コラム

 公開日: 2017-09-12 

10年損する「後でやる」クセ

ちょっと前までの私は
「後でやる」の先延ばしタイプでした。
いつも後でやったためしがないので
事態が悪くなるばかりです。

この悪習慣を
「すぐやる」に変えるのは実に簡単。


ここで2つの習慣の
事例を説明しておきますね。

1つ目は部屋の片付けをしなきゃいけないのは
分かっているけど何か気が向かないから
次の休みに必ずしよう。

この事例の改善方法は、
片付けやすくて目に触れやすい場所を
とりあえず「ここだけ片付ける」という気持ちで
取り掛かってみる。

そうすると不思議なことに
最後まで片付けないと気がすまなくなる。
これを作業興奮といいます。


2つ目は、「後でやる」を「すぐやる」に
改善する方法。

これは作業興奮と似ているのですが、
「後でやる」ことを途中まででよいので
少しだけ手を付けておく。

中途半端でいいんです(^o^)

これは脳に
「後でやる」行動を起こしやすいような
状態を作っておくということです。

この状態にしておけば、
他のことをしてても、「後でやる」ことが
一度、手を付けて意識付けしているので、
行動を起こしやすいのです。

これを応用してルーチン化できます。



コミュニティモデル



例えば、
私の毎日のルーチンは、
起床→読書→ヨガ→食事→マインドフルネス→仕事
今は習慣になっているので
やらないと気持ちが悪いくらいです。

このルーチンの中で
忙しいので読書をしなかったとします。
そうするとこの日は読書する気が起こりませんが、
1ページでも読んでいると、空き時間に
本を読むという行動を起こします。

本を1ページ読んでおくということは、
脳が次の行動を予測できるところまで
前の行動を途切れさせずに連続させておくと
ルーチンが途切れないということです。

私はルーチンの流れが習慣になるまで
読書やヨガの時間枠をきちんと決めずに
気が向くと長く、気が向かないと短くしてました。




【小さな行動】
あなたが新たに始めたいことを
毎日のルーチンに入れ込み
1分でもよいので新たに始めたことは必ず行なう



 

家族も友人も集いたくなる家づくり+関係づくり
 
ゼロ起業女性の強みと専門性を引き出し継続収入を得るコーチ

ガラス工芸とガラスアートの彫刻ギフト専門店

この記事を書いたプロ

OFFICE SAELA [ホームページ]

講師 小橋広市

京都府山科区勧修寺福岡町312-403 [地図]
TEL:090-3359-2179

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メールマガジン
羅針盤

メールマガジン【羅針盤】は  ・職場・得意先・ママ友・家族の人間関係・自分の強みや目的の発掘・習慣を変えてマインドセット書き換える・失敗・後悔しな...

サービスメニュー
プロフィール相関図

◇ 基本個人セッション◇ 子育てママの未来学習塾♪ ◇ 組織でこじれた人間関係を劇的に修復する関係性コンディショニング ◇ パワハラにならない叱り方と画...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
小橋広市さん

あらゆる社会の要となる女性をサポートするコーチ・コンサル(1/3)

「『良き家庭はよき社会をつくる』逆に言えば、このギスギスとした現代社会は、元をたどれば家庭にたどり着くのではないかと私は思うのです」そんな言葉からぽつりぽつりと思いを話しはじめてくれたのが、「住環境習慣コンディショニングコーチ・コンサルタン...

小橋広市プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

住環境✕家族習慣✕家族力=理想の家創りと家族力を高めるプロ

会社名 : OFFICE SAELA
住所 : 京都府山科区勧修寺福岡町312-403 [地図]
TEL : 090-3359-2179

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-3359-2179

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小橋広市(こばしひろ)

OFFICE SAELA

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

自分の怒りをコントロールしたい。

悩んでいたことは、子供や主人への怒りをなんとかしたいと思...

K
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
自分で強みを抽出する その1
イメージ

今日の記事は、週3回執筆している【羅針盤】のネタです。 -------------ここから-------------...

[ 強みと専門性の引き出し ]

土を耕してタネをまく
イメージ

子どもの頃から「死」に対してとても恐怖を抱いていた。世界が消えてなくなる恐怖。大好きな友だち、家族...

[ 人生の軌跡と羅針盤 ]

認知症は新しい個性の出現
イメージ

今回の「認知症遠距離介護者日記」は認知症と診断されたお袋がまだ訪問介護を受けずに独居生活をしている頃...

[ 認知症介護者の憂鬱 ]

認知症の遠距離介護を振り返って解ること
イメージ

お袋が特養に入り、この数年間の遠距離介護を振り返ってみると、介護鬱は個々で症状も違うし環境によって状...

[ 認知症介護者の憂鬱 ]

認知症の人の行動には理由がある
イメージ

おはようございます♪今日から少しの間、まだお袋が実家で独居生活をしている頃の私の日記を掲載します。...

[ 認知症介護者の憂鬱 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ