コラム

2015-07-27

債権者・債務者の双方にメリットがある"任意売却"の仕組みを知る

任意売却は債権者・債務者ともにメリットがある


マイホームを購入しても、住宅ローンの滞納が続けば住宅を手放さなければなりません。この手放す方法は、「競売」と「任意売却」の2つがあります。そして、より大きいメリットを期待できるのが任意売却なのです。

任意売却とは、一般の不動産と同様に、市場価格で住宅を販売する方法です。そのため、競売に比べると売却価格が高く、債権者である金融機関へ返済できる金額が大きくなります。また、売却価格が高いということは、売却後に支払わねばならない返済額を少なくできることを意味しています。つまり、任意売却の場合は、債権者と債務者双方にメリットがあるのです。

こうしたことから、万が一、不動産を売却する事態になった場合には、なるべく競売よりも、任意売却をした方がいいのです。そして、実際に任意売却を行うには次のような手続きが必要になります。


第1ステップとして任意売却の申し入れが必要


まず任意売却を行う際には、債権者である金融機関に対して、任意売却の申し入れを行います。なぜ売却しなければならないのか、という理由を明確に伝えてから、細かい条件の交渉に移る流れとなります。


第2ステップとして債権者との交渉が必要


次に、債権者である金融機関との交渉が必要になります。この段階では、滞納者が住んでいる住宅の販売価格に同意をしてもらうための交渉となっています。そのため、この交渉に納得してもらうために、任意売却の専門業者などに依頼をして手続きを進めてもらう必要があります。

任意売却の専門業者に依頼すると、一般的に次のようなステップを踏んで交渉に挑んでもらえます。

まず、「不動産価格の査定」を実施します。この査定とは、任意売却を依頼した不動産業者が、住宅の状態などを確認して売値を定めることです。そして、この査定金額に納得がいけば「債務者は契約の締結」を行います。
これは、実際に任意売却の専門業者に委託をすることを約束するもので、この締結をもって、査定価格について債権者である金融機関と交渉するのです。

このように、まず任意売却を行う際には、債権者と交渉をする必要があります。そのため、任意売却をしたい場合には、専門業者に依頼することから始める必要があるのです。

第3ステップとして債権者の合意が必要


続いて任意売却を実行するためには、債権者の合意が必要となります。この合意の内容は「抵当権と差押えの解除」です。これはわかりやすく言うと「任意売却してもいい」と承諾するもので、この合意をもらうまでが第2ステップとなるのです。

この第2ステップでやることは、実際に住宅の販売活動をして買い手を見つけます。そして、実際に買い手が見つかったら、買付証明書をもらい、それをもって、買い手との間で売買契約を結びます。

そして、この売買契約が無事に完了すると、実際に売れたことが証明されるので、債権者に「抵当権と差押えの解除」の合意が得られるようになるのです。

このように、第2ステップでは実際に買い手を見つける作業が主な活動となっています。そのため、任意売却を行うためには、2つのステップを確実に行い、債権者に納得させる必要があるのです。

任意売却を検討し始めたら、任意売却を専門に扱う不動産会社へ
京都・滋賀県に不動産をお持ちの方を限定とする
任意売却の専門不動産会社
株式会社名鉄
相談受付専用ダイヤル 0120-83-0033
メール相談の方はこちらまで

この記事を書いたプロ

株式会社名鉄 [ホームページ]

住宅ローンアドバイザー 佐川朋行

京都府京都市中京区壬生東大竹町33 [地図]
TEL:0120-83-0033

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくあるご質問

無料ですのでお気軽にご相談ください。 面談、相談は何時間でも無料です。わからないこと、不安なことは専門家に聞くのが1番。風邪をひいたかな?と思ったと...

Q&A

無料ですのでお気軽にご相談ください。 面談、相談は何時間でも無料です。わからないこと、不安なことは専門家に聞くのが1番。風邪をひいたかな?と思ったと...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
佐川 朋行(さがわ ともゆき)さん

住宅ローン返済に悩む人に、希望を叶えるための解決方法を提案(1/3)

 住宅ローン返済が滞って困っている人、自己破産に陥る人が増えています。「住宅ローンお困り解決相談所」の相談員である佐川朋行さんは、まず事情をよく聞き、さまざまな解決パターンを提示しています。その中から、相談者自身が前向きに選択できるようにア...

佐川朋行プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

競売など法的整理以外の解決策を提供し、生活再建の支援ができる

会社名 : 株式会社名鉄
住所 : 京都府京都市中京区壬生東大竹町33 [地図]
TEL : 0120-83-0033

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-83-0033

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐川朋行(さがわともゆき)

株式会社名鉄

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

一般の不動産会社と任意売却を専門とする不動産会社の違いがわかりました。

4年ほど前から夫の給与が減りました。苦労して手にいれたマ...

S
  • 50代/女性 
  • 参考になった数(14

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
任意売却してもそのまま自宅に住み続けられる方法がある

 任意売却後でも、住宅に住み続けられるのか? 「任意売却をすると元の住宅には住み続けることが出来ない」...

[ 任意売却の注意点 ]

住宅ローン延滞の事実が無くても任意売却できるのか?

 滞納の事実がなくても任意売却はできる 一般的に任意売却は、滞納の事実がないと出来ないものと考えられて...

[ 任意売却の注意点 ]

失敗しない任意売却の業者選び、見極めポイントは"デメリット(注意点)"を教えてくれるかどうか

 業者選びの代表的な失敗パターン 任意売却が成功するかどうかは、依頼する不動産業者次第で大きく変わりま...

[ 任意売却成功の秘訣は適切な業者選び ]

任売売却に踏み切るタイミングは早ければ早い方が良い

 競売にかかる期間は「半年~数年」 一般的に、住宅ローンの滞納を始めてから、競売にかけられるまでの期間...

[ 任意売却の注意点 ]

任意売却が不成立になるケース、その原因は?

 任意売却が不成立になるとは? 住宅ローンや税金を滞納すると、あなたの住宅は競売や公売にかけられます。...

[ 任意売却成功の秘訣は適切な業者選び ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ