コラム一覧

1件~15件(193件)

過去の15件

小さなストレスから人生が狂う

最近、大きなストレスを感じたことがありますか? 「あるよ」と言う人もいれば「ないよ」という人もいるでしょうね。私は結構、知らないうちにストレスが溜まるタイプなので、友人とお酒を酌み交わしたり、遊びに行ったり発散する方法をいくつか持っています。 まぁ、こ... 続きを読む

アンガーマネジメント

2017-06-21

羅針盤がない船は難破する

イメージ

昨日は大阪マイベストプロのランチセミナーに参加しました。講師の先生はhttp://mbp-osaka.com/kcibloom/内容はビジネスの交渉術久し振りにもっと知りたくなる講座に出会えました。さて、今日はある人のメルマガからの引用 --------ここから--------- ある人物が大衆... 続きを読む

マインドセットの書き換え

2017-06-20

宇宙人の会話を翻訳すると

イメージ

商売をしている人ならお客様からのクレームにドキッとしたことがあると思います。 もちろん私も建築設計をやっている時にはお客様だけでなく施工業者からのクレームもありました。 でも、不思議に何十年もやってるステンドグラスのお客様からのクレームは一度もありませんでし... 続きを読む

関係性コンディショニング

2017-06-13

認知症介護者の憂鬱

イメージ

今日は認知症の人から、コーチングで思いを引き出すことができるかという話お袋が行っているデイサービスから週4日を2日にしてほしいということで5月は週2日しかデイサービスに行けませんでした。案の定、認知症が進み今まで出来ていたことができずイライラしていることが多くなっ... 続きを読む

認知症介護者の憂鬱

2017-06-02

感情を捨てて片付ける

イメージ

今、部屋の中のいらないモノをどんどん捨ててます。これまで捨てた量は一番大きいゴミ袋15袋分しかも片手では持てないくらいの重量。多分、1トン以上かも(笑) よくこれだけあったものだと感心すると同時に、この部屋の総重量はいったい何トンだろうか・・・などと思ったりします... 続きを読む

人生の軌跡と羅針盤

2017-05-18

毎日が泥濘みにはまったリヤカー

イメージ

小学生の頃、学校の行事で廃品回収がありました。リヤカーを近所の農家から借りてクラスの友だち数人と各家庭の廃品を集めて回る作業です。昔は舗装されている道路が少なく地道なので雨が降った後は泥濘んでて廃品を積んだリヤカーは2倍くらい重さになります。それでも、動いてい... 続きを読む

自己開示

2017-05-17

問題は自分の中にある

イメージ

今日は認知症のお袋の話ニューバージョンのお袋が誕生したのは2014年1月今、思い出しても衝撃的な出会いでした。 この年の正月を過ぎたあたりからお袋の言動が少し変だと感じて、その様子をパートナーに相談したところ、認知症の疑いが濃くなり、病院で検査を受けました。 ... 続きを読む

人生の軌跡と羅針盤

2017-05-08

昔の大工さんのような仕組み

イメージ

友だちからこんな相談がありました。「リフォームしたけど、妻が文句ばかり言う」奥さんから理由を聞いてみるとこういうことなんです。とにかく、キッチンの使い勝手が悪い。今回のリフォームで一番、力を入れていたのがキッチンだったのでショックが大きい。食器洗い... 続きを読む

インテリア・建築関係の女性専門家

2017-04-28

セミナーに行くなら得たい目的を絞れ

イメージ

先日、「マイベストプロ」主催の異業種のプロが集うランチセミナー交流会に参加してきました。 講師は保険代理店の方で「紹介が増える営業の秘訣」というテーマ興味深い内容ではありましたが、私がセミナーに参加した本来の目的は参加者との交流。 マイベストプロの交流会は1... 続きを読む

リスト・人脈づくり

2017-04-25

目の当たりに観た生存本能

イメージ

今回の入院中に、気づいたことがあるんです。 私は夜、部屋のカーテンを完全に閉めないと気が済まない性格で少しでも隙間が開いてると気持ちが悪いのです。 そんな私がですよ。 病室のカーテンを閉めると何となく不安で眠れないんです。 なので、カーテンを少しだけ開けて... 続きを読む

人生の軌跡と羅針盤

2017-04-20

二度死にかけた男

イメージ

ありがとう 友だちと読者の人たちそして多くの繋がりをもった人たちのおかげで自分の足で立てるくらい元気になりました。コメントやメッセージでの励ましがどれほど心強かったか本当にありがとうございました。   2月25日の心肺停止から記憶にボンヤリ残っているのは... 続きを読む

人生の軌跡と羅針盤

2017-04-10

7つの奇跡で生還

イメージ

今日のコラムは、3月4日に投稿したものでしたが一部修正した上で投稿し直しました。明日の午前中、ICD(植込み型除細動器)の埋め込み手術をする予定です。退院は3月末までにはできそうですが、3月のコラム投稿は微妙なところ。--------------------------------------... 続きを読む

インテリア・建築関係の女性専門家

2017-03-12

恥ずかしい衝動買い

イメージ

衝動買いは、快感♪ 若い頃のように後先を考えずに買うことは少なくなりましが、たまに衝動的に買ってしまいます。高価で長く使うモノは徹底的にリサーチ。で、リサーチしている間に興味がなくなり買う気が失せるので大きな失敗はありません。 若い頃、失敗した衝動買いは、... 続きを読む

オフライン&ネット集客

2017-02-25

自分の地図は相手と違う

イメージ

人間関係って、あらためて考えると、つくづく難しいものです。 うまくいっている時は問題はありませんが、一度、誤解が生じると、大袈裟ではなく永遠の別れもありますからね。 誤解の原因は、自分が思っていることと他者の思いは違うということ。なんでこんなことを言うかと... 続きを読む

関係性コンディショニング

2017-02-24

実はレッテル貼りは自分

イメージ

ずいぶん前に、あるセミナーの人間関係のワークで他者から言われて一番いやな言葉が明確になりました。 「偽善者」 直接、偽善者と言われたことがありませんが私の潜在意識の中に「自分は偽善者かもしれない」という恐れの言葉があった。 この恐れは、他者に対して自分の... 続きを読む

人生の軌跡と羅針盤

2017-02-23

1件~15件(193件)

過去の15件

RSS
メールマガジン
羅針盤

メールマガジン【羅針盤】は  ・職場・得意先・ママ友・家族の人間関係・自分の強みや目的の発掘・習慣を変えてマインドセット書き換える・失敗・後悔しな...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
小橋広市さん

あらゆる社会の要となる女性をサポートするコーチ・コンサル(1/3)

「『良き家庭はよき社会をつくる』逆に言えば、このギスギスとした現代社会は、元をたどれば家庭にたどり着くのではないかと私は思うのです」そんな言葉からぽつりぽつりと思いを話しはじめてくれたのが、「住環境習慣コンディショニングコーチ・コンサルタン...

小橋広市プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

ゼロ起業女性を10000人に1人のスペシャリストにするプロ

会社名 : OFFICE SAELA
住所 : 京都府山科区勧修寺福岡町312-403 [地図]
TEL : 090-3359-2179

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-3359-2179

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小橋広市(こばしひろ)

OFFICE SAELA

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

カフェで気軽にできるコーチング

Iさん(女性)Webデザイナー 本日のホウレンソウ講座に参加し...

I・I
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
小さなストレスから人生が狂う

最近、大きなストレスを感じたことがありますか? 「あるよ」と言う人もいれば「ないよ」という人もいる...

[ アンガーマネジメント ]

羅針盤がない船は難破する
イメージ

昨日は大阪マイベストプロのランチセミナーに参加しました。講師の先生はhttp://mbp-osaka.com/kcibloom/...

[ マインドセットの書き換え ]

宇宙人の会話を翻訳すると
イメージ

商売をしている人ならお客様からのクレームにドキッとしたことがあると思います。 もちろん私も建築設計を...

[ 関係性コンディショニング ]

認知症介護者の憂鬱
イメージ

今日は認知症の人から、コーチングで思いを引き出すことができるかという話お袋が行っているデイサービス...

[ 認知症介護者の憂鬱 ]

感情を捨てて片付ける
イメージ

今、部屋の中のいらないモノをどんどん捨ててます。これまで捨てた量は一番大きいゴミ袋15袋分しかも片手で...

[ 人生の軌跡と羅針盤 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ