コラム

 公開日: 2014-12-11 

ノーベル賞

昨日、ノーベル賞の授与式が行われました。日本人3人の方も受賞され、ニュース等で授与式の様子をご覧になった方も多いと思います。



画像の通り、授与式では皆さん燕尾服を着ます。上着のスソがツバメの尻尾に似ているのでこう呼ばれます。イブニングコート、テールコートなどの呼び方もあります。
この燕尾服は最も格式の高い「夜の正礼装」です。その着こなしには下記のようなルールがあります。

・ジャケット  黒無地。衿はピークドラペルの拝絹地付き。

・ベスト    白ピケ生地で衿付き

・シャツ    ウィングカラー。イカ胸シャツ(胸に厚い生地を付けたシャツ)。

・スラックス  黒無地。股上が深く白いサスペンダーを使用する。側章付き。

・タイ     ベストと同じ白ピケ生地の蝶ネクタイ。

・シューズ  黒のエナメルや内羽式の靴
(文章だけでは分かりずらいと思いますので、ご興味がありましたらお尋ね下さい。)

着る機会としては、今回のような格調の高い授賞式、公式の晩餐会、オーケストラの指揮者、社交ダンスの競技会、結婚式の新郎などがあります。ちなみに私も結婚式でこの燕尾服を着ました。
あまり見る機会も、着る機会もない燕尾服ですが、この機会にチェックしてみて下さい。

この記事を書いたプロ

オーダースーツ・重太郎 [ホームページ]

販売職 菅野晴治朗

京都府京都市中京区姉小路通高倉東入木ノ下町296 加藤重ビル2F [地図]
TEL:075-708-2143

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
烏丸御池にあるメンズ&レディスのオーダースーツ専門店「オーダースーツ・重太郎」の店長を務める菅野晴治朗さん

オーダースーツをもっと身近に。働く人を応援したい(1/3)

 着心地が良く個性が光るオーダースーツ。憧れを抱いても購入には躊躇する人が多いかもしれません。「その良さを知って、もっと気軽に着てほしい」と語るのは、烏丸御池にあるオーダースーツ・重太郎の店長、菅野晴治朗さん。 福島県で70年以上続き、...

菅野晴治朗プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

生地問屋とテーラーの老舗が融合。上質のオーダースーツが低価格

店名 : オーダースーツ・重太郎
住所 : 京都府京都市中京区姉小路通高倉東入木ノ下町296 加藤重ビル2F [地図]
TEL : 075-708-2143

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-708-2143

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

菅野晴治朗(かんのせいじろう)

オーダースーツ・重太郎

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ニットタイ
イメージ

5月も後半に入り、日差しが暑いくらいの日が増えてきました。クールビズも始まりましたが、ノーネクタイでジャ...

[ スーツの着こなし ]

スーツの着こなし ネクタイの生地
イメージ

ネクタイの生地といえば、ほとんどのものがシルクです。シルク独特の光沢があり、表面が滑らかな生地というイメー...

[ スーツの着こなし ]

スーツの着こなし ネクタイの長さ
イメージ

ネクタイを結んだとき、大剣(幅の広い方)の先がベルトにかかるくらいが適切な長さになります。長すぎるとだらし...

[ スーツの着こなし ]

スーツの着こなし  ネクタイの結び方
イメージ

朝晩は涼しく、日中はさわやかな季節になってまいりました。クールビズもそろそろ終わりにして、ネクタイを締めら...

[ スーツの着こなし ]

2015AWスーツのトレンド
イメージ

8月も20日を過ぎ秋は目の前に。今年はどんなスーツを着ようかとお考えの方も多いと思います。この秋冬シーズ...

[ オーダースーツ ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ