コラム

 公開日: 2016-05-18 

「父親が育児に参加したら,子どもは問題行動をしなくなる」?~子育ての「公式」を理論的に考える

「父親が育児に参加したら,子どもは問題行動をしなくなる」という「公式」があります。
主にイクメン界隈から出ているもののようですが,子どもの問題行動を語るときによく引用されています。だから父親も育児休暇を取りましょう,とかね。でもこれ,ほんとうにそうなんでしょうか。今日はそれを理論的に考えてみたいと思います。聞きなれない用語も出てきますが,びっくりしなくても大丈夫ですよ。頭の体操みたいな感じで読んでください。

「命題」と「対偶」


学生時代に習った「命題」と「対偶」,覚えていますか?「AはBである」という命題の対偶は「BでなければAではない」です。命題が真(つまり正しい)なら,対偶は常に真です。たとえば「カラスは黒い」という命題,正しいですよね。これの対偶は「黒くなければカラスではない」です。これも正しいですよね。もちろん,突然変異で白くなるカラスもいるようですが,それも考えに入れるのであれば,「カラスは黒い」が偽(つまり間違い)になって,その対偶である「黒くなければカラスではない」も偽です。つまりある命題が正しいかどうか知りたかったら,その対偶を考えてみるという手もあります。これを使ってみましょう。

子どもが問題行動をするのは,父親が育児に参加しないから?


「父親が育児に参加したら,子どもは問題行動をしなくなる」これが今日の命題です。これの対偶は
「子どもが問題行動をするのは,父親が育児に参加しないからだ」
です。これ,けっこう聞きますよ。少し前に「父性の欠落」なんていってね。父親が仕事が忙しくなって育児しなくなり(本当にそうなのかどうかわかりませんが)家庭から父性がなくなったから,子どもの問題行動が増えた,とする説。
もちろんこれは,「必ずしも真ではない」ですよね。

父親は育児をしている


問題行動をする子どもに話を聞くと,父親がいた子はほぼ全員,父親からなにかしら育児してもらった記憶があります。勉強を教えてくれた,いっしょに遊んでくれた,食事に連れて行ってくれたなどなど。ほぼ全員が言うのは「叱ってくれた」。お父さんがしつけ役をする家庭はけっこうあるんですよね。まったく育児していない父親に育てられた子は今まで出会ったことがありません。
それもそのはずです。父親が子どもになにもしないっていうのはほぼ不可能だからです。いっしょに住んでいれば必ず顔を合わせるわけですからなおさらですが,別居していても会うことがありますもんね。
さらに,父親が積極的に育児に参加しているにもかかわらず子どもが問題行動を起こすというケースもけっこうあります。非行親の会に来る親御さん,お父さん比率はけっこうありますよ。みなさん子育てに熱心なお父さんばかりです。
もちろん,父親の不適切な育児(虐待など)が原因で問題行動が起こる場合もありますので,一概にこの対偶が偽(あてはまらない)であるとはいえません。
ですので,子どもが問題行動を起こすのは,父親が育児に参加しなかったからではないということ,つまり「子どもが問題行動をするのは,父親が育児に参加しないからだ」は「必ずしも真ではない」です。対偶が必ずしも真ではないので,もともとの命題である「父親が育児に参加したら,子どもは問題行動をしなくなる」という公式は,「常に真ではない」です。常に当てはまる公式ではないということですね。しかも,私の経験上,この公式が当てはまるケースの方がはるかに少ない感じです。

公式に惑わされないように


子育てに関するこういった「公式」って必ずしもあてはまるわけではないものがいっぱいあります。私たちは,必ずしも正しくない公式に惑わされることなく,「うちの場合はどうなんだ」ということをしっかり見ていくことが大事です。そのために,うちの場合はその公式が当てはまるのか,理論的に考えることも大切です。

※蛇足ながら。「父親が育児に参加したら,子どもの言語獲得が早い」とか「子どもの自己肯定感が上がる」などでもその対偶を考えてみてください。「子どもの言語獲得が遅いのは,父親が育児に参加しないからだ」とか「子どもの自己肯定感が低いのは,父親が育児に参加しないからだ」ですね。これらは「かならずしも正しいわけではない」ですよね。

---------------------------
お問い合わせは右上のお問い合わせフォームから。なんでも話してくださいね。

こちらもご覧ください。
ご相談の流れ
料金等

この記事を書いたプロ

船越教育相談室 [ホームページ]

船越克真

京都府京都市下京区綾小路烏丸西入童侍者町161 綾小路スクエア307号室 [地図]
TEL:075-344-1185

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
ご相談の流れ

当相談室の電話は24時間365日対応です。なんて言っていいのかわからなくても,お話しする内容がまとまっていなくてもけっこうです。「つらい」とか「しんどい」...

料金等

基本料金:5000円/月これには,メール相談,電話相談(1回15分程度)を含みます。メール相談のみは基本料金でご利用いただけます。面談,出張面談,電話...

 
このプロの紹介記事
京都市内で教育相談室を開設した船越克真さん

不登校、非行、発達障害…子育ての悩みを一緒に乗り越えましょう(1/3)

 中学校や特別支援学校の講師、少年院の法務教官などを経験し、さまざまな支援機関で20年以上、活躍してきた船越克真さん。引きこもりや不登校、非行、発達障害などで悩む親や子どもを支援する教育相談室を2012年に立ち上げました。 「子どもに何...

船越克真プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

子どもだけでなく、親の苦しみを受けとめるカウンセリング

店名 : 船越教育相談室
住所 : 京都府京都市下京区綾小路烏丸西入童侍者町161 綾小路スクエア307号室 [地図]
TEL : 075-344-1185

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-344-1185

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

船越克真(ふなこしかつまさ)

船越教育相談室

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
「元少年院の先生が教える~思春期の子育てお悩み解決本」

思春期の子育て本を書きました。長年思春期の子どもと向き合ってきた経験をもとに,思春期をどう理解するのか...

[ 子育て ]

講演・セミナー・勉強会などお考えの方へ

講演・セミナー・勉強会などの集まりに呼んでいただければ,公的な機関主催の大きな集まりでも,お友達の集まりな...

[ 講演・セミナー ]

当相談室のカウンセリングについて

カウンセリングといえば,なにを思い浮かべられますか?こころの病気になったときにお世話になるカウンセリングを...

[ 子育て ]

個別指導部について

当相談室には,学校の勉強についていけない,復学や進学のために勉強をしたい,そんなお子さんや大人のために個別...

[ 子育て ]

子育ての責任者

子育ての責任っていうと,非行とか不登校とか,子どもが何かにつまづいたときによく言われます。この子がこうなっ...

[ 子育て ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ