プロTOP:武田雄司プロのご紹介

日本企業の中国進出をサポートする京都の弁護士(1/3)

伏見総合法律事務所の武田雄司弁護士。中国の弁護士事務所で働いた経験を生かし、地元京都の企業の中国進出をサポートしています

中国の弁護士事務所で働いた経験を生かし、地元企業の中国進出を助けたい

 伝統工芸や和装、日本酒をはじめ、京都にはすばらしい文化が息づいています。しかし、販売市場は閉塞的で、一部では衰退を余儀なくされています。「京都の文化はブランド。海外へ輸出して勝負できる十分な価値がある」と考えているのは、伏見総合法律事務所の武田雄司弁護士です。

 武田さんは、弁護士登録以来、約7年間、中国法務を中心に手がけ、うち約3年半は上海の法律事務所で、中国の弁護士と一緒に実務を担いました。「上海はもちろん、出張で中国各地へ訪れ、日本にいては味わえない、貴重な経験も数多くしてきました」

 「最近、鈍化してきたと言われていますが、中国のGDPが日本のGDPを追い抜いたのは2010年。その後たった3年で中国のGDPが日本のGDPの2倍に達したことから分かるように、やはり成長力およびその規模は絶大で、中国市場に注力しないことは非常にもったいない。安い人件費を目当ては十数年年前までの話。ここ10~20年は販売市場として注目を集め、質の高い日本の商品の小売・販売業、高齢者・障害者ケアや幼児教育といったサービス業などの進出に期待ができます」

 けれども、中小企業は、大企業なら持てる法務部や経験が望めず、まわりから「中国は怖い」と吹聴され、尻込みしてしまう経営者も多いそう。「本場中国で培った経験を生かし、京都や滋賀の企業の中国進出をサポートし、日本の文化を進出させたいです。中国の法律事務所やコンサルティング事務所には、弁護士だけでなく、会計士、税理士、コンサルもいます。ご相談もワンストップでおまかせください」

<次ページへ続く>

【次ページ】 中国人=悪い人ではない。文化や国民性の違いを理解すれば、長所が見えて仲良くなれる

武田雄司プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

現地と連携した中国の法務・税務のワンストップサービスを提供

事務所名 : 伏見総合法律事務所
住所 : 京都府京都市伏見区東大手町763番地 若由ビル4階 [地図]
TEL : 075-604-1177

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-604-1177

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

武田雄司(たけだゆうじ)

伏見総合法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ