セミナー・イベント情報

怒りと向き合うアンガーマネジメント入門講座

  • [ まなぶ ]
開催日
概要

怒り

怒りやイライラと常に付き合っているあなたは
セルフイメージが低くなって平常心で物事が観れなくなり、大切な決断をする際、間違った進路を選ぶかも知れません。

もし、アスリートのように怒りのエネルギーを上手にコントロールし、モチベーションを上げる方向にパワーを注げたらあなたの行動力も飛躍的に加速するはずです。



アンガーマネジメント入門講座は
即、その日から手軽に実践できて
「怒り」のしくみが解りやすいことで定評があり、
近年TV、雑誌、ラジオ等で話題になっています。

受講時間は90分、ワークをやりながら学ぶので、
3人程度のグループから数十人の企業研修まで
人数制限なく受講できる講座です。





◯ 開催日時 2017年6月18日(日) 13:00~14:30

◯ 会 場  倉敷市玉島市民交流センター 2F 第6会議室

◯ アクセス http://www.tamashima-cec.jp/access

◯ 受講料  3,240円(税込み)
  
◯ 定 員  14名
 
◯ 受講時間 3時間





 

小橋広市(元建築家。女性の起業サポートするコーチングのプロ)

OFFICE SAELA

  • 電話:090-3359-2179 (お電話の際、「マイベストプロを見た」とお伝えください!)
  • 営業時間:平日9:00~20:00 土日祝9:00~19:00
  • 定休日:年中無休

このプロに問い合わせたい

最近投稿されたコラムを読む
メールマガジン
羅針盤

メールマガジン【羅針盤】は  ・職場・得意先・ママ友・家族の人間関係・自分の強みや目的の発掘・習慣を変えてマインドセット書き換える・失敗・後悔しな...

サービスメニュー

◇ 基本個人セッション ◇ 組織のこじれた人間関係を劇的に修復する関係性コンディショニング ◇ パワハラにならない叱り方と画期的なコミュニケーション術で生...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
小橋広市さん

あらゆる社会の要となる女性をサポートするコーチ・コンサル(1/3)

「『良き家庭はよき社会をつくる』逆に言えば、このギスギスとした現代社会は、元をたどれば家庭にたどり着くのではないかと私は思うのです」そんな言葉からぽつりぽつりと思いを話しはじめてくれたのが、「住環境習慣コンディショニングコーチ・コンサルタン...

小橋広市プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

住環境✕家族習慣✕家族力=住育で理想の家と家族を創るプロ

会社名 : OFFICE SAELA
住所 : 京都府山科区勧修寺福岡町312-403 [地図]
TEL : 090-3359-2179

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-3359-2179

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小橋広市(こばしひろ)

OFFICE SAELA

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

サッカーの前園さんがアンガーマネジメントをされていることをテレビを観て

サッカーの前園さんがアンガーマネジメントをされていること...

I
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
笑って楽しんで1/2遠距離介護
イメージ

私は現在、月1回、お袋の遠距離介護のために実家に帰っています、明日のその日。 新幹線の車窓から景色...

[ 認知症介護者の憂鬱 ]

怒りの倍速整理整頓術
イメージ

人は何か問題が起きるとつい、他者の責任に転化しがちです。先日、スーパーで買い物カートの前で話をして...

[ アンガーマネジメント ]

失敗のタネは成功への活力
イメージ

今日は私の昔話。 新入社員で、ある大手企業のシステム課に配属された時、 「小橋君、君は若いんだから...

[ 人生の軌跡と羅針盤 ]

面倒くさいけど自分探しが100%できる
イメージ

私は4年前に重度の心筋梗塞で倒れ、設計事務所を廃業した後、何となく「目的」がありそうでなかったのです。...

[ ビジネスに応用する脳科学 ]

私は日本語が喋れない

自分が観たことを他者に伝えるのって難しくありませんか。私は自分の気持ちや感動を他者に伝えるのがとても...

[ 関係性コンディショニング ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ