コラム

 公開日: 2016-03-18  最終更新日: 2016-09-01

支払い不能とはどんな状態なのか・・・?「自己破産」or「任意売却」

支払不能

自己破産や任意売却を行う前提として、債務者の方が支払い不能にあるかどうかという条件があります。
しかしながら、支払い不能とはどんな状態なのか・・・。
着る物、食べるもの、病院に行くのも我慢しなければならい状態のことを言うのか・・・。
実は、自身が支払い不能状態になっているかを判別することが出来ずに想い悩んでいる方が多くいらっしゃいます。

支払い不能とは・・・?
実は特に決まった条件はなく、ケースバイケースで判断されます。
しかし、皆さんに知っておいて頂きたいことがあります。
それは、自己破産における支払不能と任意売却における支払い不能は実は考え方が異なるのです。
今日はその違いについてお話ししたいと思います。

◆まず自己破産における支払い不能とは・・・

自己破産は債務者が裁判所に申し出を行うことで、初めて手続きが開始されます。
しかし、手続きが開始されたからといって必ず借金が免責されるものではなく、裁判所が支払い不能であることを認めなければできません。
では、裁判所が認める支払い不能条件とは何か・・・。
実はこれも明確な基準はないのです。
債務者の職業・収入・資産状況・社会的地位などそれぞれ異なる為、返済できるだけの能力(年齢・性別・信用・労力・職業)もそれぞれ異なります。
ですので、裁判所はそういった状況を踏まえて、客観的に判断し債務者の自己破産の必要性を判断します。

しかし、あえて裁判所がみる大まかな基準について述べると次のようなことです。

・返済時に借金を返済できない状態が続いている
・今ある借金を3年から5年で返済することができない
・債務額が収入の1.5倍以上である

といったことです。(これが該当するからといって支払い不能という訳ではありません。)
いずれにしても、自己破産における「支払い不能」は裁判所の判断に委ねられるといことです。

◆任意売却における「支払い不能」とは

任意売却における支払い不能と自己破産における支払不能との決定的な違いは裁判所の関与です。
任意売却はあくまで任意で行う売却手段ですので、基本的には裁判所はそこには関与しません。
ですので、支払い不能かどうかの判断は債務者自身の判断に委ねられるということになります。

そうすると、債務者の方は自身が支払い不能であるかどうかを考えなければならいのですが、自身が支払い不能であると思えばそうなのです。
今、食べる物、着る物、生活を送るうえ最低限必要な事を、自身や家族はどれだけ犠牲にされていますか?
今の生活を今後何十年も続けていくことに不安を感じませんか?
そういったレベルで、今、住宅ローンの支払いが出来るのか、出来ないのかを考えればいいのです。
仮に自己破産手続きにおける支払い不能の条件に満たしていなたくとも、罰せられることはありません。
また、極端なお話しですが支払いが可能であっても任意売却を検討することは可能ですし、悪いことでもありません。
たまにそれは詐欺じゃないかと言われる方がいるのですが、詐欺というのは最初から支払う意志がない場合のことで、これまで住宅ローンを支払い続けていたのなら詐欺にはなりません。
また、銀行も返済が止まれば競売という手段で処分する権利を有しているわけですから、返済を止めることが詐害行為(不法行為)になることもありません。
いずれにしても、任意売却における支払不能とは、裁判所や債権者が判断するものではなく、自身で判断できるということなのです。
任意売却をすることに罪悪感を感じ、躊躇される方もおられますが、任意売却をしたからといって必ず自己破産しなければならないものではありませんし、任意売却後に残る住宅ローンについては、その方の支払える範囲内支払っていけるというメリットがあります。
そういった意味でも、今の支払いが厳しいかどうかという目先の生活状況を考えるだけでなく、将来的にその返済が厳しくなる恐れがあるという場合でも任意売却することも可能なのです。

以上、『支払い不能とはどんな状態なのか・・・?「自己破産」or「任意売却」』のお話しでした。

この記事を書いたプロ

烏丸リアルマネジメント株式会社 [ホームページ]

不動産コンサルタント 矢田倫基

京都府京都市中京区御幸町通丸太町下る毘沙門町553 御幸町ビル3階 [地図]
TEL:075-253-0881

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

50

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
矢田倫基 やたともき

首都圏・関西圏で1000件以上の実績を持つ任意売却の専門家(1/3)

 長引く不況による収入減や失業などにより住宅ローンを滞納する世帯が増えています。住宅ローンを滞納すると多くの場合、競売にかけられ強制退去となり自宅を失うことになります。 烏丸リアルマネジメント株式会社で代表取締役を務める矢田倫基さんは、...

矢田倫基プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

不動産と法律のプロが相談者を支援する任意売却の専門会社

会社名 : 烏丸リアルマネジメント株式会社
住所 : 京都府京都市中京区御幸町通丸太町下る毘沙門町553 御幸町ビル3階 [地図]
TEL : 075-253-0881

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-253-0881

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

矢田倫基(やたともき)

烏丸リアルマネジメント株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
事業再生~任意売却は消費税に気をつけろ!~
イメージ

不動産を売却するときに消費税が発生するときがあります。それは個人所有の不動産ではなく、法人が所有する不...

[ 事業主の任意売却 ]

任意売却後の自己破産 「メリットとデメリット」
イメージ

任意売却が終了しても、借金問題が全て解決するわけではありません。残った住宅ローンについては、その方の支...

[ 自己破産 ]

共有持ち分のみを売却することは可能か・・・?
イメージ

不動産を複数人で所有している場合がありますが、その不動産を売却する場合、原則所有者全員の同意がなければい...

[ 共有持分の任意売却 ]

定期借地権付き住宅における任意売却の注意点
イメージ

借地権の付いたマイホームがあるのをご存知でしょうか。定期借地権付き住宅です。関西圏の中でも京都は比...

[ 定期借地権付き物件の任意売却 ]

債権者(銀行)に黙って所有権移転してはいけない!
イメージ

住宅ローンが終わっていない状況(抵当権がついている状態)で、その不動産を誰かに譲り渡し(所有権の移転)たい...

[ その他 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ