コラム

2015-10-13

趣味や季節感を彩る空間演出がステキな飾り棚のニッチ

趣味と実用、両方に生かせるニッチ

ニッチとは壁をくり抜いて作る飾り棚のことです。間仕切り壁を利用して、どこにでも作ることができます。
通常はモノを置けない廊下や階段でも、ニッチを作ることによってスペースが出現します。一輪挿しを置いて季節感を演出したり、趣味で作ったプラモデルを飾ってみたり、家族の写真を飾ってみたり、思い思いのインテリア雑貨を飾ることができます。

ダウンライトをニッチの上部に埋め込んで照らすと、そこに飾った写真や絵を際立たせることができて、アート作品を展示する作家の気分を楽しむこともできるでしょう。

また、キッチンの壁にニッチを作って調味料を置いたり、玄関に作って鍵を置いたり、お子さんが届く低い位置におもちゃや絵本をおける奥ゆきのあるスペースを作るなど、実用的な使い道もあります。このようにニッチは、インテリアのアクセントにも、ちょっとした収納にも便利です。

ニッチを作れる場所、作れない場所

新築やリフォーム時に作りそこねてしまったけれど、「ニッチが欲しい」と思っている方は、自分で手作りすることも可能です。
しかし、どの壁にも作れるというわけではありません。ニッチが作れるのは間仕切り壁の、間柱と間柱の間の空洞になっている部分です。

外壁側の壁や耐力壁、筋交い、ガス管のあるところなど、作ることができない箇所がありますので、事前に設計図などで確認しておきましょう。

ニッチの作り方

ニッチの作り方はシンプルで、壁をくり抜き、そこに手作りの棚をすっぽりはめ込むという方法です。

まず、はめ込む棚の大きさに合わせて、壁に穴を空けましょう。ホームセンターなどで売っている石膏ボード用ののこぎりを使うときれいに切れます。穴を空けたら、そこに棚をはめ込みます。器用な方はホームセンターで板を買ってきて組み立て、水性ペンキを塗って仕上げることができると思います。

手間を省きたい方は、既成のニッチ用の棚もあります。また手ごろな木箱のようなものでも代用できます。

100円均一ショップなどで売っている、アクセサリーを飾る棚などを埋め込んでもオシャレです。

ただし奥行きが深すぎると、壁からはみ出し邪魔になります。壁から10mmはみだす程度がちょうどいいので、通常の一戸建て住宅なら、奥行が100mm程度のものを選ぶようにしましょう。奥行が足りない場合はかさ上げすると良いでしょう。
DIYの好きな方は、使い道を思い浮かべながら、楽しんで作ることができると思います。

この記事を書いたプロ

有限会社アイバ工務店 [ホームページ]

一級建築士 饗庭多嘉男

京都府京都市山科区大宅神納町109 [地図]
TEL:075-575-3633

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
饗庭 多嘉男(あいば たかお)さん

住み心地、創造性、コスト面……満足度の高い家づくりを実現(1/3)

「施主さんと一緒に創り上げていくのがモットー」という、一級建築士の饗庭多嘉男さん。依頼主の価値観はさまざまですから、望んでいる方向性を何げない会話の中から読み取り、それをヒントに家づくりのプロとしての提案をしていきます。納得のいく判断がで...

饗庭多嘉男プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

会社名 : 有限会社アイバ工務店
住所 : 京都府京都市山科区大宅神納町109 [地図]
TEL : 075-575-3633

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-575-3633

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

饗庭多嘉男(あいばたかお)

有限会社アイバ工務店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ダイニングのリフォーム:照明と床材

 部屋を引き立たせる照明の役割 今も昔も私たちの暮らしに欠かせない照明。かつては天井の真ん中に照明器具が...

[ リフォーム ]

リビングのリフォーム:できるだけ広くが基本

 リビングの面積を広げる方法 リビングは家族とともに長い時間を過ごす場所です。決まった使い方があるわけで...

[ リフォーム ]

寝室リフォーム:方位と西日に気を付ける

 快適な寝室は日当たりと通気性が重要 睡眠は健康な生活を送るうえで重要な要素です。寝室は寝るための部屋で...

[ リフォーム ]

和室のリフォーム:和洋折衷型で考えてみる

 多目的に使える和室の魅力 今も昔も和室は日本人にとって馴染み深い空間で、その落ち着いた雰囲気は、心に安...

[ リフォーム ]

カーポートのリフォーム:片流れタイプと両側支持タイプ

 愛車を風雨や日光から守るカーポート 「車を雨ざらしにはしたくないけれど、ガレージまでは・・・」という方...

[ リフォーム ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ