コラム

2015-12-27

事業者 必読!「恐ろしい代位弁済後の金利」

代位弁済後の金利

金融機関によって代位弁済されると、一般的には担保にとらている不動産はすぐに競売の申し立てがされてしまいます。

しかし、これは一般論で、「代位弁済」=「すぐに競売になる」とは限らず、先日お話しさせてもらった事例でも、代位弁済されてから20年経ってから競売になってしまうということもあります。

この代位弁済の時期と競売の申し立て時期のタイムラグが生じるケースというのは、主に債務者が事業者の場合に多く見受けられます。

先日のお話しでは、たまたま代位弁済をした債権者(保証協会)が、後順位抵当権者であったことが要因で、タイムラグが生じましたが、そういった理由だけではなく、「事業者の再生を目的とした代位弁済」がなされた場合でも、すぐに競売にならないことがよくあります。

「事業者の再生を目的とした代位弁済」とは、担保にしている不動産をすぐに競売にして事業者としての再生にとどめをうつよりも、返済計画を再度見直し、少ないながらも少しづつでも返済をしてくれている方が、債権者にとって得策だという考えからくる代位弁済のことを言います。

事業者は一般個人の方と違い、一定の顧客さえいれば収入が確保できますし、また事業が回復すれば、また優良な事業者として変身することもこともあるからです。

このような事業再生を目的とした代位弁済は、債権者のみならず、事業者(債務者)にとってもメリットがあります。
それは競売を避けることができ、なおかつ毎月の返済額も見直され、結果、これまで厳しかった経営状態から少しは楽になれるという点です。

しかし、ここで注意しなければならないことがあります。

それは、代位弁済後の金利です。
代弁弁済前の金利と代位弁済後の金利は異なり、代位弁済後の金利は最低でも14%、高いところで20%としている金融機関もあります。

実は事業再生を目的とする代位弁済の恐ろしいのは、この金利の上昇なのです。

先日来られたご相談者は、平成6年に代位弁済されました。
当時、代位弁済された額は約1,700万円。
返済計画見直しによって、毎月8万円の返済をし、それを元金充当していくとう返済スケジュールでした。
そして、平成27年の約21年もの間、このスケジュールが変更されることなく続いた結果、恐ろしいほどの損害金が発生していたのです。
1700万円の借金だったものが、21年後、その元金の残高は200万円程にまで減っていたにも関わらず、損害金は2600万円程にまで膨れ上がっているのです。

代位弁済後の損害金                    <一部の債権額>

事業再生を目的とした代位弁済というのは、返済額が見直されるというメリットもありますが、実はその裏側で、恐ろしいほどの金利が加算されているのです。

そして、さらに注意しなければならいことがあります。
それは、代位弁済後の債務に対しての保証です。
金融機関はこの債務に対して新たに保証人や担保不動産の提供を求めてくることがよくあります。
もし、事業再生に失敗し、金融機関から返済を求められることとなったとき、事業存続だけの問題にとどまらず、個人としての再生や保証人としてたてしまった身内、知人にさえ影響を及ぼすこともあるのです。

くれぐれも、代位弁済後の債務に対して、個人保証や身内、知人を保証人としたりすることだけは避けた方がよいかと思います。
代位弁済後の事業計画は、最悪のケースも踏まえたうえで金融機関の方と調整を図ってください。

以上、『事業者 必読!「恐ろしい代位弁済後の金利」』のお話しでした。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『法律相談から不動産売却まで安心ワンストップ』
公式ホームページはこちらです。
烏丸リアルマネジメント株式会社
代表相談員 矢田倫基 / 司法書士 矢田明日香
電話相談:フリーダイヤル 0120-570-400
メールでのご質問・お問い合わせは こちら

この記事を書いたプロ

烏丸リアルマネジメント株式会社 [ホームページ]

不動産コンサルタント 矢田倫基

京都府京都市中京区御幸町通丸太町下る毘沙門町553 御幸町ビル3階 [地図]
TEL:075-253-0881

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

68

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
矢田倫基 やたともき

首都圏・関西圏で1000件以上の実績を持つ任意売却の専門家(1/3)

 長引く不況による収入減や失業などにより住宅ローンを滞納する世帯が増えています。住宅ローンを滞納すると多くの場合、競売にかけられ強制退去となり自宅を失うことになります。 烏丸リアルマネジメント株式会社で代表取締役を務める矢田倫基さんは、...

矢田倫基プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

不動産と法律のプロが相談者を支援する任意売却の専門会社

会社名 : 烏丸リアルマネジメント株式会社
住所 : 京都府京都市中京区御幸町通丸太町下る毘沙門町553 御幸町ビル3階 [地図]
TEL : 075-253-0881

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-0881

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

矢田倫基(やたともき)

烏丸リアルマネジメント株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
事業再生~任意売却は消費税に気をつけろ!~
イメージ

不動産を売却するときに消費税が発生するときがあります。それは個人所有の不動産ではなく、法人が所有する不...

[ 事業主の任意売却 ]

任意売却後の自己破産 「メリットとデメリット」
イメージ

任意売却が終了しても、借金問題が全て解決するわけではありません。残った住宅ローンについては、その方の支...

[ 自己破産 ]

共有持ち分のみを売却することは可能か・・・?
イメージ

不動産を複数人で所有している場合がありますが、その不動産を売却する場合、原則所有者全員の同意がなければい...

[ 共有持分の任意売却 ]

支払い不能とはどんな状態なのか・・・?「自己破産」or「任意売却」
イメージ

自己破産や任意売却を行う前提として、債務者の方が支払い不能にあるかどうかという条件があります。しかし...

[ 自己破産 ]

定期借地権付き住宅における任意売却の注意点
イメージ

借地権の付いたマイホームがあるのをご存知でしょうか。定期借地権付き住宅です。関西圏の中でも京都は比...

[ 定期借地権付き物件の任意売却 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ