コラム一覧

1件~15件(59件)

過去の15件

相続財産管理人の任意売却

イメージ

相続財産管理人とは不動産など財産の所有者(相続人)がいない場合に、その財産について調査や管理を行う人のことを言い、主に家庭裁判所から選任された弁護士や司法書士などがなるケースが一般的になります。実は任意売却のご相談を受ける中でこの相続財産管理人の設置を要する場合があります... 続きを読む

相続財産管理人の任意売却

2016-10-12

住宅金融支援機構の任意売却~「生活状況報告書」って何?~

イメージ

住宅金融支援機構で任意売却をする場合、必ず下記の「生活状況報告書」という書類の提出を求められます。任意売却される方の多くは、任意売却が終わってもまだ住宅ローンが残った状態となっています。そのため、その残った借金をどのようにして支払っていくかということを確認する為にそ... 続きを読む

住宅金融支援機構

2016-10-06

住宅ローンを滞納すると発生する延滞金って、いくら位?

イメージ

ビデオの返却に送れると延滞料を取られるのと同じように、住宅ローンも返済が遅れると延滞料を取られます。この延滞料のことを「遅延損害金」とか「延滞利息」といいます。では、この遅延損害金どのくらい額になってしまうのか・・・?なんと14%~20%通常の住宅ローン金利は1.0... 続きを読む

住宅ローン滞納

2016-09-25

投資マンションの任意売却成功率は低い!その為にできることは?

イメージ

投資用マンション特に一区分(一室)の任意売却成功率は一般的な不動産に比べて低い傾向にでます。当社での成功率は約63%。一般的には50%を下回っています。通常、80%以上は成功する任意売却ですが、投資用マンションになるとなぜこんなに成功率が低くなってしまうのでしょう... 続きを読む

投資用不動産の任意売却

2016-09-19

自己破産すると退職金はどうなるのか・・・?

イメージ

自己破産の手続きをとると、自由財産(現金99万円、預金20万円)以外を除いてすべての財産を金銭に換え、債権者等に分配しなければなりません。金銭に換えることのできる財産といえば、不動産、保険証券、株、車などといったものがありますが、すぐに金銭に換えることの出来ない財産もあり... 続きを読む

自己破産

2016-09-10

事業再生~任意売却は消費税に気をつけろ!~

イメージ

不動産を売却するときに消費税が発生するときがあります。それは個人所有の不動産ではなく、法人が所有する不動産売却の場合です。不動産の消費税は建物に関してのみ発生するため、土地と建物の価格がいくらかによってその額は異なります。たとえば、土地7,000万円+建物3,000万... 続きを読む

事業主の任意売却

2016-09-01

任意売却後の自己破産 「メリットとデメリット」

イメージ

任意売却が終了しても、借金問題が全て解決するわけではありません。残った住宅ローンについては、その方の支払い可能な額でまた返済が開始される訳でですが、それでも生活再建が困難であれば、法的な手続きをとった方がいい場合もあります。今日は、法的手続きの一つ自己破産についてのメ... 続きを読む

自己破産

2016-03-27

共有持ち分のみを売却することは可能か・・・?

イメージ

不動産を複数人で所有している場合がありますが、その不動産を売却する場合、原則所有者全員の同意がなければいけません。しかし、これは不動産持ち分の100%を売却する場合のことで、そのうち50%を売却したい場合は、その持ち分を所有している方の同意さえあれば売却することは可能にな... 続きを読む

共有持分の任意売却

2016-03-22

支払い不能とはどんな状態なのか・・・?「自己破産」or「任意売却」

イメージ

自己破産や任意売却を行う前提として、債務者の方が支払い不能にあるかどうかという条件があります。しかしながら、支払い不能とはどんな状態なのか・・・。着る物、食べるもの、病院に行くのも我慢しなければならい状態のことを言うのか・・・。実は、自身が支払い不能状態になっている... 続きを読む

自己破産

2016-03-18

定期借地権付き住宅における任意売却の注意点

イメージ

借地権の付いたマイホームがあるのをご存知でしょうか。定期借地権付き住宅です。関西圏の中でも京都は比較的この借地権のついた不動産が多くあるように思います。定期借地権付き住宅とは土地は購入するのではなく、土地を長期間借り、建物だけを所有すると言う住宅です。この定期... 続きを読む

定期借地権付き物件の任意売却

2016-03-15

債権者(銀行)に黙って所有権移転してはいけない!

イメージ

住宅ローンが終わっていない状況(抵当権がついている状態)で、その不動産を誰かに譲り渡し(所有権の移転)たい、という場合があります。例えば、「離婚による財産分与の為」、「転勤などによって引っ越しが必要になった為」、はたまた「他の債権者からの差し押さえを逃れる為・・・」など、い... 続きを読む

その他

2016-03-12

マンション管理費滞納の時効消滅「5年説」、「10年説」

イメージ

マンション管理費の滞納額が数百万にもなっている場合がありますが、ここまで高額になるということは数か月の滞納ではなく年単位の長期滞納になっているものです。長期に渡る滞納で問題になることがあるのが「時効」です。今日は、マンション管理費滞納の時効について、お話ししたいと思い... 続きを読む

マンション管理費滞納

2016-03-09

後見人をつけて任意売却はできるのか

イメージ

不動産所有者が認知症などで自ら意思判断ができない場合、後見人を設置し裁判所の許可もらって不動産を売却することになります。しかし、後見人を設置するといってもそう簡単なことではなく、一定の手続きと時間、そしてお金が必要になります。まず申し立てに際して資料づくりから始まります... 続きを読む

成年後見人の任意売却

2016-03-03

破産を強制される「債権者破産」

イメージ

破産の申立てをすることができるのは、債務者に限られたことではありません。債権者からの申し出によって債務者を破産させることもできます。これを「債権者破産」と言います。債務者が支払い不能であるにも関わらず自己破産をしない場合に、債権者が債務者を強制的に破産させてしまうわ... 続きを読む

自己破産

2016-02-29

競売の入札が行われてもすぐに出ていく必要はない

イメージ

任意売却に失敗するとやはり最終的には家を出ていかなけらばなりません。しかし、出て行くと言ってもいつ出ていかなければならないのか・・・。とても気になるところです。実は競売の入札が行われても、すぐに出て行かなければならないという訳ではなく、入札から最短でも4週間以上の時... 続きを読む

競売

2016-02-27

1件~15件(59件)

過去の15件

RSS
 
このプロの紹介記事
矢田倫基 やたともき

首都圏・関西圏で1000件以上の実績を持つ任意売却の専門家(1/3)

 長引く不況による収入減や失業などにより住宅ローンを滞納する世帯が増えています。住宅ローンを滞納すると多くの場合、競売にかけられ強制退去となり自宅を失うことになります。 烏丸リアルマネジメント株式会社で代表取締役を務める矢田倫基さんは、...

矢田倫基プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

不動産と法律のプロが相談者を支援する任意売却の専門会社

会社名 : 烏丸リアルマネジメント株式会社
住所 : 京都府京都市中京区御幸町通丸太町下る毘沙門町553 御幸町ビル3階 [地図]
TEL : 075-253-0881

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-0881

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

矢田倫基(やたともき)

烏丸リアルマネジメント株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
事業再生~任意売却は消費税に気をつけろ!~
イメージ

不動産を売却するときに消費税が発生するときがあります。それは個人所有の不動産ではなく、法人が所有する不...

[ 事業主の任意売却 ]

任意売却後の自己破産 「メリットとデメリット」
イメージ

任意売却が終了しても、借金問題が全て解決するわけではありません。残った住宅ローンについては、その方の支...

[ 自己破産 ]

共有持ち分のみを売却することは可能か・・・?
イメージ

不動産を複数人で所有している場合がありますが、その不動産を売却する場合、原則所有者全員の同意がなければい...

[ 共有持分の任意売却 ]

支払い不能とはどんな状態なのか・・・?「自己破産」or「任意売却」
イメージ

自己破産や任意売却を行う前提として、債務者の方が支払い不能にあるかどうかという条件があります。しかし...

[ 自己破産 ]

定期借地権付き住宅における任意売却の注意点
イメージ

借地権の付いたマイホームがあるのをご存知でしょうか。定期借地権付き住宅です。関西圏の中でも京都は比...

[ 定期借地権付き物件の任意売却 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ