コラム

2015-04-02

非行・不登校解決へのアプローチ~天秤理論

たとえば,車で道を走っているとします。その道の制限速度は40キロです。ですから40キロまでの速度で走らなければなりません。時間がたっぷりあるときは40キロまでのスピードで走る人でも,急いでいるときはどうでしょうか。やっぱり40キロまでのスピードで走る人もいれば,その時は40キロ以上のスピードを出してしまうかもしれません。その違いはなんでしょうか。

急いでる人の頭の中では,
1 この道は40キロまでで走らなければならない→40キロまでで走ろう
2 40キロ以上で走らなければ間に合わない。→40キロ以上で走ろう
この2つの考えが浮かびます。そしてこれらの考えのどちらをとるか,天秤にかけるのです。そして,1が下がれば,そのまま40キロまでのスピードで走ります。2が下がれば,40キロ以上のスピードを出します。

1が下がった人は問題ないのですが,2のほうが下がってしまった人に二度と速度違反をさせない,つまり1のほうを下げるためにはどうしたらいいのでしょうか。まず考えるのは,1を重くすることです。そのためによくされるのが,罰を与えることです。罰をもらったら,もう二度としないようにしようと思いますよね。それが,法律を守ろうとする気持ちを強くして,1を重くすることができる。これは,反則金や罰金などを払わせることですね。また,法律を守ることの大切さ,制限速度が決まっているのはなぜか,スピード出しすぎの危険などを教えることなどが考えられます。これは,違反者講習などでされていますね。

しかし、反則や罰金を払って,講習を受けたにもかかわらず,またスピード違反をしてしまう人もたくさんいます。そんな人は,法律を守ることとかスピードの危険とか,知らないのでしょうか。考えてみたら,そもそも講習を受ける前,免許をとるときにすでにそんなこと習っていますよね。知らないわけではないんです。でも,やってしまうんです。つまり,1を重くする「だけ」では足りないんですね。

そこで,2を軽くすることを考えましょう。このケースでは,「急いでいる」ことがキーワードになります。急いでいるために,1よりも2のほうが下がってしまったわけです。とすると,「急がなくてもいい」ようにすれば,スピード出す「必要」もないわけですので,当然1が下がります。「急がなくてもいい」ようにするためには,たとえば,一日の仕事や生活を計画的に時間割するとか,出かける用意をする時間を短くする単純化するとか,間に合いそうになければ先方に連絡して待ち合わせ時間を変更してもらうとか,そういったことをすることになるかと思います。

これは,ほかの犯罪や不登校にも言えることです。ものを盗むことをやめさせるには,ものを盗んじゃいけないと言い続けるだけでなく,ものを盗む「必要」をなくすこともしていかなければならない。学校に行くようになるためには,学校に行きなさいだけではなく,学校を休む「必要」をなくすこともしていかなければならない。どっちもしなければ,解決にはならないんです。

悪いことをするな,学校に行け。こんなこと子どもたちはよくわかっています。わかっていてやってるんです。いや,やってしまっているんです。決して1が軽いわけじゃないんです。2が重すぎるんです。2が重すぎるのに1も重くしたら,その天秤は壊れてしまいます。10キロしか量れない天秤に,1に3キロ,2に7キロのせて2が下がったからといって,1にもう5キロのせて8キロにしたら,全部で15キロのせることになって,この天秤は壊れてしまいますね。1のほうを下げたかったら,2のほうの重りを4キロ以上減らすこともしていかなければなりません。

私は,非行や不登校など子どもの直面する問題を,この天秤理論で考えます。1を増やす教育だけでなく,2を減らす教育もしていきます。そうしてはじめて,実のある教育ができると考えています。

---------------------------
お問い合わせは右上のお問い合わせフォームから。なんでも話してくださいね。

こちらもご覧ください。
ご相談の流れ
料金等

この記事を書いたプロ

船越教育相談室 [ホームページ]

船越克真

京都府京都市下京区綾小路烏丸西入童侍者町161 綾小路スクエア307号室 [地図]
TEL:075-344-1185

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
ご相談の流れ

当相談室の電話は24時間365日対応です。なんて言っていいのかわからなくても,お話しする内容がまとまっていなくてもけっこうです。「つらい」とか「しんどい」...

料金等

基本料金:5000円/月これには,メール相談,電話相談(1回15分程度)を含みます。メール相談のみは基本料金でご利用いただけます。面談,出張面談,電話...

 
このプロの紹介記事
京都市内で教育相談室を開設した船越克真さん

不登校、非行、発達障害…子育ての悩みを一緒に乗り越えましょう(1/3)

 中学校や特別支援学校の講師、少年院の法務教官などを経験し、さまざまな支援機関で20年以上、活躍してきた船越克真さん。引きこもりや不登校、非行、発達障害などで悩む親や子どもを支援する教育相談室を2012年に立ち上げました。 「子どもに何...

船越克真プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

子どもだけでなく、親の苦しみを受けとめるカウンセリング

店名 : 船越教育相談室
住所 : 京都府京都市下京区綾小路烏丸西入童侍者町161 綾小路スクエア307号室 [地図]
TEL : 075-344-1185

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-344-1185

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

船越克真(ふなこしかつまさ)

船越教育相談室

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
「元少年院の先生が教える~思春期の子育てお悩み解決本」

思春期の子育て本を書きました。長年思春期の子どもと向き合ってきた経験をもとに,思春期をどう理解するのか...

[ 子育て ]

講演・セミナー・勉強会などお考えの方へ

講演・セミナー・勉強会などの集まりに呼んでいただければ,公的な機関主催の大きな集まりでも,お友達の集まりな...

[ 講演・セミナー ]

当相談室のカウンセリングについて

カウンセリングといえば,なにを思い浮かべられますか?こころの病気になったときにお世話になるカウンセリングを...

[ 子育て ]

個別指導部について

当相談室には,学校の勉強についていけない,復学や進学のために勉強をしたい,そんなお子さんや大人のために個別...

[ 子育て ]

子育ての責任者

子育ての責任っていうと,非行とか不登校とか,子どもが何かにつまづいたときによく言われます。この子がこうなっ...

[ 子育て ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ