コラム

 公開日: 2015-02-25  最終更新日: 2015-06-13

平成21年及び平成22年に取得した土地の売却控除

個人が、平成21年または平成22年に取得した土地等を平成27年以降(H22年取得→H28年以降)に譲渡した場合、譲渡所得の金額から1,000万円を控除できます。

特例を受ける要件
①親子や夫婦などの特別な間柄の者からの取得した土地ではない
②相続や贈与、交換、特殊な関係のある法人などから、取得した土地ではない
③譲渡した土地について、収容などの特別控除や事業用資産を買い替えた場合の課税繰り延べの特例を受けてない

なお、この特例を受ける旨記載した確定申告書を提出することが必要です。





株式会社いとぐち不動産
京都市下京区東中筋通五条下る天使突抜三丁目456
HP http://www.itoguchi.jp

この記事を書いたプロ

株式会社いとぐち不動産 [ホームページ]

不動産コンサルタント 四宮燦成

京都府京都市下京区東中筋通五条下る天使突抜三丁目456 [地図]
TEL:075-351-1980

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
不動産の査定評価
不動産売却

当社では不動産の査定を行う場合、不動産査定システムを利用します。査定システムは、近隣成約事例だけではなく、路線価・公示価格などを参考に鑑定評価を行います...

業務内容・相談事例
イメージ

【賃貸・管理・有効活用】借地・借家に関する相談 空き家に関する相談 立退きに関する相談不動産有効活用に関する相談【売買・相続・評価】 相続、不動産...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
四宮 燦成(しのみや さんせい)プロ

顧客の気持ちに寄り添う不動産コンサルティングを実施(1/3)

下京区天使突抜町に事務所を構える「株式会社いとぐち不動産」。代表取締役の四宮燦成さんは「弊社を通じて、不動産にまつわるお悩みを解消してほしいという思いから『いとぐち』という名前をつけました」と語ります。「空地、空き家の処分方法について教...

四宮燦成プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

不動産コンサルティングの総合的な判断でお悩みを解決に導く

会社名 : 株式会社いとぐち不動産
住所 : 京都府京都市下京区東中筋通五条下る天使突抜三丁目456 [地図]
TEL : 075-351-1980

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-351-1980

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

四宮燦成(しのみやさんせい)

株式会社いとぐち不動産

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

長年使用してない建物の有効活用をお願いしました。

土地・建物を相続で取得後、数年空き家の状態が続いていまし...

N
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(12

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
京都市 不動産売却前に確認しておくべきこと

個人が土地や建物を売却し、利益(譲渡益)が出た場合、その利益に対し「所得税」と「住民税」がかかります。 この...

[ 不動産売却 ]

下京区不動産展望
イメージ

年末から年始に掛け福岡へ福岡市も京都市同様、外国人観光客の多さが目立ちます。博多駅周辺はもちろんで...

[ 不動産有効活用 ]

インターネットの物件は現地確認が大事
イメージ

現地確認では、物件資料だけでは把握できない様々なことがわかります。売り土地でも、すぐに建築できる土地も...

[ 住まい、土地購入 ]

不動産物件の探し方 京都
イメージ

希望条件が整った後、具体的に住宅・土地探しを開始します。まずインターネットで検索してみるという方は多い...

[ 住まい、土地購入 ]

京都 不動産・土地選びの手順

理想の住まいや暮らしを手に入れるには、家族で話し合うのが「第一歩」です。将来の家族構成を考えて、自分達...

[ 住まい、土地購入 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ