コラム一覧 :人生の軌跡と羅針盤

1件~15件(70件)

過去の15件

喉元過ぎても熱さを忘れずに

イメージ

最近、自然災害や凶悪犯罪をテレビで観て思うことがあります。雨風をしのげる部屋で寛いで食事ができる。布団の中で睡眠がとれる状態で、被災地の人たちに同情している自分を、偽善者じゃないかと思うことがありました。私は1995年1月17日阪神・淡路大震災の三日後 建物危険度判定の業務で歩い... 続きを読む

人生の軌跡と羅針盤

2018-07-19

騒音レベルの笑い声

イメージ

先日、久し振りにイラッとくることがありました。某レストランに入った時のこと。レストランの中央に大きな楕円形のテーブルがあり、50代の女性が10人くらいでお茶を飲んでいました。いやな予感がしていましたが、はやり・・・。その中の数人が笑い始めると、私のテーブルにあるコップの中の水が揺... 続きを読む

人生の軌跡と羅針盤

2018-07-14

パートナーはパートナー

イメージ

あなたは配偶者や恋人のことをSNSではどのように呼んでいますか?先日、友人と話している際、私のパートナーの話になってね。その友人いわく、「小橋さん メルマガやブログでお付合いしている女性をパートナーと書いていますが、僕には違和感があります」と言われたのです。確かに「パートナー」と... 続きを読む

人生の軌跡と羅針盤

2018-07-07

土を耕してタネをまく

イメージ

子どもの頃から「死」に対してとても恐怖を抱いていた。世界が消えてなくなる恐怖。大好きな友だち、家族やペットとの別れいずれどうしようもない現実とし受け入れる日がやってくる恐怖。そういう潜在意識からか身体は残らなくても、自分が生きていた証がほしいと思うように... 続きを読む

人生の軌跡と羅針盤

2018-05-22

小橋という浜のシーグラス

イメージ

先日、舞鶴のステンドグラス教室が終わって教室から車で30分ばかり走った小橋(おばせ)という浜にシーグラスを拾いに行ってきました。シーグラスのある浜は夏には海水浴場になるので6月になると浜を掃除をします。掃除をされたらシーグラスはなくなるので、今年は最... 続きを読む

人生の軌跡と羅針盤

2018-05-17

死と向き合う

イメージ

友だちが脳内出血で入院し、後遺症もなく退院しました。きっと、生きる意味がたくさんある人でしょう。 私たちの誰もが、いつどうなるかなんて誰も分かりません。大病で亡くなる方もいれば後遺症に泣く人もいるそうかと言えば、ほとんど支障がない人もいます。... 続きを読む

人生の軌跡と羅針盤

2018-05-13

S→Sへ

イメージ

連休を、楽しめましたか。梅雨みたいに雨が多く、寒暖差が激しいので体調がすぐれません。ということで本日はビジネス格言です。「命令を質問の形に変えると、気持ちよく受け入れられるばかりか、相手に創造性を発揮させることもある」デール・カーネギー仕... 続きを読む

人生の軌跡と羅針盤

2018-05-10

多いものに落し穴

イメージ

私は子供の頃から目立ちたがり屋でした。親や周りの人に注目してもらいたくて、やんちゃばかりしていました。大人になって自分を客観的に掘り下げてみると、どうも金銭欲より名誉欲が強いようです。自分のビジネスにどのように影響するかは分かりませんが、1つ間違えると諸... 続きを読む

人生の軌跡と羅針盤

2018-05-09

削ぎ落とした美

イメージ

お疲れさま♪本日は、スティーブ・ジョブズの格言を紹介します。「最も重要な決定とは、何をするかではなく、何をしないかを決めることだ」 彼の言葉は、私の建築デザインの師匠から教わった言葉に重なります。「デザインもプランも削ぎ落としてこそ美... 続きを読む

人生の軌跡と羅針盤

2018-05-08

椅子の孤独時間

イメージ

あなたはお気に入りの集めているモノがありますか?お袋はカワイイ袋と椅子が好きでしょっちゅう買ってきてたので実家は袋と椅子だらけです(笑)椅子は家具の中では人と関わる特別なモノ。椅子と他の家具との大きな違いは、人の存在感をイメージできることです。 ... 続きを読む

人生の軌跡と羅針盤

2018-04-28

どこまでリサーチしているか

イメージ

友人から電話があって、藪から棒に「店を改装しているからアドバイスをしてほしい」と言うので、よく聴いてみるとバイク好きが集まる喫茶店を始めるらしい。店舗が完成直前の相談には驚かされた。無計画にも程があります(笑) 通常、店を開業する際は「立地が良... 続きを読む

人生の軌跡と羅針盤

2018-04-27

病院は現実の日本が観えるところ

イメージ

心筋梗塞で倒れて以来、定期的に通院しています。診察を待っている間、待合室で本を読みながら、人間ウォッチイングもしています。観察していると、患者さんの80%くらいが高齢者。たまに来院する若い人もいますが、整形外科の受診です。これから患者さんが高齢化すると、... 続きを読む

人生の軌跡と羅針盤

2018-04-26

乗れなかった感謝リレー

イメージ

4年ほど前に5日間続けて一日に3つの感謝をFacebookに投稿するという、感謝のリレーというのがありました。 バトンを渡せる友だちは何人か思いつきますが、お願いして渡すことができず、バトンリレーとしては、私で終わり。イベントと言っていいのかどうか分から... 続きを読む

人生の軌跡と羅針盤

2018-04-18

介護の寄り添い方

イメージ

パートナーのお母さんと墓参りに行った時のこと。彼女が母親に接している姿を自分に重ねて観ていると微笑ましく思えました。階段の昇降を、母親が転倒しないように身体を支えながら寄り添ったり、食事の際、箸で食べにくいと察したら、店員さんにスプーンをお願いしたり、... 続きを読む

人生の軌跡と羅針盤

2018-04-12

心筋梗塞はオッサンだけの病気じゃない

イメージ

昨日、20代の後輩の女の子が突然、心筋梗塞で倒れたと知人から電話がありました。スリムで煙草も吸わないし、スポーツジムにも通う健康的な普通の女の子です。ただ、食事が野菜中心で糖質ダイエットをしていたそうです。そう言えば、最近、ガンに続いて多いのが心筋梗塞。... 続きを読む

人生の軌跡と羅針盤

2018-04-05

1件~15件(70件)

過去の15件

RSS
メールマガジン
羅針盤

メールマガジン【羅針盤】は  ・職場・得意先・ママ友・家族の人間関係・自分の強みや目的の発掘・習慣を変えてマインドセット書き換える・失敗・後悔しな...

サービスメニュー
プロフィール相関図

◇ 基本個人セッション◇ 子育てママの未来学習塾♪ ◇ 組織でこじれた人間関係を劇的に修復する関係性コンディショニング ◇ パワハラにならない叱り方と画...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
小橋広市さん

あらゆる社会の要となる女性をサポートするコーチ・コンサル(1/3)

「『良き家庭はよき社会をつくる』逆に言えば、このギスギスとした現代社会は、元をたどれば家庭にたどり着くのではないかと私は思うのです」そんな言葉からぽつりぽつりと思いを話しはじめてくれたのが、「住環境習慣コンディショニングコーチ・コンサルタン...

小橋広市プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

住環境✕家族習慣✕家族力=理想の家創りと家族力を高めるプロ

会社名 : OFFICE SAELA
住所 : 京都府山科区勧修寺福岡町312-403 [地図]
TEL : 090-3359-2179

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-3359-2179

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小橋広市(こばしひろ)

OFFICE SAELA

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

認知症介護のコラムを見て

介護の仕事をしているのですが、 日々の仕事の中で、利用者さ...

T
  • 女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
残酷やけど茹でガエルの法則
イメージ

昨日の京都は、まるで茹でガエルのような体験をしました。最高気温39.8度でしたね。まるでサウナの中を歩いている...

[ マインドセットの書き換え ]

喉元過ぎても熱さを忘れずに
イメージ

最近、自然災害や凶悪犯罪をテレビで観て思うことがあります。雨風をしのげる部屋で寛いで食事ができる。布団の中...

[ 人生の軌跡と羅針盤 ]

質問に質問で返すのはどうなの?
イメージ

あなたが講座や研修で登壇している際、講座の中か最後に質問コーナーを設けていると思います。参加者さんから質問...

[ 困ったらハウツー ]

オートモードの生活習慣
イメージ

私たちの一日の約40%は習慣のみで行動しています。つまり、オートモードで行動していることになります。習慣は脳...

[ マインドセットの書き換え ]

座る席の重要性
イメージ

昨日、電車に乗っていた時の話。ガラガラ状態にも関わらず、私のすぐ横に、汗だくのめちゃ太った40代の男性が座っ...

[ 困ったらハウツー ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ