>   >   >   >   >   >  ビジネスに応用する脳科学

コラム一覧 :ビジネスに応用する脳科学

1件~14件(14件)

やる気スイッチはドーパミン放出

イメージ

人が何か行動を起こす時、行動のトリガーになるのが感情。 感情が動かないと脳は無意識に「先延ばし」を選択します。 私の場合は仕事。 納期ギリギリになるまで仕事に手を付けず、焦りという感情で自分を追い込む。こんなやり方をしていると、突発的なことがあったら... 続きを読む

ビジネスに応用する脳科学

2017-01-18

問題解決を睡眠中の脳に依頼

イメージ

先日の記事で投稿した睡眠中に自動で問題解決の中のレミニセンス現象の体験のやり方を具体的に教えてほしいとのメッセージがありましたので本日はその話。 レミニセンスとは追憶とか回想するという心理学用語。 前回の記事の事例で、ピアノの反復練習ですが、確かに... 続きを読む

ビジネスに応用する脳科学

2017-01-15

読書でなくリサーチするビジネス書

イメージ

年が明けて、朝の情報番組などで新しいドラマの番宣が始まりましたが、 良いところで切られるとつい、続きを観たくなるのが心理です。 「続きはCMの後で」とか 人は完成されたものより、未完のものが印象に残りやすい傾向にあります。 視覚的では、噛りかけのドーナツ... 続きを読む

ビジネスに応用する脳科学

2017-01-14

睡眠中に自動で問題解決する

イメージ

睡眠時間は、一生の3分の1と言われているけど睡眠時間が8時間としての仮説なので個人差があります。 昔、ピアノを習っていた頃の話。 どんなに練習してもどうしても引っかかるコード進行があって、初見の譜面にこのコードがあると「この曲は弾けない」と諦めるほど苦手... 続きを読む

ビジネスに応用する脳科学

2017-01-13

閃きを発火させる場所

イメージ

実家に帰ると夏を除いてほとんどホームゴタツが出ている。 春が終わり暖かくなっても、お袋が「まだ寒い」と言う、認知症のお袋には季節は関係ないのです。 そんな私も、時々、思い込みや概念などで、内容が腑に落ちずにモヤモヤし、潜在意識の記憶の引き出しにうまくアクセ... 続きを読む

ビジネスに応用する脳科学

2016-12-28

劣等感は強い動機になる

イメージ

あなたは他者の評価をどう感じますか? 改めて昔の自分を振り返ってみると、常に他者の評価を意識していたように思います。それが顕著に現れるのは、仕事で自分の思い通りにいかなくなった時。 例えば、 私が長年関わってきた建築設計の受注が極端に減った時競合と... 続きを読む

ビジネスに応用する脳科学

2016-12-24

習慣トリガーで別の人生が輝く

イメージ

脳のカタチが変わるの知ってます? もちろん、脳は成長と共に大きさが変わりますが、大人になっても変化しているそうです。 習慣を1つ変えただけで神経細胞のニューロンが回路を繋ぎ変えます。こう考えると脳の形が変わるのもうなずけるでしょう。 この理屈から言うと、1... 続きを読む

ビジネスに応用する脳科学

2016-12-16

左と右のY字路選択

イメージ

携帯はどちらの耳で聞きますか? そう、たいていの人が、利き腕、利き足、利き目と、身体の縦半分、左右どちらかに得意傾向があります。 私は基本的に左利きですが、ボールを投げる時、テニスのラケットを握る時、トンカチを持つ時以外は全て右利きなんです。 ところが、文... 続きを読む

ビジネスに応用する脳科学

2016-12-09

茹でガエルの法則

イメージ

最近、ネットで買うものが多くなり、買った後に後悔しないように自分に言い訳をしています。「これは仕事で使うもの・・」とかね(笑) 衝動買いをした際、無理に買わなければいけない理由を作り正当化して自分を慰めませんか?この時の正当化は、自分の存在を一定に保つ... 続きを読む

ビジネスに応用する脳科学

2016-12-01

ステルスストレスの自覚

イメージ

一日の約40%は習慣で行動すると言われてます。 どういうことかというと、 習慣は脳が生存に関係していると判断しているので潜在意識(長期記憶)に入っています。 歯を磨いたり、服を着たり、通勤、通学したり、いちいち考えて行動していません。 なので、習慣を見直すの... 続きを読む

ビジネスに応用する脳科学

2016-11-29

幽体離脱で場を感じる

イメージ

人前で話すのは、なかなか慣れないですね。毎回、緊張します。まぁ、適度な緊張感があった方が結果的には上手くいってます。オリンピックでアスリートをみていると実力があるのに本番では普段の実力を発揮できないことがあります。 古い話しですが、私が経験した思い出... 続きを読む

ビジネスに応用する脳科学

2016-11-26

Good & New

イメージ

セミナーのワークなどで経験したこともあるでしょうし、会社の朝礼でやってるという人もいるかもしれません。 Good & New米国の教育学者ピーター・クライン氏によって開発され、組織やグループを活性化するそうですね。 例えば、 1日の中で起こった出来事で嬉しかった... 続きを読む

ビジネスに応用する脳科学

2016-11-08

脳を騙して発想を変える

イメージ

糖質を押さえる食事に変えようと今月からやっていますが、まだ1日目(笑) そう言えば、あなたもありませんか?何か決めて行動を起こそうとした時、明日からとか、月曜からとか、来月からという先送り。 例えば、 これから寒くなってくると時間、ギリギリまで寝ていたい。... 続きを読む

ビジネスに応用する脳科学

2016-11-05

脳を騙してみませんか

イメージ

一攫千金で得た数億円も一瞬で借金地獄になった人を何人も見てます。 ていうか、友人にいます(^o^) 順風満帆だった会社もちょっとしたことで倒産したりね。人生は山あり谷あり。 こんなことは運命だから仕方ないという人もいるでしょうが、これらは自身の脳が作った出来事... 続きを読む

ビジネスに応用する脳科学

2016-10-18

1件~14件(14件)

RSS
メールマガジン
羅針盤

メールマガジン【羅針盤】は  ・職場・得意先・ママ友・家族の人間関係・自分の強みや目的の発掘・習慣を変えてマインドセット書き換える・失敗・後悔しな...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
小橋広市さん

あらゆる社会の要となる女性をサポートするコーチ・コンサル(1/3)

「『良き家庭はよき社会をつくる』逆に言えば、このギスギスとした現代社会は、元をたどれば家庭にたどり着くのではないかと私は思うのです」そんな言葉からぽつりぽつりと思いを話しはじめてくれたのが、「住環境習慣コンディショニングコーチ・コンサルタン...

小橋広市プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

ゼロ起業女性を10000人に1人のスペシャリストにするプロ

会社名 : OFFICE SAELA
住所 : 京都府山科区勧修寺福岡町312-403 [地図]
TEL : 090-3359-2179

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-3359-2179

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小橋広市(こばしひろ)

OFFICE SAELA

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

応用講座の21日間のトレーニング

私は去年、アンガーマネジメント入門講座を受講していました...

Y・K
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
心の状態を見える化
イメージ

あるけどない、ないけどある不思議な世界私たちが観ている世界はあるようでない世界。 あなた...

[ 関係性コンディショニング ]

やる気スイッチはドーパミン放出
イメージ

人が何か行動を起こす時、行動のトリガーになるのが感情。 感情が動かないと脳は無意識に「先延ばし」...

[ ビジネスに応用する脳科学 ]

カフェで簡単コーチング
イメージ

昨日の京都は吹雪いていました。私が外出する時に限って雨か嵐です(笑) そんな天候の中、私が毎月行って...

[ 強みと専門性の引き出し ]

悪習慣のランキング
イメージ

昨日は雪がよく振りました。 こんな大雪の日は、暖かい部屋が一番安全・安心ですが、一歩外へ出ると、どん...

[ マインドセットの書き換え ]

問題解決を睡眠中の脳に依頼
イメージ

先日の記事で投稿した睡眠中に自動で問題解決の中のレミニセンス現象の体験のやり方を具体的に教えてほしい...

[ ビジネスに応用する脳科学 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ