コラム一覧

1件~15件(46件)

過去の15件

ニットタイ

イメージ

5月も後半に入り、日差しが暑いくらいの日が増えてきました。クールビズも始まりましたが、ノーネクタイでジャケットも着ない方。ノーネクタイだけどジャケットを着る方、半袖シャツの方など人それぞれのようです。今年は涼しさを保ちつつおしゃれ感も求める傾向になっています。そこで... 続きを読む

スーツの着こなし

2016-05-17

スーツの着こなし ネクタイの生地

イメージ

ネクタイの生地といえば、ほとんどのものがシルクです。シルク独特の光沢があり、表面が滑らかな生地というイメージを皆さんお持ちかと思いますが、冬用としてチョット変わったものがございます。ウール100%またはウール・シルク混紡のネクタイです。表面を起毛させた暖かみのある質感... 続きを読む

スーツの着こなし

2015-10-19

スーツの着こなし ネクタイの長さ

イメージ

ネクタイを結んだとき、大剣(幅の広い方)の先がベルトにかかるくらいが適切な長さになります。長すぎるとだらしなく見え、短すぎると貧相に見えてしまいます。長さは結び方によって調整できますのでいろいろ試してみてください。ネクタイの長さは通常140㎝ほどです。身長の高い方用... 続きを読む

スーツの着こなし

2015-09-25

スーツの着こなし  ネクタイの結び方

イメージ

朝晩は涼しく、日中はさわやかな季節になってまいりました。クールビズもそろそろ終わりにして、ネクタイを締められる方もいらっしゃるかと思います。ネクタイの結び方には種類がありますが、皆さんはどの結び方でしょうか。どの結び方でもよいのですが、下の画像のように結び目の下にディンプル... 続きを読む

スーツの着こなし

2015-09-22

2015AWスーツのトレンド

イメージ

8月も20日を過ぎ秋は目の前に。今年はどんなスーツを着ようかとお考えの方も多いと思います。この秋冬シーズンのトレンドは、色はグレーで特に明るめのグレーがお勧めです。素材はここ数年人気のフラノが続くようです。シルエットはこれまでのタイトでシャープなものから、身頃に若干ゆとりが... 続きを読む

オーダースーツ

2015-08-25

スーツのディテール 上着のボタン

イメージ

皆様ご周知の通り、スーツの下のボタンは掛けないのがマナーですが、では、その理由はご存知でしょうか。昔、乗馬の際に上着のボタンを全部掛けたままだと窮屈なので、下のボタンをはずしたのが始まりとの説があります。また、かつて、ボタンは留め具であると同時にも装飾品でもありました... 続きを読む

スーツのディテール

2015-08-08

スーツのディテール 上着のポケット

イメージ

スーツの上着の腰ポケットにはいくつかデザインがあります。皆さんがお召しのスーツの腰ポケットは、ほぼ、下の画像のようなフラップ付きだと思います。このフラップには雨蓋(あまぶた)という名前もあります。ジャケットは昔、屋外で作業をする際に着られており、このフラップ(雨蓋... 続きを読む

スーツのディテール

2015-07-31

スーツのディテール フラワーホール

イメージ

下の画像のように、通常、スーツの左の衿にボタンホールがあります。しかし、反対の右の衿にボタンはありません。なぜ、こんな所にボタンホールだけあるのでしょうか?スーツの歴史を遡ると軍服に行きあたります。軍服は戦場での保温や攻撃から首を守るため詰襟(学生服のような)で、首元... 続きを読む

スーツのディテール

2015-07-25

スーツのディテール 裏地

イメージ

通常、スーツには裏地が付いています。裏地を付けるのには、着るときのスベリを良くする、表生地の傷みを防ぐなどの理由があります。昔、スーツは親から子へ、子から孫へ引き継がれ、裏地が傷んだら交換して着るものでした。オーダースーツの楽しみに「裏地選び」があります。スーツの表生... 続きを読む

スーツのディテール

2015-07-24

スーツのディテール 袖ボタン

イメージ

みなさんのスーツの袖口にはボタンが何個付いていますか。大抵は3個ないし4個ではないでしょうか。ところで「なぜこんな所にボタンが付いているの?」と疑問に思ったことはありませんか。袖ボタンには由来があります。スーツスタイルに欠かせないワイシャツは、昔は下着の位置づけ... 続きを読む

スーツのディテール

2015-07-16

スーツのディテール コバステッチ

イメージ

皆さんごお召しのスーツに衿の縁にステッチは入っていますか? このステッチはコバステッチとかAMFステッチと呼ばれています。通常は衿と前裾、胸ポケット、腰ポケットのフラップに入れます。ちなみにAMFとは、このステッチを入れる機械を開発した「アメリカン・マシン・アンド・フ... 続きを読む

オーダースーツ

2015-07-13

男仕立てのレディーススーツ

イメージ

先日、女性のお客様がいらっしゃいました。スーツのご注文だったのですが、通常のレディーススーツではなく、「カッチリした男仕立てで作ってほしい。」とのご要望でした。また、「パーティーに着て行くのだが、男性はタキシードを着る。自分はスカートをはかないので着丈のあるタキシード的なスー... 続きを読む

オーダースーツ

2015-07-04

クールビズ用シャツ

イメージ

日毎に夏らしくなり、朝夕の通勤電車の中でもジャケットを着ている方はとても少なくなりました。クールビズスタイルの主役といえば、やはりシャツでしょう。普段着ているワイシャツも良いのですが、クールビズ用に一工夫したオーダーシャツもお勧めです。上の画像のシャツは、ノーネクタ... 続きを読む

オーダースーツ

2015-06-29

仮縫い

イメージ

当店では通常、スーツのオーダーは採寸した後にゲージ服(サイズ見本のスーツ)を着ていただき、サイズ調整や体型補正を致します。体型の特徴が強いお客様の場合は仮縫いをさせていただきます。仮縫いとは文字通り生地を仮に縫い合わせた状態の服で、それを試着していただき細かい調整をします。... 続きを読む

オーダースーツ

2015-06-14

レディーススーツ

イメージ

メンズのスーツの色は紺、グレー、黒、ときどき茶色がほとんどです。また、デザインも基本的な部分はみな同じです。一方、レディーススーツは色柄が非常に豊富で、デザインもスカートもあればパンツもありで、多岐に渡っています。残念なことに女性のスーツ離れが進んでいると聞きま... 続きを読む

オーダースーツ

2015-06-01

1件~15件(46件)

過去の15件

RSS
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
烏丸御池にあるメンズ&レディスのオーダースーツ専門店「オーダースーツ・重太郎」の店長を務める菅野晴治朗さん

オーダースーツをもっと身近に。働く人を応援したい(1/3)

 着心地が良く個性が光るオーダースーツ。憧れを抱いても購入には躊躇する人が多いかもしれません。「その良さを知って、もっと気軽に着てほしい」と語るのは、烏丸御池にあるオーダースーツ・重太郎の店長、菅野晴治朗さん。 福島県で70年以上続き、...

菅野晴治朗プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

生地問屋とテーラーの老舗が融合。上質のオーダースーツが低価格

店名 : オーダースーツ・重太郎
住所 : 京都府京都市中京区姉小路通高倉東入木ノ下町296 加藤重ビル2F [地図]
TEL : 075-708-2143

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-708-2143

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菅野晴治朗(かんのせいじろう)

オーダースーツ・重太郎

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ニットタイ
イメージ

5月も後半に入り、日差しが暑いくらいの日が増えてきました。クールビズも始まりましたが、ノーネクタイでジャ...

[ スーツの着こなし ]

スーツの着こなし ネクタイの生地
イメージ

ネクタイの生地といえば、ほとんどのものがシルクです。シルク独特の光沢があり、表面が滑らかな生地というイメー...

[ スーツの着こなし ]

スーツの着こなし ネクタイの長さ
イメージ

ネクタイを結んだとき、大剣(幅の広い方)の先がベルトにかかるくらいが適切な長さになります。長すぎるとだらし...

[ スーツの着こなし ]

スーツの着こなし  ネクタイの結び方
イメージ

朝晩は涼しく、日中はさわやかな季節になってまいりました。クールビズもそろそろ終わりにして、ネクタイを締めら...

[ スーツの着こなし ]

2015AWスーツのトレンド
イメージ

8月も20日を過ぎ秋は目の前に。今年はどんなスーツを着ようかとお考えの方も多いと思います。この秋冬シーズ...

[ オーダースーツ ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ