プロTOP:古家敬三プロのご紹介

初期診療=プライマリ・ケアの充実で、病気治療に安心と満足を(1/3)

古家敬三 ふるけけいぞう

むやみに病名を自己判断せず、まずはプライマリ・ケアから

 「もし胸が痛くなり、病気ではないかと疑ったとき、あなたならどうしますか」。そう問いかける古家敬三さんは、外科、内科、消化器系の診療に携わっている医学博士です。「最近多いのは、周囲に相談したり、インターネットで検索し、思い当たる病名の専門医にかかろうとする患者さん。でもその病名が当たっていなかったら、病院に行ったかいがありません。実は患者さんの自覚症状と、実際の病気は異なる場合が多々あるのです」

 胸痛を例にとっても、心筋梗塞、肺がん、逆流性食道炎、肋間(ろっかん)神経痛、乳腺症、不安神経症などさまざまな病気が考えられます。複数の専門医を次々と渡り歩いたり、むやみに必要のない検査を受けたり、逆に何科にかかるべきか迷っているうちに悪化するなどのケースが少なくありません。「何の病気か患者さんが自己判断するのではなく、患者さんの様子を全体的に捉え、的確に診断する医師の存在が不可欠なのです」

 そうした初期診療に取り組む医師は「プライマリ・ケア医」と呼ばれ、アメリカではすでに定着。ひと昔前の日本における「かかりつけ医」「町医者」「家庭医」がそれに当たります。顔なじみとなり、家族構成、性格、病歴もわかってくれている「近所のお医者さん」。その存在が日本では今、あらためて注目を浴びつつあるのです。

 「専門医は、専門分野のプロ。一方でプライマリ・ケア医は分野の垣根を越え、患者さん=人を診るプロ。確かな目を持ったプライマリ・ケア医が初期医療に当たれば、治療もスムーズにスタートさせることができるのです」

<次ページへ続く>

【次ページ】 医師と患者の信頼関係からよい医療が初めて実現できる

古家敬三プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

医院名 : 古家医院
住所 : 京都府京都市伏見区桃山筑前台町33-1 [地図]
TEL : 075-621-2274

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-621-2274

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古家敬三(ふるけけいぞう)

古家医院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ