コラム

2015-08-30

学校に行けなくなったら~まずは休んで。学校から逃げて。

http://mainichi.jp/edu/news/20150829ddlk27100473000c.html
「15歳のニュース:スクールクライシス学校危機・心と命を救おう 時には「避ける」という選択を」

武田さち子さんの記事です。少し思うところがあってシェアします。

武田さんのおっしゃること、その通りだなあと思いながら、ほんとうにそうできたらいいなあと思いながら読みました。そのうえで。

子どもにそんなタフな交渉をさせるのか


「学校に行かない選択をするには、親の説得が必要です。」
私の印象ですが、親にとって子どもの不登校を受け入れることは、とても難しいことなんです。子どもがいくらつらい苦しいって言っても、「甘えじゃないか」とか「このつらさ苦しさを乗り越えてこそ社会で生きる力が身につくんだ(これ、学校の先生がよく言う言葉です)」とか固く固く信じててこでも動かない、学校に行かない選択をさせないケースがとても多いんですね。そりゃそうです。親だって学校は行かなければならないものだって教え込まれて育ってきて、自分は頭痛の学校に行っていた。だから学校に行かないっていう選択を考えたことすらない親もたくさんいます。ですので、不登校ケアでまずぶち当たる壁が親に子どもの不登校を受け入れてもらうことなんです。
なのに、親の同意を前提にした不登校をって言われたら、本当に学校を休める子どもが少なくなってしまうんじゃないかと思うんです。ましてや、学校にいけないことで疲れ切っている子どもにこんなタフな交渉をさせるっていうのは、あまりにもかわいそうです。子どものかわりに親を説得してくれる人が必要なんじゃないかと考えています。まずは親を味方にするなら、弁護士を通すのはあまり得策とは言えないでしょう。スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカーの出番ではないかと思います。弁護士会などはその後、いじめへの対処などで活躍してもらえる人たちです。

つらい気持ちは誰かに話して


「いつごろからか、きっかけになった出来事はあるか、不安に思っていることは何か、などを書き出しましょう。」
これは実際子どもへのケアですることで、私も少年院では必ずやりました。これ、子どもにはけっこうしんどい作業なんですね。過去のつらい苦しい気持ちがよみがえってきて、それでうつになって寝込んでしまうこともあります。これは誰かカウンセラーや親などの目の届くところでやるべきです。そうでなければ、こころの落ち込みに気づかれないまま子どもはしんどい思いだけ募らせます。その行き着く先が最悪なものにならないとも限りません。

学校に行けなくなったら


私は、学校に行けないのであればいかない選択をまずすることではないかと考えています。
1まず休んで
2自分や友達や学校のことを考えるだけ回復して
3子どもの見方になってくれる大人を集めて
4これからのことを考えて実行して。
っていう手順を踏むべきではないかと思います。まずは休んで。学校から逃げて。これから学校などとの戦いが始まります。体とこころを充分にしてから臨みましょう。武田さんが記事で書かれたことは、この手順でいくと3以降のことだと思います。

子どもが無条件で学校を休めるために。


「小・中学校のことを「義務教育」と言いますが、その「義務」は子どもが学校に通える環境を整えるよう大人に課せられた義務であり、子どもにはむしろ安心・安全に学ぶ権利があります。」
私の手順の1ができるように、子どもには学校に行く義務はないんだということを親をはじめ世の中にもっと広げていきたいと思います。

そして。中には、思わず子どもや親を傷つけてしまう大人もいるでしょう。でも、そんな大人ばかりではありません。あなたの味方になってくれる大人もたくさんいます。そういう大人とのめぐりあわせがあればと思います。

---------------------------
お問い合わせは右上のお問い合わせフォームから。なんでも話してくださいね。

こちらもご覧ください。
ご相談の流れ
料金等

この記事を書いたプロ

船越教育相談室 [ホームページ]

船越克真

京都府京都市下京区綾小路烏丸西入童侍者町161 綾小路スクエア307号室 [地図]
TEL:075-344-1185

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
ご相談の流れ

当相談室の電話は24時間365日対応です。なんて言っていいのかわからなくても,お話しする内容がまとまっていなくてもけっこうです。「つらい」とか「しんどい」...

料金等

基本料金:5000円/月これには,メール相談,電話相談(1回15分程度)を含みます。メール相談のみは基本料金でご利用いただけます。面談,出張面談,電話...

 
このプロの紹介記事
京都市内で教育相談室を開設した船越克真さん

不登校、非行、発達障害…子育ての悩みを一緒に乗り越えましょう(1/3)

 中学校や特別支援学校の講師、少年院の法務教官などを経験し、さまざまな支援機関で20年以上、活躍してきた船越克真さん。引きこもりや不登校、非行、発達障害などで悩む親や子どもを支援する教育相談室を2012年に立ち上げました。 「子どもに何...

船越克真プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

子どもだけでなく、親の苦しみを受けとめるカウンセリング

店名 : 船越教育相談室
住所 : 京都府京都市下京区綾小路烏丸西入童侍者町161 綾小路スクエア307号室 [地図]
TEL : 075-344-1185

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-344-1185

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

船越克真(ふなこしかつまさ)

船越教育相談室

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
「元少年院の先生が教える~思春期の子育てお悩み解決本」

思春期の子育て本を書きました。長年思春期の子どもと向き合ってきた経験をもとに,思春期をどう理解するのか...

[ 子育て ]

講演・セミナー・勉強会などお考えの方へ

講演・セミナー・勉強会などの集まりに呼んでいただければ,公的な機関主催の大きな集まりでも,お友達の集まりな...

[ 講演・セミナー ]

当相談室のカウンセリングについて

カウンセリングといえば,なにを思い浮かべられますか?こころの病気になったときにお世話になるカウンセリングを...

[ 子育て ]

個別指導部について

当相談室には,学校の勉強についていけない,復学や進学のために勉強をしたい,そんなお子さんや大人のために個別...

[ 子育て ]

子育ての責任者

子育ての責任っていうと,非行とか不登校とか,子どもが何かにつまづいたときによく言われます。この子がこうなっ...

[ 子育て ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ