プロTOP:古家敬三プロのご紹介

初期診療=プライマリ・ケアの充実で、病気治療に安心と満足を(3/3)

古家敬三 ふるけけいぞう

些細な患者さんの訴えから最期の局面まで見届けたい

 患者自身が病気を意識していなくても、ささいな訴えから重大疾患になる前に病を見つけられるのも、プライマリ・ケア医ならでは。たとえば食欲不振、眠れない、肩こりといったよくある訴えが大きなサインという場合もあるのです。

 「私が初期診療をして専門医に託し、病院で治療を進めていた患者さんの、最期を看取るという経験もしてきました。専門医のもとで治療し尽くした後は、慣れ親しんだ私の診療を受けながら自宅で最期を送りたかったと聞いたとき、これも理想的なプライマリ・ケアのあり方なのかもしれないと、患者さんから教えられました」

 医師会の活動にも積極的に取り組む古家さん。「患者さんを全人的に見極められる医師を増やしたい。日本にプライマリ・ケアを定着させたい。そして今、患者が殺到しすぎて疲れたり燃え尽きたりが懸念されている専門医に、本来の役割を担ってもらいたい。そうやって医療全体にいい循環が訪れる未来を願っています」

(取材年月:2010年4月)

古家敬三プロのプロフィール

古家敬三プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

医院名 : 古家医院
住所 : 京都府京都市伏見区桃山筑前台町33-1 [地図]
TEL : 075-621-2274

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-621-2274

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古家敬三(ふるけけいぞう)

古家医院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ