コラム

 公開日: 2013-01-19  最終更新日: 2014-07-03

住宅ローンの返済猶予は受けられるの?

昨今の不況もあり、住宅ローン返済が一時的に苦しい方は
3年間の返済猶予が認められるようになりました。

各金融機関によって、条件は異なりますが、
申請すれば受けられるケースは増えています。

但し、これは2013年3月までの「金融円滑化法」
(いわゆる「モラトリアム法案」)に基づくもので
それ以降はどうなるかわかりません。

政権は延長しない方向に進んでいるとの報道もあります。

この返済猶予ですが、近い将来、
収入の安定が期待出来る方にはとても有利です。

しかし、そうでない方にとっては、問題の先送り
になってしまうこともあります。

支払を猶予してもらった分は
いつか払わなければなりません。

結局支払えなくなって自宅を手放す事になる
ケースも増えております。

今後の支払のことも考えて、返済猶予の手続きを取るか
決めていきましょう。



この記事を書いたプロ

株式会社名鉄 [ホームページ]

住宅ローンアドバイザー 佐川朋行

京都府京都市中京区壬生東大竹町33 [地図]
TEL:0120-83-0033

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
よくあるご質問

無料ですのでお気軽にご相談ください。 面談、相談は何時間でも無料です。わからないこと、不安なことは専門家に聞くのが1番。風邪をひいたかな?と思ったと...

Q&A

無料ですのでお気軽にご相談ください。 面談、相談は何時間でも無料です。わからないこと、不安なことは専門家に聞くのが1番。風邪をひいたかな?と思ったと...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
佐川 朋行(さがわ ともゆき)さん

住宅ローン返済に悩む人に、希望を叶えるための解決方法を提案(1/3)

 住宅ローン返済が滞って困っている人、自己破産に陥る人が増えています。「住宅ローンお困り解決相談所」の相談員である佐川朋行さんは、まず事情をよく聞き、さまざまな解決パターンを提示しています。その中から、相談者自身が前向きに選択できるようにア...

佐川朋行プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

競売など法的整理以外の解決策を提供し、生活再建の支援ができる

会社名 : 株式会社名鉄
住所 : 京都府京都市中京区壬生東大竹町33 [地図]
TEL : 0120-83-0033

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-83-0033

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐川朋行(さがわともゆき)

株式会社名鉄

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

とにかく、自宅を売らなくて良い方法・住み続けるための方法を第一に提案する会社でした。

会社勤めの夫が独立し自営業に転身したのが9年前。当初は順...

L
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(13

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
任意売却してもそのまま自宅に住み続けられる方法がある

 任意売却後でも、住宅に住み続けられるのか? 「任意売却をすると元の住宅には住み続けることが出来ない」...

[ 任意売却の注意点 ]

住宅ローン延滞の事実が無くても任意売却できるのか?

 滞納の事実がなくても任意売却はできる 一般的に任意売却は、滞納の事実がないと出来ないものと考えられて...

[ 任意売却の注意点 ]

失敗しない任意売却の業者選び、見極めポイントは"デメリット(注意点)"を教えてくれるかどうか

 業者選びの代表的な失敗パターン 任意売却が成功するかどうかは、依頼する不動産業者次第で大きく変わりま...

[ 任意売却成功の秘訣は適切な業者選び ]

任売売却に踏み切るタイミングは早ければ早い方が良い

 競売にかかる期間は「半年~数年」 一般的に、住宅ローンの滞納を始めてから、競売にかけられるまでの期間...

[ 任意売却の注意点 ]

任意売却が不成立になるケース、その原因は?

 任意売却が不成立になるとは? 住宅ローンや税金を滞納すると、あなたの住宅は競売や公売にかけられます。...

[ 任意売却成功の秘訣は適切な業者選び ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ