コラム

2016-02-14

給料の差し押さえについて

前回、給料の差し押さえについてお話ししましたが、今日はもう少し詳しく説明します。

給料の差し押さえは、支払請求の訴訟に勝ち、判決が確定しなければ、債権者は債務者の給料を差し押さえることはできません。

しかし、税金滞納による役所の差し押さえになると、裁判所へ一定の手続きを踏まずして、すぐに差し押さえができるので、突然の出来事のように思われるかもしれません。

そして、給料の差し押さえは全額を差し押さえることはできません。
日常的な生活費として使う部分については差し押さえが禁止されているからです。

差し押さえる額は、給料の手取り額が基準となり、その手取り額の4分の3の金額と33万円とを比べて、どちらか少ないほうが差し押さえ禁止の限度額になります。

給料が手取り40万円の場合は、その4分の1、つまり10万円が差し押さえられることになります。

給料の差し押さえ

手取り額とは、所得税や社会保険料などの法定控除額を控除したものになります。

例えば、基本給25万円の場合
①通勤手当;1万5000円
②残業手当:2万円
③住宅手当:2万円
④源泉税・社会保険料等(法定控除額):5万円

この場合、給料の差し押さえの基準となる手取り額とは・・・

25万円+②+③-④=25万円+2万円+2万円―5万円=24万円
(②通勤手当は加算されません)

44万円を超えないので、24万円の4分の1、6万円が差し押さえされます。

*法定控除額とは、源泉税(所得税)、住民税、社会保険料(健康保険、厚生年金、雇用保険など)を言います。
その他、労働組合費や共済費、生命保険、積立金、財形貯蓄などは含まれません。

ところで、給料の差し押さえがあってから、自己破産の申立てをする場合、免責の申立てがあったとみなされます。
その後、同時廃止が決定されると、それまで債務者(破産者)が受けていた差し押さえは中止され、免責が確定すると中止していた差し押さえ手続きは効力を失います。
また、免責が確定するまでの間は新たな差し押さえも禁止されているので、給料を差し押さえられることはなくなります。

また、給料の差し押さえは債権者が債務者の勤務先を知っていなければできません。
お金を借りていた時と同じ勤務先であれば、債権者は勤務先を知っていることになる為、差し押さえを逃れることは難しいでしょう。

しかし、途中で転職などして、勤務先を役所や債権者に伝えていなければ、差し押さえされるリスクは非常に少なくなります。

次に、給料ではなく年金受給の場合はどうなるのか・・・。
年金証書と年金が振り込まれる銀行通帳を担保にお金を貸す貸金業者がいます。
これらの業者は、借主が借金を返済できないとき、年金の受給日になると担保として借主の年金をとってしまいます。
しかし、このような行為は違法ですし、そもそも年金は差し押さえできない財産です。
(例外的に年金福祉事業団などが公的年金を担保に融資することは法律で認められています)
この他、恩給も含め、教員の共済組合、国民年金、農業者年金、雇用保険なども差し押さえはできません。

ところが・・・
こういった公的年金を銀行振り込みで貰っている場合は注意が必要です。
一度、銀行口座に入ってしまうと、預金財産とみられ、差し押さえされる場合があります。
そういった場合は、直接、年金事務所へ行ってお金を受け取るなどした方がいいかと思います。

以上、「給料の差し押さえについて」のお話しでした。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『法律相談から不動産売却まで安心ワンストップ』
公式ホームページはこちらです。
烏丸リアルマネジメント株式会社
代表相談員 矢田倫基 / 司法書士 矢田明日香
電話相談:フリーダイヤル 0120-570-400
メールでのご質問・お問い合わせは こちら

この記事を書いたプロ

烏丸リアルマネジメント株式会社 [ホームページ]

不動産コンサルタント 矢田倫基

京都府京都市中京区御幸町通丸太町下る毘沙門町553 御幸町ビル3階 [地図]
TEL:075-253-0881

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

46
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
矢田倫基 やたともき

首都圏・関西圏で1000件以上の実績を持つ任意売却の専門家(1/3)

 長引く不況による収入減や失業などにより住宅ローンを滞納する世帯が増えています。住宅ローンを滞納すると多くの場合、競売にかけられ強制退去となり自宅を失うことになります。 烏丸リアルマネジメント株式会社で代表取締役を務める矢田倫基さんは、...

矢田倫基プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

不動産と法律のプロが相談者を支援する任意売却の専門会社

会社名 : 烏丸リアルマネジメント株式会社
住所 : 京都府京都市中京区御幸町通丸太町下る毘沙門町553 御幸町ビル3階 [地図]
TEL : 075-253-0881

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-0881

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

矢田倫基(やたともき)

烏丸リアルマネジメント株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
事業再生~任意売却は消費税に気をつけろ!~
イメージ

不動産を売却するときに消費税が発生するときがあります。それは個人所有の不動産ではなく、法人が所有する不...

[ 事業主の任意売却 ]

任意売却後の自己破産 「メリットとデメリット」
イメージ

任意売却が終了しても、借金問題が全て解決するわけではありません。残った住宅ローンについては、その方の支...

[ 自己破産 ]

共有持ち分のみを売却することは可能か・・・?
イメージ

不動産を複数人で所有している場合がありますが、その不動産を売却する場合、原則所有者全員の同意がなければい...

[ 共有持分の任意売却 ]

支払い不能とはどんな状態なのか・・・?「自己破産」or「任意売却」
イメージ

自己破産や任意売却を行う前提として、債務者の方が支払い不能にあるかどうかという条件があります。しかし...

[ 自己破産 ]

定期借地権付き住宅における任意売却の注意点
イメージ

借地権の付いたマイホームがあるのをご存知でしょうか。定期借地権付き住宅です。関西圏の中でも京都は比...

[ 定期借地権付き物件の任意売却 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ