Q&A(このプロの回答)

腰痛がよくなりません。
以前から腰痛持ちで、整形に行ったり、針治療を行ったりいろいろ
試していたのですが、むしろ悪化するようなケースもあります。
今は慣れたこともあり病院には行っていませんが、普段の生活で
どのようなことに気をつけたら良いのでしょうか?
年を取って腰を曲げて歩くような気がして不安なので。
よろしくお願いします。
投稿日時:2010-04-20 11:09:03
医療・健康

古家敬三 ふるけけいぞう

古家敬三の回答

まず進行性の病気でないかどうかをチェックしましょう

腰痛には様々な原因があります。
 膵臓や腎臓などの内臓の病気なのか、背骨や筋肉などの運動器の異常なのかをまず検査しましょう。腰痛には膵臓がんや脊椎腫瘍などの進行性の病気の症状であることがあり、注意が必要です。また椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症であれば、しばしば足の痛みを伴います。
 次に内臓や背骨に異常がなければ、いわゆる腰痛症かもしれません。
 痛みはいつから起こりましたか?どんな時に強くなり、どうすれば楽になりますか?一般的にはぎっくり腰に代表される、筋肉の表面が損傷を受けて起こる事が多いので、痛みが強い時には安静にして湿布などで局所を冷やして下さい。痛み止めの薬やコルセットも、急性期には有効です。
 そして痛みが引いたら、日頃から腹筋と背筋をバランスよく鍛える腰痛体操を続けましょう。また重い物を持ったり、前屈みの姿勢を長くとらないこと、オーバーウェイトであれば適正体重への減量も重要です。それでも続く慢性の腰痛には、お風呂やカイロなどで局所を暖めると楽になりますよ。
 

回答日時:2010-04-27

質問者

お礼

痛くなったのは約20年前なので、ご指摘いただいた
内臓系では無いと思います。

重いものを持ったり、前かがみの姿勢を取った後は
非常に腰が重くなり鈍痛が起きる傾向があります。
今後は毎日腰痛体操を続けるようにいたします。

丁寧な回答ありがとうございました。

返信日時:2010-05-19 20:40:18

Q&A一覧に戻る

 
このプロの紹介記事
古家敬三 ふるけけいぞう

初期診療=プライマリ・ケアの充実で、病気治療に安心と満足を(1/3)

 「もし胸が痛くなり、病気ではないかと疑ったとき、あなたならどうしますか」。そう問いかける古家敬三さんは、外科、内科、消化器系の診療に携わっている医学博士です。「最近多いのは、周囲に相談したり、インターネットで検索し、思い当たる病名の専門医...

古家敬三プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

医院名 : 古家医院
住所 : 京都府京都市伏見区桃山筑前台町33-1 [地図]
TEL : 075-621-2274

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-621-2274

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古家敬三(ふるけけいぞう)

古家医院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ