コラム

 公開日: 2012-08-29  最終更新日: 2012-09-28

貿易実務 - 決済条件

貿易実務  - 決済条件

これから海外進出や、自社にて輸出入を始めようと考えておられる企業様にとって、最も関心のある決済条件について説明致します。

国内取引では、売主は買主の信用調査や取引経験などにより掛売りが中心ですが、海外取引の場合、売主(輸出者)にとって、代金回収は死活問題となります。  逆に買主(輸入者)にとって、荷物の確保前に送金するような無謀な行為はできません。

そこで、最も一般的な信用状(Letter of Credit = L/C)決済の押さえておくべきポイントを説明させていただきます。

■ 必要書類
売主は、荷物を手配して本船へ乗せるとともに必要書類を作成して、通知銀行に提出しなければL/Cを決済、つまり現金化することができません。  代表的な書類は以下の通りです。

・ インボイス(Invoice) 必須
荷物の内容(製品名や機種番号など)、数量、単価、総額などを記載した送り状です。

・ パッキングリスト(Packing List) 必須
荷物の寸法や重量などを記載した梱包明細書です。

・ 船荷証券(Bill of Lading = B/L) 必須
船会社などが発行する、荷物が本船に乗せたことを証明する有価証券です。  つまり、売主がB/Lを提出することにより、FOBでの引渡し条件を完了したことを証明することができます。

・ 原産地証明書(Certificate of Origin)
商工会議所などが発行する、輸出される製品の原産地国を証明する書類です。  日本製品を輸出する場合は、Made in Japan のお墨付きとなりますので、まず買主は要求してきますが、海外製品を輸入する場合、必ずしも必要ではありません。

・ その他
輸出入とも相手国の規則や商慣習によりケースバイケースです。

■ 期限
L/Cには、2つの大きな期限があります。

・ 船積期限
「Shipment not later than」と記載されていることが多いようですが、何年何月何日までに船積みをしなければならない、という意味です。  B/Lには本船出航日、「B/L Date」が記載されますが、L/Cに記載された船積期限までに(当日はOK)売主は荷物の手配と船積作業を行わなければなりません。

・ 信用上期限
「L/C Expiry」や「L/C Validity」と記載されている通り、その期日までに必要書類しなければL/Cが失効してしまいます。  売主は、銀行の処理日数と休日なども考慮に入れておく必要があります。

■ 分割船積み
「Partial Shipment」の項目ですが、分割船積みが許可されているでしょうか?

・ 禁止
買主にとって輸入する製品などの一部が不足していれば契約そのものが意味のない場合、分割船積みを禁止しておきます。

・ 許可
例えば、買主が冷蔵庫を100台輸入しようと信用状を開設したとします。  売主は冷蔵庫を100台手配しましたが、工場での生産で良品が99台しか出来なかった場合、分割船積みが禁止の場合、売主は船積みをすることが出来ません。  買主にとって1台くらいの不足であれば全く問題がない場合、分割船積みを許可しておくと実益があります。  もちろん、信用状で決済される金額は99台分のみです。

■ 乙仲業務
輸出にせよ、輸入にせよ、実際の湾口施設での荷物の取り扱いや税関への通関業務は、免許を受けた乙仲業者が取扱います。  一般企業が出来る訳ではありません。  スムーズな輸出入のためには、信頼できる乙仲業者と提携することがポイントといっても過言ではないでしょう。


マンツーマンの「はじめての貿易実務基礎講座」も開催致します。
詳しくは、「セミナ-・イベント」をクリックしてください。

ご相談は、お気軽にお電話ください。
075-744-1882
また、以下のフォームからもメールいただけます。
http://www.gaikokujin-backup.com/form.html





この記事を書いたプロ

京都林国際行政書士事務所 [ホームページ]

行政書士 林豊之

京都府京都市下京区四条通新町東入月鉾町39番1 四条烏丸大西ビル903号 [地図]
TEL:075-744-1882

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
京都林国際行政書士事務所の代表、林豊之さん

中近東を中心にビジネスで活躍 その経験と知識で海外進出をバックアップします(1/3)

 商社のビジネスマンとして、外国企業と23年間渡り合ってきた経験を持つ、京都林国際行政書士事務所の代表、林豊之さん。入社まもなく任命された先が、1ヶ月に及ぶ中近東への一人旅だったそうです。「英語なんて話せるわけがないですが、『とにかく行っ...

林豊之プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

事務所名 : 京都林国際行政書士事務所
住所 : 京都府京都市下京区四条通新町東入月鉾町39番1 四条烏丸大西ビル903号 [地図]
TEL : 075-744-1882

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-744-1882

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

林豊之(はやしとよゆき)

京都林国際行政書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
トルコでの日本アニメと漫画
イメージ

京都の日本トルコ文化協会が主催する講演会の会場で, 在阪のトルコ人(日本語ペラペラ)と話しをする機会がありま...

[ 海外での日本文化 ]

帰化申請の要件

日本への帰化を検討されている京都や滋賀、大阪などにお住まいの在日外国人のみなさま、帰化の要件のポイントをご...

[ 帰化申請 ]

外国人の日本での起業と在留資格
イメージ

外国人の日本での起業と在留資格日本での仕事や生活、文化にも慣れ、一念発起して日本にて起業を志す、在留...

[ 投資経営 ]

新しい在留資格「技能実習」制度 ~概要~
イメージ

新しい在留資格「技能実習」制度 ~概要~京都や滋賀、大阪など関西圏に拠点を置く企業様から、中国やベトナム...

[ 外国人技能実習生 ]

在留資格  ~ 査証の区分と対応する在留資格 ~

在留資格  ~ 査証の区分と対応する在留資格 ~京都や滋賀、大阪などにお住まいの在日外国人のみなさまから...

[ 在留資格 全般 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ