コラム

 公開日: 2016-01-03  最終更新日: 2016-09-01

マンション管理費滞納 『59条競売を避けるには』

管理費滞納59条競売

マンション管理費の滞納によって管理組合は滞納者に対して内容証明や裁判所を介した支払い督促、訴訟などを起こして回収を試みますが、それでも回収が出来なければ、預金財産や動産物などの差し押さえなどを行います。

しかし、そういった回収方法も全て行ってそれでも回収することができなければ、区分所有法59条という法律に基づいて、管理組合は競売にかけることができます。

この59条競売の特徴は、金銭債権請求を目的としたものではなく、滞納者の区分所有権を剥奪することが目的になっているところにあります。

そのため、管理組合よりも優先してお金を受けとることのできる抵当権者(銀行など)が存在していても関係なく、競売執行させることができる伝家の宝刀とも言われる法律です。

これは、住宅ローンが支払われていても競売となり、それによって安く落札されてしまえば、住宅ローンが残った状態でマイホームを失うことにも繋がります。
また、住宅ローンが残らずしても、手元に残るお金も極めて少なくなってしまうことにもなります。

ですので、この59条競売だけは滞納されている方にとってもなんとしても避けるべきものでもあるのです。

しかしながら、支払いたくても支払えない方にとっては、どうしょうもないのでは・・・と思いませんか?
実はそうではなく、あくまで59条競売の適応は裁判所が決定をくだすもので、管理組合には決定権はありません。
長期滞納があったからと言って簡単にできるものではなく、管理組合は相当高いハードルを乗り越えない限り、滞納者に対して所有権を剥奪することはできないのです。

まず、管理組合は裁判所に説得させるだけの相当な材料を揃えなければなりません。
冒頭で言いましたように、59条競売までの過程において、裁判所を介した督促や、金銭債権請求による競売の申し立て、動産物、預金財産の差し押さえなど、ありとあらゆる法的手段をとり、もうなすべき手段がないというレベルに至らないといけません。

また、それに加えて、管理費を滞納されている方の誠意も重要なポイントになります。
例えば、分割納付の合意を“全く”守らないとか、話し合いにも“全く”応じない、裁判所の出廷命令にも従わないなど、いわゆる「悪意ある滞納者」と裁判所が認識しなければ、この59条競売の適応は難しいことが過去の判例から分ります。

言い換えれば、支払いが困難であっても、誠意ある対応をとり、少ないながらも少しづつでも支払い、将来的に経済的回復ができる姿勢を示していれば、悪意ある滞納者とみられないという考え方もできるのです。

税金の滞納もそうですが、役所からの手紙や電話を全く無視していると、悪意ある滞納者とみなされ、その後の話し合いにも大きく影響します。

管理費の滞納についてもそれと同じで、支払いが困難であれば、その事情を説明し、誠意ある対応をとることが、裁判所に対して重要なポイントとなるのです。

くれぐれも手紙や電話を無視したり、裁判所からの呼び出しに放っておくことはやめられたほうが良いかと思います。

以上、「マンション管理費滞納 59条競売を避けるには」のお話しでした。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『法律相談から不動産売却まで安心ワンストップ』
公式ホームページはこちらです。
烏丸リアルマネジメント株式会社
代表相談員 矢田倫基 / 司法書士 矢田明日香
電話相談:フリーダイヤル 0120-570-400
メールでのご質問・お問い合わせは こちら

この記事を書いたプロ

烏丸リアルマネジメント株式会社 [ホームページ]

不動産コンサルタント 矢田倫基

京都府京都市中京区御幸町通丸太町下る毘沙門町553 御幸町ビル3階 [地図]
TEL:075-253-0881

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

86

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
矢田倫基 やたともき

首都圏・関西圏で1000件以上の実績を持つ任意売却の専門家(1/3)

 長引く不況による収入減や失業などにより住宅ローンを滞納する世帯が増えています。住宅ローンを滞納すると多くの場合、競売にかけられ強制退去となり自宅を失うことになります。 烏丸リアルマネジメント株式会社で代表取締役を務める矢田倫基さんは、...

矢田倫基プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

不動産と法律のプロが相談者を支援する任意売却の専門会社

会社名 : 烏丸リアルマネジメント株式会社
住所 : 京都府京都市中京区御幸町通丸太町下る毘沙門町553 御幸町ビル3階 [地図]
TEL : 075-253-0881

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-0881

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

矢田倫基(やたともき)

烏丸リアルマネジメント株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
事業再生~任意売却は消費税に気をつけろ!~
イメージ

不動産を売却するときに消費税が発生するときがあります。それは個人所有の不動産ではなく、法人が所有する不...

[ 事業主の任意売却 ]

任意売却後の自己破産 「メリットとデメリット」
イメージ

任意売却が終了しても、借金問題が全て解決するわけではありません。残った住宅ローンについては、その方の支...

[ 自己破産 ]

共有持ち分のみを売却することは可能か・・・?
イメージ

不動産を複数人で所有している場合がありますが、その不動産を売却する場合、原則所有者全員の同意がなければい...

[ 共有持分の任意売却 ]

支払い不能とはどんな状態なのか・・・?「自己破産」or「任意売却」
イメージ

自己破産や任意売却を行う前提として、債務者の方が支払い不能にあるかどうかという条件があります。しかし...

[ 自己破産 ]

定期借地権付き住宅における任意売却の注意点
イメージ

借地権の付いたマイホームがあるのをご存知でしょうか。定期借地権付き住宅です。関西圏の中でも京都は比...

[ 定期借地権付き物件の任意売却 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ