかつまさ)

船越教育相談室

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
「元少年院の先生が教える~思春期の子育てお悩み解決本」

思春期の子育て本を書きました。長年思春期の子どもと向き合ってきた経験をもとに,思春期をどう理解するのか...

[ 子育て ]

講演・セミナー・勉強会などお考えの方へ

講演・セミナー・勉強会などの集まりに呼んでいただければ,公的な機関主催の大きな集まりでも,お友達の集まりな...

[ 講演・セミナー ]

当相談室のカウンセリングについて

カウンセリングといえば,なにを思い浮かべられますか?こころの病気になったときにお世話になるカウンセリングを...

[ 子育て ]

個別指導部について

当相談室には,学校の勉強についていけない,復学や進学のために勉強をしたい,そんなお子さんや大人のために個別...

[ 子育て ]

子育ての責任者

子育ての責任っていうと,非行とか不登校とか,子どもが何かにつまづいたときによく言われます。この子がこうなっ...

[ 子育て ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ