コラム

 公開日: 2015-01-27 

なぜ薬物を使用するのか

意外かもしれませんが,薬物使用をする人の中には,禁止薬物は使用してはいけないことをわかっている人けっこういるんです。でも,やるんです。なぜでしょうか。

ひとつは,自分や立っているのが禁止薬物であると知らなかったパターンです。信用している人に,これは禁止薬物じゃないよと言われ,使用してしまう。今は危険ドラッグと言いますが,昔は脱法とか合法とか言われたドラッグ,あれがそうです。これはやっても捕まらないよと。そして警察に捕まってはじめて,禁止薬物だったことを知ります。

また,それが禁止薬物であると知っていたけど,むりやり使わされて依存症になり,抜けられなくなったパターンもあります。このむりやりには,おさえつけられて,っていうのもありますが,人間関係の維持のため,たとえば恋人や親しい友達からいっしょにやろうよと言われ,断ったらその人との関係がなくなってしまうと思い,使ってしまうというのも含まれます。実はこのパターンはけっこう多いと言われています。

さらに,薬物に対する誤解があるパターンもあります。薬物についての教育は学校でもけっこうされていて,やったらどうなるかは多くの子どもが理解しています。しかし,一方で子どもたちの中で,「~はやってもたいしたことないよ」とか「この程度ならやっても捕まらないよ」とかいったうわさが広がっています。もちろんこれらは間違っている場合がほとんどなのですが,子どもとしたら,大人が言っていることよりも,仲間内のうわさを信じてしまいがちですね。それで,大したことないと思ってやってしまう。

加えて,これが一番多いかもしれませんが,好奇心から禁止薬物を使用してしまうパターンです。実際やっている人がいて,その人が普通の生活をしている「ように見え」たり,楽しそうにしている「ように見え」たりすると,「やっても大丈夫かな」と思って,薬物に対するガードが緩みます。そこに薬物が目の前にあったら,自分も楽しくなりたいと思いやってしまう。

「知らなかった」と「むりやり」のおさえつけられてのパターンはしかたないとして,あとの「むりやり」の人間関係からの使用と「誤解」と「好奇心」のパターンでは,「やってはいけない」気持ちと「やりたい」気持ちとを天秤にかけて,「やりたい」気持ちが重くなってしまったまたは「やってはいけない」気持ちが軽くなってしまった結果,薬物を使用してしまうことになります。薬物をやりたいそもそもの気持ちは,もっと楽しくなりたいとか,親や学校や友達に対するストレスであったり,自分に対するいら立ちや,自分を過小評価してしまっていたりですが,それらの気持ちに対処する方法として薬物を検討するところに,問題の根があるのです。

ですから,目の前に薬物を置かないのも,薬物使用対策のひとつです。法律で,禁止薬物を売らないとか渡さないといった規定があるのはそのためです。目の前になければ,。検討の対象にはなりませんね。同時に,自分の気持ちの持って行先を薬物以外に向けるという指導もしていかなければなりません。

---------------------------
お問い合わせは右上のお問い合わせフォームから。なんでも話してくださいね。

こちらもご覧ください。
ご相談の流れ
料金等

この記事を書いたプロ

船越教育相談室 [ホームページ]

船越克真

京都府京都市下京区綾小路烏丸西入童侍者町161 綾小路スクエア307号室 [地図]
TEL:075-344-1185

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
ご相談の流れ

当相談室の電話は24時間365日対応です。なんて言っていいのかわからなくても,お話しする内容がまとまっていなくてもけっこうです。「つらい」とか「しんどい」...

料金等

基本料金:5000円/月これには,メール相談,電話相談(1回15分程度)を含みます。メール相談のみは基本料金でご利用いただけます。面談,出張面談,電話...

 
このプロの紹介記事
京都市内で教育相談室を開設した船越克真さん

不登校、非行、発達障害…子育ての悩みを一緒に乗り越えましょう(1/3)

 中学校や特別支援学校の講師、少年院の法務教官などを経験し、さまざまな支援機関で20年以上、活躍してきた船越克真さん。引きこもりや不登校、非行、発達障害などで悩む親や子どもを支援する教育相談室を2012年に立ち上げました。 「子どもに何...

船越克真プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

子どもだけでなく、親の苦しみを受けとめるカウンセリング

店名 : 船越教育相談室
住所 : 京都府京都市下京区綾小路烏丸西入童侍者町161 綾小路スクエア307号室 [地図]
TEL : 075-344-1185

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-344-1185

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

船越克真(ふなこしかつまさ)

船越教育相談室

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
「元少年院の先生が教える~思春期の子育てお悩み解決本」

思春期の子育て本を書きました。長年思春期の子どもと向き合ってきた経験をもとに,思春期をどう理解するのか...

[ 子育て ]

講演・セミナー・勉強会などお考えの方へ

講演・セミナー・勉強会などの集まりに呼んでいただければ,公的な機関主催の大きな集まりでも,お友達の集まりな...

[ 講演・セミナー ]

当相談室のカウンセリングについて

カウンセリングといえば,なにを思い浮かべられますか?こころの病気になったときにお世話になるカウンセリングを...

[ 子育て ]

個別指導部について

当相談室には,学校の勉強についていけない,復学や進学のために勉強をしたい,そんなお子さんや大人のために個別...

[ 子育て ]

子育ての責任者

子育ての責任っていうと,非行とか不登校とか,子どもが何かにつまづいたときによく言われます。この子がこうなっ...

[ 子育て ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ