コラム

2015-10-04

キッチン回りをスッキリさせるパントリー(食糧収納庫)

キッチンの中に憧れのパントリーを

完成時は住宅雑誌のように美しい家も「住み始めると途端に散らかってしまう」ということはよくあります。特に使う頻度が高いキッチンは、モノであふれることが多い場所です。


近年は、雑誌などでパントリーの特集が組まれて注目を集め、新築やキッチンリフォームでも需要が高まっています。

ある意味、パントリーは今の時代を反映しています。
昔は毎日商店街で買い物をするというスタイルでしたが、現代はどうでしょう。

食材の保存が効くようになり、冷凍食品の品ぞろえも充実しています。共働きのご家庭も増え、食材をまとめ買いする方が増えてきました。
週末にご夫婦で郊外型の大型店舗へ出かけ、飲料水やアルコール類、食材や生活雑貨などをまとめて購入する。あるいはネットショッピングでまとめ買いする方もいらっしゃるでしょう。
キッチンのパントリーは、そんな今の時代のニーズにマッチしたものといえます。

たくさん収納でき、出し入れも便利なパントリー

キッチンの収納といえば、カップボードがあります。これは食器の収納や家電の設置には便利ですが、スペースが限られていますので食材の在庫までは収納しきれません。

床下収納の場合は、出し入れしにくいので、使用頻度の低いものの保管にはいいと思いますが、温度の管理が難しいので、置けるものは限られてきます。

パントリーは、お米・飲料・調味料・缶詰・粉類・乾物・レトルト食品・季節の食器、たまにしか使わない家電など、これらをまとめて一カ所に収納できるのが魅力です。

出し入れも便利なので、キッチンが片付けやすく、いつもスッキリした状態を保つことができます。そして棚があるので整理整頓もしやすくなります。

また、キッチンとほぼ同じ環境なので温度・湿度が把握できて安心です。外国の映画に出てくるような、豊富な食料在庫を収納したパントリーに憧れる方も多いはずです。

パントリーのデメリット

デメリットとしては、最低2畳ほどのスペースが必要なので、空間に余裕がないと設置できないことです。

また、デッドスペースとなってしまった場合、賞味期限切れの食品や害虫の発生につながります。
ですから「カップボードと床下収納があれば事足りる」というのであれば、あえてパントリーを設ける必要はありません。

逆に食料品のストックが多い方や納戸として使いたい方など、活用方法が思いつく方にはおすすめします。ご自身のライフスタイルに合わせてキッチンの収納を選びましょう。

この記事を書いたプロ

有限会社アイバ工務店 [ホームページ]

一級建築士 饗庭多嘉男

京都府京都市山科区大宅神納町109 [地図]
TEL:075-575-3633

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
饗庭 多嘉男(あいば たかお)さん

住み心地、創造性、コスト面……満足度の高い家づくりを実現(1/3)

「施主さんと一緒に創り上げていくのがモットー」という、一級建築士の饗庭多嘉男さん。依頼主の価値観はさまざまですから、望んでいる方向性を何げない会話の中から読み取り、それをヒントに家づくりのプロとしての提案をしていきます。納得のいく判断がで...

饗庭多嘉男プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

会社名 : 有限会社アイバ工務店
住所 : 京都府京都市山科区大宅神納町109 [地図]
TEL : 075-575-3633

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-575-3633

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

饗庭多嘉男(あいばたかお)

有限会社アイバ工務店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ダイニングのリフォーム:照明と床材

 部屋を引き立たせる照明の役割 今も昔も私たちの暮らしに欠かせない照明。かつては天井の真ん中に照明器具が...

[ リフォーム ]

リビングのリフォーム:できるだけ広くが基本

 リビングの面積を広げる方法 リビングは家族とともに長い時間を過ごす場所です。決まった使い方があるわけで...

[ リフォーム ]

寝室リフォーム:方位と西日に気を付ける

 快適な寝室は日当たりと通気性が重要 睡眠は健康な生活を送るうえで重要な要素です。寝室は寝るための部屋で...

[ リフォーム ]

和室のリフォーム:和洋折衷型で考えてみる

 多目的に使える和室の魅力 今も昔も和室は日本人にとって馴染み深い空間で、その落ち着いた雰囲気は、心に安...

[ リフォーム ]

カーポートのリフォーム:片流れタイプと両側支持タイプ

 愛車を風雨や日光から守るカーポート 「車を雨ざらしにはしたくないけれど、ガレージまでは・・・」という方...

[ リフォーム ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ