コラム

2012-05-23

天下の銘石「庵治石(あじいし)」の歴史!

こんにちは『石のプロ』嫁の山本洋子です。 

本日も引き続き、先日の『庵治ストーンフェア2012』の記事を担当させていただきます、よろしくお願いします。

今回の主目的である『庵治石大丁場見学ツアー』へ向う車中で、庵治石の歴史の話があり、とても興味深かったのでご紹介したいと思います。

庵治石(あじいし)の歴史は、文献的には約700年の歴史があるそうです! 

京都の石清水八幡宮(八幡市)の「建武回録記」という古文書の中に、平安時代の1339年宝殿・幣殿・拝殿の再興にあたり、讃岐の石が送り出されたと書かれているそうです。

また、天正時代(1573年~)には、大阪城や高松城の築城のために、庵治石の採石が本格的に始まり、庵治の港から運び出されたため「庵治石(あじいし)」と呼ばれるようになったそうです。

庵治の原産地での石の加工の始まりは、江戸時代1814年から始まった屋島東照宮の造営の頃からだそうです。

それまでも庵治に石工はいたそうですが人手不足であり、また加工の技術が低かったため、紀州の和泉の国より石工を呼びよせたそうです。

呼び寄せられた和泉の石工たちは腕の良さで予定よりも早く仕事を終えて、一旦和泉の家族の元へ帰ったそうですが、その石工の中の多くが「庵治石」に魅せられ、家族を引き連れて再び庵治へ舞い戻り住みついて、この地で石工を続けたのだそうです。 

そして時代は明治に入り、皇居の御造営や神戸の須磨離宮・京都の伏見桃山稜などにも多くの石を送り出し、次第に「庵治石」の評価が上っていったそうです。

技術の進歩とともに、灯篭・墓石材として需要が増加し、現在では世界に誇る高級墓石材として認められるようになったとのことです。

今回の見学ツアーで見せていただいた「大丁場(おおちょうば)」は、庵治石の四ヶ所の丁場の内でも藩政時代に高松藩の石を切り出していた御用丁場で、最も良質で、かつ最も多くの埋蔵量を誇る丁場であり、何と全国への「庵治石」の供給の八割をになっておられるそうです 

この大丁場は、水戸徳川家から初代高松藩藩主となった松平頼重(まつだいらよりしげ)-水戸光圀公(黄門様)の兄-の筆頭家老をつとめた「大久保家」が代々所有し、統括管理が行なわれています。

香川県や「大久保家」の(株)オオクボエンタープライズ・大丁場で採石を行なう10業者からなる組織『庵治大丁場石の会』の三者が、歴史ある山に感謝し大切に守りながら、貴重な石を切り出しておられる様子がわかるとても良いお話でした。



庵治石はとても美しい希少価値のある銘石で、わたしも大好きな石ですが、こうして石の歴史を聞くとますます愛着が湧いてきます。

弊店の店頭にも常時「庵治石」の展示がしてございますので、是非その美しい石目をご覧になりにお越しください。

お待ちしております。

●お墓や墓地のご相談・お困りごとは

『石のプロ』-信頼できる石材店にご相談ください!

『石のプロ』 (株)石俊のホームページはこちら

『石のプロ』嫁が「石俊のあれこれ」をブログに書いております.

【京都の石材店「石俊(いししゅん)」】よめっこのブログはこちら

どうぞご覧ください。



この記事を書いたプロ

株式会社 石俊 [ホームページ]

山本精一

京都府京都市左京区一乗寺東浦町59-2 [地図]
TEL:075-791-1681

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
イメージ

●「お彼岸のお墓参りが楽しみ」とご感想をいただきました!先月、墓所の整備をご用命いただいたお客様から、嬉しいご感想を寄せていただきました。実名での掲載もお...

(株)石俊スタッフのご紹介
イメージ

私たちがお客様のお墓作りをご一緒にさせていただきます、どうぞよろしくお願いいたします。左から ◆ 原田 侑也(はらだ ゆうや) S.58.1.5生  お墓ディレク...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
京都の老舗石材店の3代目となる山本精一さん

京都の老舗石屋の実力は 100年以上続く信頼が証です(1/3)

 京都の夏の風物詩の1つといえば「大文字」。この付近はかつて、石の産出地として日本で有数の地でした。そのお膝元に店を構えて100年、創業は江戸時代末期にさかのぼるというのが「株式会社 石俊」。「店を構えてから考えると、私が現在3代目になる...

山本精一プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

会社名 : 株式会社 石俊
住所 : 京都府京都市左京区一乗寺東浦町59-2 [地図]
TEL : 075-791-1681

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-791-1681

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山本精一(やまもとせいいち)

株式会社 石俊

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

昔の墓石を使って、心のこもったお墓

この度の改墓にあたり、いろいろお世話になりありがとうござ...

Y.Y
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
2013年もよろしくお願いいたします!
イメージ

こんにちは、『石のプロ』山本 精一です。遅ればせながらのご挨拶になりましたが、2013年もよろしくお願いいた...

[ (株)石俊のご紹介  ]

宇治市営「天ケ瀬公園墓地」秋の使用者募集受付は明日26日(月)までです!
イメージ

おはようございます、『石のプロ』山本 精一です。先日もご案内させていただきましたが、宇治市市営「天ケ瀬...

[ お知らせ! ]

宇治市営「天ケ瀬公園墓地」秋の使用者募集が始まりました!
イメージ

おはようございます、『石のプロ』山本 精一です。春にもご案内させていただきましたが、春と秋に年2回だけ行...

[ お知らせ! ]

京都市市営「清水山墓地」はおススメです!
清水山墓地

こんにちは、『石のプロ』山本 精一です。2週間前にもご案内させていただきましたが、本年度の京都市市営墓地使...

[ お知らせ! ]

京都市市営墓地使用者募集が始まりました!
イメージ

こんにちは、『石のプロ』山本 精一です。本日は京都市在住で墓地をお探しの方に必見の情報です。 今年も1...

[ お知らせ! ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ