プロTOP:川村美星プロのご紹介

「ママがハッピーならベビーも幸せ」が合言葉。産後ケアの重要性をもっと広めたい(1/3)

川村産婦人科の理事で、(社)日本産後ケア協会認定1級産後ケアリストの川村美星さん

(社)日本産後ケア協会認定1級産後ケアリストが、産後のママすべてを応援

 産婦人科医の権威、順天堂大学の竹田省教授の共同研究により、東京23区で2014年までの10年間に妊婦または産後1年以内で自殺した女性は、出産時の死亡者数の約2倍であることが分かりました。

 「女性は昔、命をかけて子どもを生んでいましたが、先人の努力によって医療が進歩し、より安心して出産できるようになってきただけに、自殺の多さは私自身も大変ショックを受けました」と語るのは、川村産婦人科の理事で、(社)日本産後ケア協会認定1級産後ケアリストの川村美星さん。

 自殺の原因のトップは産後うつ。近年では10人に1人がかかるという統計もあり、一般的なうつよりも発症数は多いそうです。出産までは病院や実家が助けてくれても、その後は大変な子育てにも関わらず、日中は家でベビーと二人きり。産後はホルモンのバランスが乱れがちで、2~3時間ごとの授乳で心身が疲れ弱っているうえ、家族や近所のつながりが希薄な現代社会では、まわりに助けてくれたり、気軽に相談できる人がほとんどいません。

 「夜泣きがとまらない、湿疹が出始めて不安、家事をする余裕がない、姑とうまくいかない、体型が戻らない、養育費が心配、社会に取り残されたようで焦るなど、産後のママの悩みは、育児だけでなく家庭や仕事、美容、社会など多岐に渡ります。しかし、情報過多で何を信じていいか分からず、一人で悩んでどんどん負のスパイラルに陥っている方も多くいらっしゃいます。産後うつは、誰かに尋ねることもさえ戸惑うくらいの小さな悩みの積み重ねでおこることがよくあり、早期の対応がより重要になります。だから遠慮や我慢をせず、何でも気軽にご相談ください」

 川村さんは何より傾聴を心がけておられ、どんな悩みも包み込むように聞いてくれることも彼女の魅力と感じました。

<次ページへ続く>

【次ページ】 60年以上ベビーの誕生を守り続け、産後ケアにも力を注ぐ産婦人科病院を、産後のママ全員が利用できる

川村美星プロに相談してみよう!

京都新聞 マイベストプロ

60年歴史のある産婦人科と連携できる認定1級産後ケアリスト

医院名 : 医療法人仁愛会 川村産婦人科
住所 : 京都府京都市左京区下鴨高木町40 [地図]
TEL : 075-781-0029

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

075-781-0029

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

川村美星(かわむらみほし)

医療法人仁愛会 川村産婦人科

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ