コラム一覧 :認知症介護者の憂鬱

1件~15件(20件)

過去の15件

苦しい、懐かしい、楽しい

イメージ

先日、実家に帰って片付けをしている時、私が書いていた「介護日記」が出てきました。お袋が認知症になって、あまり人に言えなかった愚痴とも独り言とも言えない内容のものでした。読んでいると、懐かしさと後悔が入り混じって胸が熱くなりました。 -----... 続きを読む

認知症介護者の憂鬱

2018-04-23

生活習慣と認知症の関係

イメージ

このブログに「認知症介護者の憂鬱」というテーマがあります。私のお袋が認知症になって遠距離介護をしてきた中で感じたことを書いています。当初は別のブログに分けようと考えてましたが、認知症と生活習慣が関係してることで同じブログ内でテーマ分けすることにしました... 続きを読む

認知症介護者の憂鬱

2018-04-22

認知症介護の共倒れ

イメージ

今回のコラムは、お袋が認知症になって1年目の正月に実家に帰った時の話。その頃が一番、辛かったので、私と同じように遠距離介護をしている方の参考になれば嬉しいです。 その年の正月は、認知症になったお袋の初めての介護のために10日間実家に帰ることにしました。... 続きを読む

認知症介護者の憂鬱

2018-04-14

認知症介護の悩みと向き合い方

イメージ

今日のコラムは、認知症介護の記録記事です。お袋が認知症になった頃、受け入れることができずに悩んでいる時に、専門医の友人から下記のコメントを頂いたので紹介します。コメントの中でご本人も仰っていますが、全ての認知症患者に適応するということではありませんが、... 続きを読む

認知症介護者の憂鬱

2018-04-13

嫉妬かヤキモチかジェラシーか

イメージ

母親が息子にヤキモチを焼くことがあるんですね。お袋が認知症になった年にパートナーを実家に招待した日 お袋は認知症になる前に一度、パートナーと会っています。認知症になってから初めてなのでどのような反応をするのか楽しみにしていました。対面した際... 続きを読む

認知症介護者の憂鬱

2018-04-10

認知症の不可思議な行動

イメージ

若かりし頃、デートに出かける直前、いつもになくソワソワしたものです。お袋が特養に入る前にデイサビースに行っていた頃、デイに行く日は、いつもの朝とは様子が違って、妙にそわそわし、何やら探しものをし始めます。自分のバックの中を全部出します。何を探しているか尋... 続きを読む

認知症介護者の憂鬱

2018-04-09

どこまで弱者を苦しめるのか

イメージ

お袋が認知症になり、介護保険を使うようになって色んな情報が入ってきました。今は特養でお世話になっていますが、他人事ではありません。 先日、特養にお袋の面会に行った時、こんな話を聴きました。「介護報酬の削減」政府は、利用者の利用料金が少し下る... 続きを読む

認知症介護者の憂鬱

2018-04-08

オシャレの矛先は怒りに

イメージ

昨日、施設のヘルパーさんから電話がかかってきた。お袋に何かあったのかと「ギクリ」としたが、担当のヘルパーさんに初めて暴言を吐いたらしい。 いつもの優しい口調のお袋からは想像ができなかったので、驚いたのだろう。 爆発の原因は、訪問美容師さんに... 続きを読む

認知症介護者の憂鬱

2018-04-07

藁にもすがる思い

イメージ

認知症が治る!  かも知れない・・・・そんなことを本気で思った頃があった。お袋の主治医から勧められたフェルガードというサプリメント。 フェルガードは、アルツハイマー型認知症症状の進行抑制に用いられるアリセプトドネペジルでも改善が見られ... 続きを読む

認知症介護者の憂鬱

2018-04-06

笑って楽しんで1/2介護

イメージ

お袋が認知症になって間がない頃、藁にもすがる思いで、家族介護者の会に参加しました。その時に、色んな事情を抱えた方から、大変なのは自分ばかりじゃないと勇気づけられました。その時の皆さんの望みは下記のようなこと。・仕事も介護も両立させたい!・介護の話が... 続きを読む

認知症介護者の憂鬱

2018-04-03

どこかにあるアイデンティティ

イメージ

女性はいくつになっても「女」お袋が実家で暮らしている頃は美容院に同伴して白髪染めに付き合っていました。私が一緒に行くのは、お袋が認知症であるゆえにお金の支払いに苦労するので同伴するわけです。美容院の椅子に座ると、髪がほとんど真っ白になってる自分を見て... 続きを読む

認知症介護者の憂鬱

2018-04-01

大切な書類が・・・

イメージ

実家の片付けをしていたら、大切な書類がゴミになっていた。部屋の隅の方にまるめて捨ててあった。私が手続きしたものは京都の自宅に転送してもらうように手配したが、転送する以前の公的な書類がまだ実家に届いていたのをすっかり忘れていた。 お袋は思考が... 続きを読む

認知症介護者の憂鬱

2018-03-30

想い出の青いサイフ

イメージ

認知症のお袋が、実家でひとり暮らしをしてる頃の話。お袋は財布を無くしたらしく帰郷した私の顔を見るやいなや財布がない、財布を盗まれた! ヘルパーが盗んだに違いない!と言い出しました。帰っていきなりだもんで、さすがに話すのが億劫になり私はだまりました。お... 続きを読む

認知症介護者の憂鬱

2018-03-19

認知症の高性能センサー

イメージ

お袋が特養に入ってからインフルエンザが流行っているということで面会できず、ずいぶん会ってないように感じます。 お袋がまだ実家で暮らしている頃の話私が実家に帰った際、お袋がいつも口にするのは、「ヘルパーは皆んな嫌い」、「もう来てほしくない」な... 続きを読む

認知症介護者の憂鬱

2018-03-16

今まで手一番マズイ夕食

イメージ

心不全で入院したお袋が退院するというので帰郷したが、何かの間違いか退院の許可が出てないとのこと。 ショックだったが、できることだけでもしておこうと思い、入院や治療のための書類を書いたり特養に行って説明を聴いた。 肝心のお袋はというと認知症とい... 続きを読む

認知症介護者の憂鬱

2017-12-10

1件~15件(20件)

過去の15件

RSS
メールマガジン
羅針盤

メールマガジン【羅針盤】は  ・職場・得意先・ママ友・家族の人間関係・自分の強みや目的の発掘・習慣を変えてマインドセット書き換える・失敗・後悔しな...

サービスメニュー
プロフィール相関図

◇ 基本個人セッション◇ 子育てママの未来学習塾♪ ◇ 組織でこじれた人間関係を劇的に修復する関係性コンディショニング ◇ パワハラにならない叱り方と画...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
小橋広市さん

あらゆる社会の要となる女性をサポートするコーチ・コンサル(1/3)

「『良き家庭はよき社会をつくる』逆に言えば、このギスギスとした現代社会は、元をたどれば家庭にたどり着くのではないかと私は思うのです」そんな言葉からぽつりぽつりと思いを話しはじめてくれたのが、「住環境習慣コンディショニングコーチ・コンサルタン...

小橋広市プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

住環境✕家族習慣✕家族力=理想の家創りと家族力を高めるプロ

会社名 : OFFICE SAELA
住所 : 京都府山科区勧修寺福岡町312-403 [地図]
TEL : 090-3359-2179

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-3359-2179

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小橋広市(こばしひろ)

OFFICE SAELA

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

カフェで気軽にできるコーチング

Iさん(女性)Webデザイナー 本日のホウレンソウ講座に参加し...

I・I
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
病院は現実の日本が観えるところ
イメージ

心筋梗塞で倒れて以来、定期的に通院しています。診察を待っている間、待合室で本を読みながら、人間ウ...

[ 人生の軌跡と羅針盤 ]

アイデンティティを他者を投影して観る
イメージ

お子さんが、スマホでLINEやゲームに夢中になるので、アプリや携帯に制限をかける親御さんがいるようです。...

[ 関係性コンディショニング ]

勝手な期待値の迷惑
イメージ

昨日の「苦しい、懐しい、楽しい」の記事で、認知症のお袋に強い怒りを感じたことを書きました。何故、認...

[ 関係性コンディショニング ]

苦しい、懐かしい、楽しい
イメージ

先日、実家に帰って片付けをしている時、私が書いていた「介護日記」が出てきました。お袋が認知症にな...

[ 認知症介護者の憂鬱 ]

生活習慣と認知症の関係
イメージ

このブログに「認知症介護者の憂鬱」というテーマがあります。私のお袋が認知症になって遠距離介護をし...

[ 認知症介護者の憂鬱 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ